【New in AI】マイクロソフト AI の世界各地の事例を紹介 (2019/2/18)


New in AI – 2019年2月18日更新: ヘルスケア特集

190218_New_in_AI_01

がん治療を AI でサポート、AI でがんを治せるか ?

現在、世界中の 6 人に 1 人ががんで亡くなっています。2018 年だけで新たに 1,700 万ものがんの症例が診断されました。元がん患者であるファビアン・ボーリン氏はこの現状を打破するために、テクノロジーに着目し、がん患者とその家族が経験を共有するためのソーシャルネットワーク、WarOnCancer を立ち上げました。このネットワーク上では、さまざまなグループの患者がどこでどのように治療されているかなどの経験を AI で分析し、欠点と利点を検出します。

ボーリン氏は今後の目標として、臨床試験と患者とをマッチングするサービスを構築し、臨床試験の成功率を高め、医薬品の研究開発を促進し、最終的に命を救うことを挙げています。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


190218_New_in_AI_02

AI がヘルスケアをより個人的でお手頃、かつ便利なものにする

世界の医療費は、2017 年から 2022 年の間に 7.724 兆米ドルから 10.059 兆米ドルに増加すると予測されています。米ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは、人々が個々のニーズに応じていつでもどこでもバーチャルケアなどの医療サービスにアクセスできる環境を AI で実現しようとしています。これにより、患者は予防医療から慢性疾患管理に至るまで、よりパーソナライズされたヘルスケア サービスを受けることができるようになります。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


190218_New_in_AI_03

バーチャル医療アシスタントで医療を受ける

2030 年までに、医療従事者の人材需要が世界的に 8,000 万人まで増加するのに対して、人材の供給はわずか 6,500万人です。しかし、会話型 AI とタイムリーでパーソナライズされた情報を患者に提供するバーチャル医療アシスタントを活用することで、より効果的な医療患者のケアを実現することができます。チャットボットは、診療所の場所の共有や診療予約、提供される利点やサービスに関する質問に対処するほか、複雑な医療上の問題解決にも役立ちます。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


アジアの医療業界における AI 革新:

(リンク先のページは英語です)


AI side notes:

(リンク先のページは英語です)


 

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

バックナンバーはこちら

Skip to main content