【New in AI】マイクロソフト AI の世界各地の事例を紹介


New in AI – 2019年2月6日更新: 飢餓問題と戦う AI

2030 年までに AI で世界の飢餓問題を解決できるか

2030 年までに AI で世界の飢餓問題を解決できるか?

世界では年間 310 万人もの子どもたちが栄養不足により亡くなっています。インドのマディヤプラデシュ州では、5 歳未満の子どものうち 42.8% が低体重で苦しんでいます。しかし、援助団体の現場スタッフがこれらの子どもたちが栄養失調に罹患しているかどうかを正確に診断することは困難です。この課題を解決するのが、マイクロソフトが開発した AI 搭載型アプリケーション Child Growth Monitor です。

このアプリケーションは子どもを 3 次元でスキャンし、赤外線センサーで身体の正確な測定値を出し、次にデータを分析して栄養状態を導き出します。このアプリケーションを使用することで現場スタッフは栄養失調をわずか 1 分程度で診断することができます。既に 7,000 人以上の子どもたちがこのアプリケーションによってスキャンされています。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


盲目の人や弱視の人のための話すアプリ

盲目の人や弱視の人のための話すアプリ、Seeing AI 開発の背景

サーキブ・シャイク氏は 7 歳のときに視力を失いましたが、学生時代にコンピュータに興味をもち、ソフトウェア エンジニアになりました。そんな彼の目標は障がいを持つ人々のための AI ソリューションを創造することでした。これを実現することで、すべての人の役に立つテクノロジーの開発が促進されるとシャイク氏は考えています。現在彼は Microsoft の Seeing AI プロジェクトを支えるメンバーとして、盲目または弱視の人々がより多くの自由と自信を達成することを、どのように AI でサポートできるのか模索しています。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)

この動画を見る(リンク先動画の音声は英語です)


AI × ドローン

AI × ドローンで新たな高みへ

未来のエンジニアにテクノロジーの可能性について教えるにあたって、AI とドローン以上に適したものはないでしょう。マイクロソフト香港とドローン会社である DJI は、香港初となる Microsoft AI × DJI Drones 合同大学コンペティションを開催しました。60 人以上の生徒たちがドローンを操縦し、リンゴ、ナシ、ポメロなどのさまざまな果物を空中から AI で認識することに挑戦しました。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


AI side notes:

(リンク先のページは英語です)


 

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

バックナンバーはこちら

 

Skip to main content