AI を始める開発者の学びと実践の場【Microsoft AI. lab】~ Spektacom



※画像は YouTube に遷移します

Microsoft AI.lab は、AI を始めるすべての開発者のための、学びと実践の場です。
AI.lab は現在、最新のカスタムビジョン、attnGAN、AI 用の Visual Studio ツール、認知検索、Machine Reading Comprehension などを紹介するプロジェクトを収容しています。
各ラボでは、実験的な遊び場、GitHub 上のソースコード、分かりやすい開発者向けビデオ、そして開発者や組織が持つ課題と解決策への洞察を得ることができます。マイクロソフトによる最新の AI 革新を体験し、学び、活用してください。

背景

古くから世界中でファンを魅了してきた歴史あるスポーツクリケットは、21 世紀にトゥエンティ 20 という試合形式が登場したことにより進化を遂げ、世界中でファンが増加し、試合への関心も大きく高まりました。 これにより、競技における競争が激化し、プレイの質を向上させたいという思いがプロとアマチュアで同様に高まりました。

アイデア

クリケットの人気が高まるにつれ、打撃技術を向上させる革新的な方法が進化しました。 それに伴い、プレイヤー自身がプレイの質を評価するためにデータ駆動型の支援を必要となりました。 Spektacom は、クリケットのバットに非侵入型センサ技術と、クラウドベースのデータ分析、機械学習、人工知能などの洞察を利用することで、 「パワー・バット」のステッカーから集められたデータの収束を有効活用しようという考えで生まれました。

ソリューション

ワイヤレスセンサ技術とクラウド分析を使用してデータをキャプチャし、インパクトの瞬間の特徴を分析することにより、プレーヤーの打球の質を測定することのできる画期的なセンサ駆動のステッカー、「パワー・バット」を紹介します。このユニークな非侵入型センサプラットフォームは重さわずか 5 グラム以下のでステッカーで、スイングの質、ツイスト、スピード、インパクト時にバットからボールに伝達されるパワーを測定するために、バットの後ろに貼られています。これらのパラメータは打球の質を計算するために使用され、プロのプレーヤー、アマチュアのプレイヤー、コーチなど、試合に関わるすべての関係者が、データに基づいたフィードバックでプレーヤーのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。パワーバットからのデータは、Azure で開発されたパワフルな AI モデルで分析され、プレーヤへの継続的なフィードバックのためにエッジデバイスへ転送されます。プロのゲームの場合、ステッカーは Wicket の後ろに埋められた Stump Box と呼ばれるエッジデバイスと Bluetooth Low Energy (BLE) を使用して通信します。Stump Box からのデータは、Azure で転送、分析され、打球の特徴はリアルタイムで放送局に提供されます。クリケットスタジアムには無線によるアクセスの制限と厳しいセキュリティ要件があり、バット、エッジデバイス、Azure の間の安全な通信を確保する必要があるため、Stump Box は Microsoft Azure Sphere ベースのハードウェアプラットフォームを搭載しています。アマチュアプレーヤーの場合は、スマートバットは Spektacom モバイルアプリとペアリングすることで、Azure にステッカーのデータを転送し、分析します。このソリューションは、Azure Sphere (スタンプボックス)、Azure IoT Hub、Azure Event Hub、Azure Functions、Azure Cosmos DB、Azure ML 2.0 を採用しています。

Visit MSR AI
Visit AI School
Visit AI Demo

Spektacom [原文]

Skip to main content