マイクロソフトと SWIFT、Azure でクラウドネイティブ ペイメントを実現


Microsoft Azure Blog
投稿:2018年10月21日
投稿者: Principal Program Manager

2018年10月に開催された世界有数の金融サービス イベントである Sibos 2018 では、Microsoft と SWIFT が、Microsoft Azure 上で SWIFT のインフラストラクチャーをホストし、クラウド ネイティブな金融取引を可能とする、クラウド ネイティブの  PoC  (Proof of Concept) を発表しました。両社は、銀行や法人、処理サービス機関、そのほかエコシステム内のプレイヤーのより迅速で効率的な、かつ安全なオペレーションを実現することで、クラウド上における SWIFT メッセージング ソリューションの配備をより円滑に進められるよう協力して取り組んでいます。

SWIFT は、200 以上の国や地域、11,000 以上の金融機関に使用され、信頼されている金融メッセージング サービスの世界的なプロバイダーです。現在、企業と銀行は、SWIFT が提供しているオンプレミスのサービスを活用し、安全性の高い SWIFT のネットワーク上で決済メッセージを送信することで取引を行っています。PoC では、Microsoft Cloud が提供する運用、セキュリティ、およびインテリジェンス面での利点が加わることで、銀行の電信送金のような仕組みが生み出されます。

「これは、バックオフィスの業務効率を改善する上でのクラウドの可能性を実証する大きな一歩です。 SWIFT は、今後も金融サービスにおけるペイメント エコシステム内での摩擦を減らし、運用上の非効率性の排除を継続的に追及していきます」とSWIFT 顧客プラットフォーム責任者、Arnaud Boulnois は述べています。「金融サービス業界ではクラウドの採用が増え続けています。マイクロソフトとパートナーシップを結び Microsoft Azure を通じて SWIFT の顧客やエコシステム パートナーにクラウドの利点をもたらすことができることに非常に喜びを感じています」

金融機関のセキュリティに関しては、ますます増加する脅威に対応するために、コンプライアンスと信頼が最優先です。年間 10 億ドル以上のセキュリティへの投資を誇り、業界をリードするクラウド・フットプリントと堅牢な規制対応ポートフォリオを持つ Azure は、信頼できる先駆的クラウド・パートナーとして SWIFT に最適です。

マイクロソフト自身の財務部門が PoC の初期ユーザーとして動いています。マイクロソフトの財務グループは、1,500 億ドル以上の資産を管理し、SWIFT ベースの支払いでは年間 4,000 億ドル以上、190 カ国以上にわたって事業をサポートしており、グローバルでジャスト-イン-タイムのキャッシュ マネジメントを提供しています。

マイクロソフトと SWIFT のチームは、この PoC の将来的な可能性に大いに期待しています。サービスをクラウドに移行することによってすぐに実現する優れた運用上およびセキュリティ上の利点以外にも、ビジネス ロジック、高度な分析機能、AI 機能の追加などによる、銀行や企業の振込方法の改善、そして傾向や洞察の特定への活用など、大きなポテンシャルを秘めているためです。

「これは決済業界にとって大きな前進だと思います。これにより、ビジネスの俊敏性、セキュリティ、コンプライアンス、およびパフォーマンスの高いシステムをどのビジネスチームにも提供することができます」と CVP 兼 Microsoft 財務担当の George Zinn は述べています。

これはどのような仕組みなのでしょうか。まず、マイクロソフトの財務部門が Azure 上の SAP を通して電信送金の指示を出します。次にこの指示は機械学習アルゴリズムにより検証され、指示の信ぴょう性が検証されると、Microsoft のクラウド上にインストールされた SWIFT を介して SWIFT に送信されます。 SWIFT はマイクロソフトから送られてきた電信送金指示を検証し、それを適切な銀行に送信します。銀行は受信した電信送金を完了し、確認書を Microsoft に送信します。

「SWIFT と Microsoft のエンジニアリングの深い共同作業により、業界全体に利益をもたらす、より安全でコンプライアンスの高いクラウドサービスの提供を実現することができました」と Microsoft の著名なアーキテクトである Homann 氏は述べています。 「オープン・バンキングとインスタント・ペイメントによる将来のエコシステムにおいて、 SWIFT とのパートナーシップにより、Azure クラウドだけが可能にした敏捷性、パフォーマンス、および高可用性機能のメリットを、我々共同の企業ユーザーに共有できるようになると考えています。」

マイクロソフトと SWIFT はすでに Azure クラウドでの最初のペイメントを完了させました。近い将来、私たちは共同プレビューで顧客にサービスを提供できるようになる予定です。CSP に準拠したクラウドネイティブ ペイメントを市場において実現させるという夢を現実のものにすることができると考えています。

この文章は以下の原文を翻訳したものです:
Posted on October 21, 2018
https://azure.microsoft.com/en-us/blog/microsoft-and-swift-make-azure-cloud-native-payments-a-reality/

Skip to main content