変革する力をもたらす Microsoft AI


Microsoft AI Blog for Business & Tech
投稿:2018年10月11日
投稿者:Mitra Azizirad

今の私たちには想像できない方法で、私たちの生活、産業、社会を変革する可能性を秘めた人工知能 (AI) の時代が到来しました。AI は、従業員の生産性と創造力を向上させ、ビジネスのアジリティを高め、顧客エンゲージメントを改善し、新製品のイノベーションを活性化する新しい手段を私たちに提供してくれます。しかもそれは、これから実現することの第一歩にすぎません。

Microsoft の 43 年の歴史を通じて、私たちは、人類の進歩に立ちはだかる障壁を打破し、地球上のすべての人と組織がより多くを成し遂げられる世界を実現するために、コンピューティングの恩恵を民主化することに専念してきました。Microsoft AI は箱に入って売られている製品ではありません。Microsoft AI は、AI で世界を革新し、変革する力をすべての開発者、組織、個人にもたらす Microsoft のビジョンです。

イノベーションを起こす力を開発者にもたらす

Microsoft は 25 年にわたって AI の構成要素を構築し続けており、私たちのイノベーションへの絶え間ない注力は、爆発的な技術革新をもたらしました。私たちは、このイノベーションを世界中の開発者に手渡すために、かつてないほど多額の投資を行っています。最終的には Azure Cognitive Services として結実した技術の発端となった Project Oxford を 3 年以上前に発表して以来、私たちはサービスとしての AI の創造を先導してきました。

Azure Cognitive Services で、私たちは、開発者なら誰でも使用できる構築済みの AI サービスを提供し、音声テキスト視覚翻訳におけるイノベーションとブレークスルーを掘り起こしました。現在、これらのイノベーションは、構築済みのカスタマイズ可能な AI サービスの大きな集合体を束ねた Azure AI プラットフォームに含まれています。

私は、Microsoft AI 開発者のエコシステムの成長に期待を膨らませています。現在 100 万人を超える開発者が Azure Cognitive Services を利用しています。AI サービスの利用量とイノベーションのペースは急速に伸びています。私たちは、実験、学習、創造を開発者にとって容易にすることを目指す AI スクールAI ラボへの投資を通じて、すべての開発者が AI 開発者になることを手助けするために全力を尽くしています。

変革する力を組織にもたらす

ガートナーは、2020 年までにエンタープライズの 85% が AI を使用するようになるものの、短期的なスパンでは、AI への取り組みを開始した、あるいは開始する予定のエンタープライズは 25% に過ぎないと報告しています。AI の基盤はデータです。データの量が毎年 2 倍ずつ増えていることから、混沌としたデータ資産を知識に変える作業が困難を極めることは驚くにあたりません。データがサイロ化しており、その多くが構造化されておらず、データを移動することが困難で、データからインサイトを得ることはそれに輪を掛けて困難だという悩みを私たちは絶えずお客様から聞いています。市場投入までの時間が鍵を握る世界では、生産性が最重要課題であり、組織は AI を活用するために組織で必要とされる開発スキルを伸ばし、育成しようと四苦八苦しています。信頼性、セキュリティ、信用、拡張性が必須要件である組織で、AI が本格的な利用にどこまで耐えられるのかという懸念もあります。

すべての会社がユニークであり、AI 変革を推進する道はただ 1 つではありません。Microsoft AI に関する私たちのアプローチは、お客様が変革に至る道のどこにいても、そこまで私たちがお迎えに行くというものです。私たちのアプローチの主な差別化要因は、Microsoft のデータプラットフォームを利用すれば、データがどこにあっても、お客様がデータから推論を導けることです。データが自社の設備に存在していても、クラウドや IoT エッジにあっても、データから推論を導くためにデータを移動する必要はありません。私たちは、開発者が精通しており、好んで使っているツールやフレームワークを Azure AI で利用できるようにしています。つまり、開発者は、既に獲得しているスキルを利用して、AI モデルをどこにでも展開できるのです。Azure プラットフォームは将来を見据えて設計されており、エンタープライズグレードのサービス品質保証、拡張性、ビルトインプライバシー、コンプライアンス、セキュリティを備えています。組織は、すべてのアプリケーション、すべてのビジネスプロセス、すべての従業員にとって AI を実用的なものにするために、これらの機能を必要とします。

AIをすべてのアプリケーションにもたらす

インターネットの爆発的な普及が企業ウェブサイトの創造を促進したように、企業は AI を既存のアプリケーションに注入し、コグニティブサービスを利用してまったく新しいアプリケーションを創造し始めるでしょう。この注入を通じて、企業は、社外では顧客と、社内では従業員と関わりを持つ方法を革命的に変えると私たちは予測しています。たとえば、私が既に述べた画期的なイノベーションは、組織が対話型 AI で実現できることの限界を押し広げています。ProgressiveTelefónicaPublicis Groupe などのお客様は、Microsoft AI を利用して、顧客エンゲージメントと従業員エンゲージメントをカスタマイズし、パーソナライズして、自社の属する業界を変革しています。

AIをすべてのビジネスプロセスにもたらす

一方で、組織は、複雑なビジネスシナリオの再発明と再定義に AI の力を借りようとしています。Microsoft のアプローチは、エンタープライズ対応の独創的な AI 注入ソリューションで複雑なビジネスプロセスの変革を可能にすることです。世界中の 30 万社に及ぶパートナーの強固なエコシステムに支えられて、Microsoft は、広範囲の業界にわたる組織と連携して垂直市場に固有のニーズに応えています。Microsoft の AI パートナー・オブ・ザ・イヤーである Blue Metal は、Stewart Healthcare に協力して患者体験を根本的に変革しました。Stewart Healthcare は、Microsoft AI を活用して、今では患者の入院期間を 98% の精度で予測できるようになっています。その結果、患者体験は大幅に改善され、年間 4,800 万ドルのコスト削減も実現する見込みです。

AI をすべての従業員にもたらす

組織内でサイロ化された大量のデータが世界のデータとつながり、それによって充実したデータが知識の重心になったとき、あなたの事業に開ける可能性を想像してください。次に、それを拡大して、直感的で簡単な知識へのアクセスと問い合わせを可能にする対話型 AI インターフェイスを利用して、その知識を組織のすべての従業員に公開できるようになったところを想像してください。それは、セルフサービスの AI アプローチで参加する力を従業員にもたらし、従業員が市民データ科学者になることを手助けし、今までより速く、昔だったら不可能と言わないまでも非常に難しかった方法で、従業員が情報を入手できるようにすることを意味しています。私たちは、AI が本当に民主化されたときに AI のすべての潜在能力が発揮されると信じています。それは、私たちにとって、AI の力をすべての従業員に手渡すことを意味しています。これが完全に民主化された AI の次なるフロンティアです。

社会を変革する力を人々にもたらす

Microsoft のエンパワーメントのビジョンは、ビジネスの世界をはるかに超えるものです。実際、AI のインパクトは、社会を良い方向に変革する力を私たち全員にもたらすために AI が使用されるときに最大限に高まるでしょう。社会変化は、AI の恩恵が社会全体に行き渡ることを確実にするための強力なコミットメントを必要とします。AI は私たちに多大な機会をもたらしますが、それと同時に、私たちが正面から取り組む必要のある新しい社会的課題や社会的懸念も生み出します。Microsoft では、AI の信頼性を向上させるような方法で AI を開発し、利用するための指針となる 6 つの原則を明確にしています。その原則とは、公正、信頼性と安全性、プライバシーとセキュリティ、包容力、透明性、説明責任です。私たちは、先見性を持って社内ポリシーを確立し、私たちの AI プラットフォームと AI 体験がこれら 6 つの原則に根差すことを確実にするために、社内委員会 AETHER を立ち上げました。ただし、責任を持ち、信頼される AI を構築する仕事は、どの一社の責任でもありません。私たちは、信頼される倫理的な AI 開発の指針となる政策や規格の制定を手助けするために、AI パートナーシップ (Partnership on AI)、経済協力開発機構、国際標準化機構などの政府機関、研究所、団体と積極的に関わりを持ち、その活動に参加しています。AI for Good (善いことに役立つ AI) の取り組みを通じて、Microsoft は、AI for EarthAI for Accessibility、そして直近では AI for Humanitarian Action に 1 億 1,500 万ドル以上の支援を約束しています。すべての AI for Good プログラムで私たちが目標としているのは、非常に大きな社会の課題の解決に及ぼすことができる影響力を世界中の人々に持たせて、その動きを加速させることです。私は、Microsoft の AI for Good の支援を受けた人々が災害救助からアクセシビリティ、水の保全、気候変動、生物種の保全に至るさまざまな分野で切り開いている新しい可能性に刺激を受けています。

私たちが創る未来は私たちが行う選択に直結しています。AI の恩恵を活用し、その果実を得る力を Microsoft がどのようにして開発者、組織、社会にもたらしているかについてもっとよく知っていただくために、最近発表された Microsoft AI ホワイトペーパーを一読していただければ幸いです。

About the author
Microsoft に 26 年勤務している経験豊富な Mitra Azizirad は、技術からマーケティング、販売に至る幅広い職務で重要な指導的立場に就いていました。Mitra は現在、人工知能マーケティング担当副社長です。彼女は、Microsoft のさまざまな AI イノベーションの製品化の定義と加速および全社規模の AI マーケティング戦略の指揮を担当しています。

この文章は以下の原文を翻訳したものです:
Posted on October 21, 2018

Microsoft AI: Empowering transformation



Skip to main content