マイクロソフトのコルタナとアマゾンのアレクサが年内に相互接続して利便性が向上


[2017 年 8 月 30 日]

自宅で、オフィスで、移動中に --- 1日の予定を確認したり、オーディオブックを開いたり、買い物リストにほしいものを追加したり --- 近年、音声認識技術を使った「デジタルアシスタント」によるデバイスやサービスの操作が身近になってきていますが、人々の利便性を向上させるための前例のない提携を、このたびアマゾンとマイクロソフトで行うことになりました。

年内に、アマゾンの音声認識アシスタント「アレクサ (Alexa)」とマイクロソフトのデジタルアシスタント「コルタナ (Cortana)」が相互に呼び出し可能になります。アレクサのコルタナからの呼び出しは Windows 10 PC から先にできるようになり、将来は Android や iOS からも可能になる予定です。コルタナのアレクサからの呼び出しは Amazon Echo、Echo Dot、Echo Show などのアレクサ対応デバイスからできるようになります。

お互いを呼び出すには、「コルタナさん、アレクサを開いて」「アレクサ、コルタナを開いて」という具合に話しかけます。ショッピングサイトと連携した買い物やオーディオ操作などが得意なアレクサと、Office 365 などと連携したスケジュールやタスク管理などの生産性向上を得意とするコルタナが連携することで、それぞれの強みが生かされた連携が可能となり、ユーザーの暮らしがより豊かになるでしょう。

 

 

この文章は以下の原文を要約したものです:

 

 

Skip to main content