人工知能で大空を鳥のように滑空するグライダーのテスト飛行


[2017 年 8 月 15 日]

 

「鳥のように大空を飛べたら----」

人間が空を飛ぶにはプロペラやジェットエンジンのような大掛かりな仕掛けが必要ですが、鳥は自然を味方につけて小さな翼と小さな脳で空を飛びます。同じことを人工知能にやらせてみたらどうなるでしょう。それには、複雑な AI アルゴリズムを用意して、大気の温度、風向き、飛行禁止区域を認識しながら、風に乗り続けるためのリアルタイムの予測をする必要があります。しかも、少しのミスも命取りになるので、不確実な状況の中で連続的に正しい判断を行い、飛行コースを修正できるようシステムを組む必要があります。

マイクロソフトの研究チームが鳥の飛行を人工知能で再現するための実験は、ネバタ州の砂漠の中で行われました。約 5m、約 5.6kg のグライダーを上昇気流に乗せて飛ばし、あとは鳥がやるように動力なしでまわりの風に乗ってずっと飛行させます。基礎となる部分観測マルコフ決定過程に、何が必要な要素かを過去の飛行と突き合わせてリアルタイムで学習するベイジアン強化学習を組み込み、すべての要素が分からない中で最も確からしい道筋を探すロジックとしてモンテカルロ木探索法も組み込みました。

このようなロジックは、今日人々が使っている顔認識や音声認識などの単発のタスク実施のための人工知能よりももっともっと複雑なものとなりました。飛行ロジックを検証するための現地での実機テストは、機体のトラブルなど「人工知能アルゴリズム以外の障害」も重なりました。これはシミュレーションでは起こらなかったことです。

レドモンドキャンパスでの数か月に及ぶアルゴリズムの開発と、現地での 4 日間におよぶ最終的なチューニングの結果、人工知能は人がグライダーをリモコンで遠隔操作するよりも上手にグライダーを飛ばすようになりました。グライダーのパイロットとして、人工知能が人類を超えた瞬間でした。

 

この文章は以下の原文を要約したものです:

 

 

Skip to main content