深層学習を加速する GPU 搭載 Azure 仮想マシン (N シリーズ) を一般提供開始


 

NVIDIA® GPU が搭載された、新しい Azure N シリーズの仮想マシンの一般提供が 2016 年 12 月 1 日から開始されます。GPU アクセラレーションを活用した業界最先端のコンピューティング性能を利用できます。米国中南部、米国東部、西ヨーロッパ、東南アジアでグローバルに提供され、いずれのリージョンでも 12 月 1 日からご利用いただけます。

 

Azure NC Virtual Machines – GPU コンピューティング

Azure NC の各インスタンスは NVIDIA Tesla® K80 GPU の性能を活用し、きわめて負荷の高い HPC (ハイ パフォーマンス コンピューティング) や AI のワークロードの高速化に必要なコンピューティング能力を提供します。これらのインスタンスを活用することで、深層学習のトレーニング ジョブ、HPC シミュレーション、レンダリング、リアルタイムのデータ分析、DNA 塩基配列解析、CUDA® によるアクセラレーションを活用したさまざまなタスクを実行できるようになります。また、InfiniBand による RDMA (リモート ダイレクト メモリ アクセス) を使用して複数のインスタンスにジョブをスケーリングすることも可能です。InfiniBand はベアメタル環境に近いパフォーマンスを提供し、数十基から数百基、さらには数百台のマシン上の数千基の GPU へのスケーリングにも対応します。このため、Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK)、Caffe、TensorFlow などのフレームワークを使用した緊密に連携したジョブを作成し、自然言語処理、画像認識、オブジェクト検出のトレーニングを行うことができます。

 

 

この文章は以下の原文を要約したものです:

 

 

Skip to main content