マイクロソフト、オープンソースの深層学習フレームワーク CNTK Beta を公開


 

マイクロソフトは深層学習フレームワーク Computational Network Toolkit (CNTK) のベータ版を米国時間 4 月 15 日にリリースしました。このツールキットにより、一連の計算ステップを記述する、ディープニューラルネットワーク (DNN)、畳み込みニューラルネットワーク (CNN)、再帰型ニューラルネットワーク (RNN)、長・短期記憶 (LSTM) 、ロジスティック回帰、最大エントロピーモデルなどの学習マシンの構築が可能です。CPU または GPU を使って Computational Network を実装することができます。

マイクロソフトにおける深層学習の取り組みは Microsoft Research の音声認識チームにより長年行われてきました。昨年 8 月末に Windows プラットフォーム上で動作するアルファ版を公開してから初の大型のアップデートです。ただし、まだ正式リリース前のコードですのでバグがある場合がありますのでご了承ください。コードは Codeplex 上に公開されています。Windows 版と Linux 版の両方がご利用いただけます。

 

CNTK Beta を入手する

 

関連記事

 

 

 

Skip to main content