Azure Machine Learning Preview を Worldwide Partner Conference 2014 で発表


[2014 年 7 月 18 日]

先月、マイクロソフトはMicrosoft Azure Machine Learningを発表し、今週、Worldwide Partner Conference 2014(WPC)でパブリックプレビューを公開しました。

Scott Guthrieが月曜午前のWPCオープニング基調講演でAzure MLの公開プレビューを発表してから数分後、最初のユーザーがAzure MLワークスペースをAzureポータルからプロビジョニングし、実験を開始していました。火曜日の最初の日と2日目にWPCの第2日までの利用数は、1,000人以上のユーザーがAzure MLに約1,300のモデリングワークスペースをプロビジョニングしたというものでした。彼らは2,000回以上の実験を行い、Azureで50以上のML Webサービスを展開しました。このように、Azure MLを使用すると、予測モデルを構築、評価、実験し、モデルをWebサービスとして数分で公開することができてしまいます。

WPCのデモブースは、Azure MLの詳細を知り、お客様向けに構築して導入するアプリケーションを見たいパートナー企業の皆様で大変混雑していました。Azure ML についてもっと知りたい場合、Azure ML Centralサイトで自習のためのリソースとユーザーフォーラムにアクセスしてください。

 

この文章は以下の原文を要約したものです:

Skip to main content