Microsoft Azure Machine Learning で機械学習とクラウドの力を融合して次のステージへ


[2014 年 6 月 16 日]

過去のデータを分析して将来を予測することができる機械学習という方法は、あなたの気づかないうちに生活の様々な場所に入り込んでいます。たとえば、検索エンジン、オンライン製品のリコメンド、クレジットカード不正防止システム、渋滞情報/GPS のナビシステム、コルタナような携帯電話のパーソナルアシスタントなど すべて機械学習の力を利用しています。しかし、それだけではありません。機械学習は近い将来、病院の待合室での待機時間を大幅に短縮し、病気の発生を予測し、犯罪を予測し予防するのに役立つでしょう。そのような未来を実現するためには、すべての企業に機械学習をより利用しやすいものにする必要があります。

今日の機械学習は、データ科学者の訓練と専門知識を必要とします。しかし、データ科学者は不足しており、機械学習ソフトウェアのライセンスは高価であり、統計計算によく使われるプログラミング言語は取っつき難いものです。たとえこれらのハードルを克服できたとしても、新しい機械学習モデルを導入するには、しばしば何ヶ月もの技術投資が必要になります。また、このシステムの実行環境のスケーリング、管理、および監視には、非常に洗練されたエンジニアリング組織の支援が必要です。

予測分析ソリューション構築のためのフルマネージド クラウドサービスであるMicrosoft Azure Machine Learningは、機械学習を導入する際にほとんどの企業が抱える課題の克服に役立ちます。クラウドのすべての利点を備えた総合的な機械学習サービスの提供により、顧客やパートナーは、ほんの数時間 Azure MLを使用するだけで、数週間から数ヶ月かかっていた処理を実行し、データ駆動型アプリケーションを構築できます。

来月にプレビュー版がリリースされる Azure MLは、新しい分析ツールの機能、XboxやBingなどのMicrosoft製品向けに開発された強力なアルゴリズムなど、マイクロソフトにおける長年の機械学習経験をシンプルで使いやすいクラウドサービスにまとめます。機械学習ソリューションの作成、開発、スケーリングを行うためのコストが最小化されます。視覚的なワークフローとすぐに開始できるテンプレートにより、共通の機械学習タスクを簡単に実行できます。また、数分でAPIやWebサービスを公開し、他のユーザーと共同作業することで、分析資産を迅速に本番環境のクラウドサービスに変えることができます。

7月には、Azure MLパブリックプレビューをリリースし、すべての組織向けに機械学習のクラウドソリューションをご提供できる予定です。Azure ML により我々がビジョンを達成し、マイクロソフトのデータプラットフォームソリューションとともに利用することで、ビッグデータからのインサイトや IoT、そして予測分析を活用した、いままでにないような新しいソリューションを構築することができるでしょう。

 

この文章は以下の原文を要約したものです:

 

Skip to main content