sysstatによるLinux VMの使用状況の監視


Sysstatは、パフォーマンスとディスクストレージを犠牲にすることなくシステム監視を可能にする非常に興味深いオプションです。いくつかのディストリビューションはインストールされていますが、デフォルトではディセーブルになっています。

この記事で説明する手順を実行することで、sysstatを起動して実行することができ、パフォーマンスに関する問題が発生した場合に分析する履歴データを持つことができます。

Sysstatのインストール

Debian / Ubuntu 
sudo apt-get sysstatをインストールする

Redhat / CentOS / Oracle 
sudo yum install sysstat

統計収集を有効にする

Debian / Ubuntu 
sudo vi / etc / default / sysstat 
ENABLED = "false"をENABLED = "true"に変更します。

Redhat / CentOS / Oracle 
sysstatは通常デフォルトで有効になっているため、特別な手順は必要ありません

収集間隔を10分ごとから2分ごとに変更する 
sudo vi /etc/cron.d/sysstat

デフォルトでは、次の設定が表示されます。 
Debian / Ubuntu 
5-55 / 10 * * * * rootコマンド-v debian -sa1> / dev / null && debian -sa1 1 1

Redhat / CentOS / Oracle 
* / 10 * * * * root / usr / lib64 / sa / sa1 1 1

2分ごとにデータを収集するように設定するには、次のように変更します。

Debian / Ubuntu 
* / 2 * * * * rootコマンド-v debian -sa1> / dev / null && debian-sa1 1 1

Redhat / CentOS / Oracle 
* / 2 * * * * root / usr / lib64 / sa / sa1 1 1

sysstatの再起動 
Debian / Ubuntu 
sudoサービスsysstat restart

Redhat / CentOS / Oracle 
sudo systemctl restart sysstatまたはsudoサービスsysstat restart

Comments (0)

Skip to main content