RHEL 6.8仮想マシンでProxy を経由してAzure Backup 実行に必要な事前作業


RHEL 6.8仮想マシンでProxy を経由してAzure Backup 実行に必要な事前作業 配下の通りです。

1. yum,wget,waagentの proxy 設定
2. python2.6.6 から 2.7.11 にアップデート
3. yum の修正
4. pip のインストール
5. WALinuxAgent-2.2.18 のインストール

以下、各手順の詳細でございます。

1. yum,wget,waagentの proxy 設定

■/etc/yum.conf
proxy=http://<IPアドレス>:<ポート番号>

■/etc/wgetrc
https_proxy=http://<IPアドレス>:<ポート番号>

■/etc/waagent.conf
HttpProxy.Host=<IPアドレス>
HttpProxy.Port=<ポート番号>

■/etc/environment
export http_proxy=http://<IPアドレス>:<ポート番号>
export https_proxy=http://<IPアドレス>:<ポート番号>

2. python2.6.6 から 2.7.11 にアップデート

$ sudo -i
# wget https://www.python.org/ftp/python/2.7.11/Python-2.7.11.tgz
# tar xzf Python-2.7.11.tgz
# cd Python-2.7.11
# yum install -y gcc zlib-devel openssl-devel
# ./configure --with-threads --enable-shared
# make && make altinstall
# ln -s /usr/local/lib/libpython2.7.so.1.0 /usr/lib64/libpython2.7.so.1.0
# ln -sf /usr/local/bin/python2.7 /usr/bin/python
# python -V
Python 2.7.11

3. yum の修正

# sed -i '1c#!/usr/bin/python2.6' /usr/bin/yum

4. pip のインストール

# wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
# python get-pip.py

5. WALinuxAgent-2.2.18 のインストール
# service waagent stop
# wget https://github.com/Azure/WALinuxAgent/archive/v2.2.18.zip
# unzip v2.2.18.zip
# cd WALinuxAgent-2.2.18/
# python setup.py install
# service waagent start
# waagent --version
WALinuxAgent-2.2.18 running on redhat 6.8
Python: 2.7.11
Goal state agent: 2.2.18

Comments (0)

Skip to main content