Azure上のLinux VMにSWAPを追加する


Azureのすべての仮想マシン(VM)には、 一時的な記憶域としてのみ使用されることが推奨され、再起動または保存時に利用可能でなくてもよいSWAPファイルやデータが含まれている一時的な(短命の)このドライブに保存されているデータは失われます。

ResourceDisk.MountPoint パラメーターで 定義されているディレクトリーにスワップ・ファイルを作成するに は、以下の3つのパラメーターを設定して /etc/waagent.conf ファイルを 更新し ます。

ResourceDisk.Format = y 
ResourceDisk.EnableSwap = y 
ResourceDisk.SwapSizeMB = xx

サイズがMBの場合、たとえば、4GBのスワップファイルを作成するには、次の行を使用します。

ResourceDisk.Format = y 
ResourceDisk.EnableSwap = y 
ResourceDisk.SwapSizeMB = 4096

WAAgentを使用してSWAPファイルを作成する前に、一時的なディスクの空き容量を確認することをお勧めします。 このリンクをクリックすると、VMの各カテゴリで使用可能なローカルSSDまたはローカルHDDストレージが表示されます。

参考文献:

Linux Azure仮想マシンにスワップファイルを追加する方法

AzureでLinux VMを最適化する

Comments (0)

Skip to main content