AzureのUbuntu 16.04 LTSに基本的なwordpressを配備する


AzureのUbuntu 16.04 LTS、Nginx、MariaDB、Memcacheを使って簡単なWordPressインスタンスを配備する方法。

この記事は、Ubuntu 16.04 LTS、NginxとPHP-fpm(PHPサポート用)、MariaDBとMemcacheを使用したAzureの基本的なWordPressのデプロイメントを理解するためのものです

この例では、Standard_F2S VMをプレミアムディスク、2つのCPU、4GBのメモリ、およびスワップ構成(4GB)に使用するローカルの7GB SSD(Ephemeralディスク)を展開しています。

最新のUbuntu 16.04 LTSを使用してVMを導入済みであることを考慮して、次に説明する手順は次のとおりです。

1)Nginxのインストール 
2)MariaDBのインストール 
3)PHP7 / PHP-FPM / Memcacheのインストール 
4)WordPressのインストール 
5)Memcacheを有効にする

1)Nginxのインストール

sudo apt-get update 
sudo apt-get install nginx

Nginxがポート80で正しくリッスンしていることを確認するには、次のコマンドを発行します。

sudo netstat -anp | grep:80 
tcp 0 0 0.0.0.0:80 0.0.0.0:* LISTEN XXXX / nginx -g daemo

これは、NginxがすべてのIPのポート80でリッスンしていることを示します。

2)MariaDBのインストール

sudo apt-get install mariadb-server mariadb-client

mariadb rootアカウントのパスワードを入力するように求められますので、注意してください。

注記: "sudo mysql_secure_installation"コマンドを使用することを強くお勧めしますが、これを行うとMySQLパスワードの検証プラグインが追加され、LOWからSTRONGのいずれかを選択できる一定レベルのセキュリティが必要になります。

3)PHP / PHP-FPM / Memcachedのインストール

sudo apt-get php7.0-fpmをインストールする 
sudo apt-get php-memcacheをインストールするmemcached 
sudo apt-get install php7.0-mysql php7.0-curl php7.0-gd php7.0-mbstring php7.0-mcrypt php7.0-xml php7.0-xmlrpc

php7.0-fpmのcgi.fix_pathinfoを無効にする:

sudo sed -i.bakの/ cgi.fix_pathinfo = 1 / cgi.fix_pathinfo = 0 / g '/etc/php/7.0/fpm/php.ini 
sudo systemctl restart php7.0-fpm.service

4)WordPressのインストール

  1. MySQLに接続し、データベースとユーザを作成します。 
    mysql -u root -p 
    CREATE DATABASE wordpress DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci; 
    * '' wpuser '@' localhost 'IDENTIFIED BY'パスワード '; 
    フラットプリビーグス; 
    終了する
  2. sudo -i 
    cd / var / www / html 
    curl -O https://wordpress.org/latest.tar.gz 
    tar xzvf latest.tar.gz 
    CDワードプレス 
    mv * .. 
    rm -rf latest.tar.gz wordpress 
    chown -R www-data:www-data / var / www / html 
    chmod g + w / var / www / html / wp-content 
    chmod g + w / var / www / html / wp-content / themes 
    chmod g + w / var / www / html / wp-content / plugins
  3. WordPress設定ファイルを設定する 
    curl -s https://api.wordpress.com/secret-key/1.1/salt/ 
    出力からコンテンツをコピーする 
    vi /var/www/html/wp-config-sample.php
  4. 下の行を上記の出力からの出力に置き換えます  define( 'AUTH_KEY'、 'あなたの独特のフレーズをここに入れます'); 
    define( 'SECURE_AUTH_KEY'、 'あなたのユニークなフレーズをここに入れる'); 
    define( 'LOGGED_IN_KEY'、 'あなたのユニークなフレーズをここに入れる'); 
    define( 'NONCE_KEY'、 'あなたのユニークなフレーズをここに入れる'); 
    define( 'AUTH_SALT'、 'あなたのユニークなフレーズをここに入れる'); 
    define( 'SECURE_AUTH_SALT'、 'あなたのユニークなフレーズをここに入れる'); 
    define( 'LOGGED_IN_SALT'、 'あなたのユニークなフレーズをここに入れる'); 
    define( 'NONCE_SALT'、 'あなたのユニークなフレーズをここに入れる'); 
  5. 設定ファイルの名前を変更します。 
    mv /var/www/html/wp-config-sample.php /var/www/html/wp-config.php
  6. ファイルを再度編集してMySQLを設定し、変数を対応する値に置き換えてください: define( 'DB_NAME'、 'wordpress' ); 
    / ** MySQLデータベースのユーザー名* / 
    define( 'DB_USER'、 'wpuser' ); 
    / ** MySQLデータベースのパスワード* / 
    define( 'DB_PASSWORD'、 'password' );
  7. Nginxのデフォルトウェブサイトの設定を編集する: 
    vi / etc / nginx / sites-available / default
  8. ファイル内の場所/領域を、他のブロックを含む下のコンテンツに置き換えます。

場所/ { 
#try_files $ uri $ uri / = 404; 
try_files $ uri $ uri / /index.php?q=$uri&$args; 
}

場所〜\ .php $ { 
try_files $ uri = 404; 
fastcgi_pass unix:/var/run/php/php7.0-fpm.sock; 
/ etc / nginx / fastcgi_paramsを含めます。 
fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $ document_root $ fastcgi_script_name; 
}

nginxの設定が正しいかどうかを確認し、正しく設定されていれば、サービスを再起動してください:

nginx -t 
systemctl restart nginx

VMへのポート80のインバウンドを許可するルールを持つNetwork Security Groupがあると仮定すると、VMの外部IPからWordPressにアクセスしてセットアップを完了できます。 
http:// IP

5)MemCacheを有効にする

sudo -i 
cd / tmp 
wget https://downloads.wordpress.org/plugin/memcached.3.0.1.zip 
apt-get install unzip 
memcached.3.0.1.zipを解凍する 
cd memcached 
cp object-cache.php / var / www / html / wp-content 
chown www-data:www-data /var/www/html/wp-content/object-cache.php

memcachedの統計情報を確認するには、以下を使用します: 
腕時計 "エコー統計| nc 127.0.0.1 11211 "

WordPressのWebインターフェイスから設定を完了したら、 http:// IPアドレスまたはhttp:// IP / wp-adminの管理インターフェイスでWebサイトにアクセスすることができるはずです。 WordPressのインストール。

ハッピーブログ!

Comments (0)

Skip to main content