Linuxリカバリ:FSTABエラーのためにLinux VMにSSHできません。

fstabの構文が正しくない場合、およびデータディスクが欠落している(VMに接続されていない)場合やその他の理由で、VMが正常に起動しなくなることがあります。 Linuxでは、通常、fstabで次のフォーマットを使用してscsiデバイスをマウントできます。  / dev / sdc1 / data ext4デフォルト0 0 しかし、クラウド環境では毎回同じscsi IDを保証する方法がないため、UUIDを使用して確実にディスクをマウントすることが最善の方法です。フォーマットは次のように近いでしょう。  UUID = “8be9efc9-61e7-4cc7-806s6-2d014745ae99” / data ext4デフォルト0 0 Linux VMにデータディスクを正しく追加する方法の詳細については、次の記事を参照してください。  Linux仮想マシンにデータディスクを接続する方法  ブートしていないLinux VMからブート診断を調べた後、  V 仮想マシン> VMNAME>すべての設定>ブート診断 以下の4つの例に似たメッセージが表示されます。  (1)UUIDの代わりにscsi idでマウントされていたディスクの例: [K [[1; 31m TIME [0m]デバイスdev-incorrect.deviceを待ってタイムアウトしました。  [[1; 33mDEPEND [0m] / dataの依存関係が失敗しました。  [[1; 33mDEPEND [0m]ローカルファイルシステムの依存関係が失敗しました。  …  緊急モードへようこそ! ログイン後、 “journalctl -xb”をビューシステムのログに、 “systemctl reboot”を再起動する、 “systemctl default”を入力してデフォルトモードに再起動します。  保守のためのrootパスワードを与える  (またはControl + Dキーを押して続行します)。 (2)CentOS上のデバイスが見つからない場合の例…

0

xRDPをGUIリモートアクセス用にLinuxにインストールする方法

Azure上のLinux VMに、リモートデスクトップまたは同様のツールを使用してGUIを使用してアクセスしたいとします。 サードパーティのツールのインストールと設定はAzure Linuxのサポートの対象外ですが、必要に応じてxRDPを有効にするための注意点とベストプラクティスがあります。 他のツールでも同様の結果を得るための他の方法があります。具体的にはxRDPについて説明します。 xRDPで標準構成を使用する場合、エンドポイント(クラシック)またはネットワークセキュリティグループ(リソースマネージャー)を使用して開く必要があるポートは、Microsoft Windowsリモートアクセスで使用される3389 TCPになります。 xRDPを有効にする際にはセキュリティ上の注意がいくつかありますが、この記事の最後にいくつかのベストプラクティスを取り上げます。 xRDPをインストールする手順を以下に示します。 Ubuntu / Debianの場合:  sudo -i  apt-get update  apt-get install xrdp Red Hat、CentOS、Oracleの場合:  サードパーティのリポジトリ(EPEL)をインストールする必要がありますが、通常はベンダーによってサポートされていませんが、ここで詳細を見つけることができます:  https://fedoraproject.org/wiki/EPEL 特定のバージョン(6.x / 7.x)用のものをインストールしてください。 リポジトリが正常にインストールされたら、以下の手順に進むことができます。 Red Hat / CentOSおよびOracleバージョン7.x:  sudo -i  yum install xrdp tigervnc-server xterm  systemctl enable xrdp  systemctl enable xrdp-sesman Red Hat / CentOSとOracleバージョン6.x  sudo -i  yum install xrdp tigervnc-server…

0

Linuxのリカバリ:SSHデーモンが正しく起動していない

あなたは、Linux VMへのSSH接続を失ったことに気付きました。そして、ブート診断を調べた後、SSHD設定のエラーに関するメッセージが表示されます。 無効な設定に関するエラーは単純に次のようなものです。  sshdの起動:[FAILED] SUSEとRed Hatにはいくつかのインスタンスがあり、権限の問題のためにエラーが表示されています。 SUSE:  / var / lib / emptyはrootが所有し、グループやworld-writableは所有していなければなりません。  startproc:/ usr / sbin / sshdの親の終了ステータス:255  失敗 Red Hat:  sshd:/ var / empty / sshdを起動するには、rootが所有していて、グループまたはworld-writableでなければなりません。 問題が構成上の問題であり、上記のようなアクセス権の問題ではない場合(別の記事で説明します)、SSHDの設定をデフォルトにリセットする問題を解決する方法がいくつかあります。 A)ClassicおよびResource Manager VMを使用する場合、SSHD設定をリセットできるオプションがポータルにあります。 クラシックVMの場合  仮想マシン(クラシック)> VMNAME> [概要]タブで[詳細]をクリックし、[リモートアクセスのリセット]をクリックします。 次に[はい]をクリックして続行します。 リソースマネージャVMの場合  仮想マシン> VMNAME>パスワードのリセットを選択すると、使用可能なオプションが表示されます。  問題に対してより適切なオプションを選択します。この場合は、「構成のリセットのみ」を選択します。 B) Azure CLIがインストールされている場合は、次の方法でSSHD設定ファイルをリセットすることもできます。 クラシックVMの場合 #このコンテンツを持つPrivateConf.jsonファイルを作成します:  {“reset_ssh”: “True”} 次のコマンドはazure cliでログインし、configをasm(Classic)に設定してSSHD設定をリセットします。 紺碧のログイン  紺碧の設定モードasm  azure vm拡張セット<VMNAME> VMAccessForLinux Microsoft.OSTCExtensions…

0

sysstatによるLinux VMの使用状況の監視

Sysstatは、パフォーマンスとディスクストレージを犠牲にすることなくシステム監視を可能にする非常に興味深いオプションです。いくつかのディストリビューションはインストールされていますが、デフォルトではディセーブルになっています。 この記事で説明する手順を実行することで、sysstatを起動して実行することができ、パフォーマンスに関する問題が発生した場合に分析する履歴データを持つことができます。 Sysstatのインストール Debian / Ubuntu  sudo apt-get sysstatをインストールする Redhat / CentOS / Oracle  sudo yum install sysstat 統計収集を有効にする Debian / Ubuntu  sudo vi / etc / default / sysstat  ENABLED = “false”をENABLED = “true”に変更します。 Redhat / CentOS / Oracle  sysstatは通常デフォルトで有効になっているため、特別な手順は必要ありません 収集間隔を10分ごとから2分ごとに変更する  sudo vi /etc/cron.d/sysstat デフォルトでは、次の設定が表示されます。  Debian / Ubuntu  5-55 / 10 * * * *…

0

 RHEL 6.8仮想マシンでProxy を経由してAzure Backup 実行に必要な事前作業

RHEL 6.8仮想マシンでProxy を経由してAzure Backup 実行に必要な事前作業 配下の通りです。 1. yum,wget,waagentの proxy 設定 2. python2.6.6 から 2.7.11 にアップデート 3. yum の修正 4. pip のインストール 5. WALinuxAgent-2.2.18 のインストール 以下、各手順の詳細でございます。 1. yum,wget,waagentの proxy 設定 ■/etc/yum.conf proxy=http://<IPアドレス>:<ポート番号> ■/etc/wgetrc https_proxy=http://<IPアドレス>:<ポート番号> ■/etc/waagent.conf HttpProxy.Host=<IPアドレス> HttpProxy.Port=<ポート番号> ■/etc/environment export http_proxy=http://<IPアドレス>:<ポート番号> export https_proxy=http://<IPアドレス>:<ポート番号> 2. python2.6.6 から 2.7.11 にアップデート $ sudo -i # wget https://www.python.org/ftp/python/2.7.11/Python-2.7.11.tgz # tar xzf…

0

Linuxのリカバリ:カーネルの問題に関連するブート以外の問題の手動修正

カーネルのアップグレードなどカーネルの変更が最近適用されたLinux VMがあり、起動プロセス中のカーネルエラーのために適切に起動しなくなりました。 カーネルのメッセージはさまざまです。 いくつかの例があります: ルートデバイスが見つかりませんでした。 カーネルのタイムアウト、 ヌルポインタ、 カーネルパニックエラー。 ほとんどの場合、リカバリ手順は類似しているため、新しいカーネルをインストールするか、以前のバージョンに手動でロールバックする必要があります。 あなたが見ることができるエラーメッセージの例 A)ルートデバイスが見つかりません dracut警告:ルートデバイスがありません “ブロック:/ dev / disk / by-uuid / 6d089360-3e14-401d-91d0-378f3fd09332″が見つかりました  dracut警告:ブートに失敗しました。 この問題をデバッグするには、カーネルコマンドラインに “rdshell”を追加します。  dracut警告:シグナルが検出されました!  カーネルパニック – 同期していない:initを強制終了しようとしました!  Pid:1、通信:init汚れていない2.6.32-504.12.2.el6.x86_64#1  コールトレース:  [<ffffffff8152933c>]? パニック+ 0xa7 / 0x16f  [<ffffffff8107a5f2>]? do_exit + 0x862 / 0x870  [<ffffffff8118fa25>]? fput + 0x25 / 0x30  [<ffffffff8107a658>]? do_group_exit + 0x58 / 0xd0  [<ffffffff8107a6e7>]? sys_exit_group + 0x17 / 0x20  [<ffffffff8100b072>]? system_call_fastpath + 0x16 /…

0

Linuxのリカバリ:chrootを使用してブートできないカーネルの問題の解決方法

前回の記事では、Linux VMを適切に起動させないカーネル関連の問題を手動で修正する方法について説明しました。 また、 CHROOTを使用するための手順を使用できるオプションもあります。手動でファイルを編集する必要はなく、ツールを使用してこれらの同じ問題を自動的に修正します。 この記事に記載されている手順に進むと、システムが準備されていることを前提としています。つまり、一連の手順を完了し、最終的に実行したことを意味します。  chroot / rescue 簡単な例として、CentOS 7.2でカーネルをバージョンアップした後で、起動しないシナリオがあるとします。  3.10.0-327.36.1.el7.x86_64 次のコマンドを実行することで、インストール済みのカーネルをすばやく確認できます。  cd / rescue / boot / grub2 /  grep -i linux16 grub.cfg 出力は次のようになります。  linux16 / boot / vmlinuz-3.10.0-327.36.1.el7.x86_64 root = UUID = 3b5d406c-7fa6-458f-815c-9684bb9fe148 roコンソール= tty1コンソール= ttyS0,115200n8 earlyprintk = ttyS0,115200 rootdelay = 300 net.ifnames = 0 LANG = en_US.UTF-8  linux16 / boot / vmlinuz-3.10.0-327.18.2.el7.x86_64 root = UUID = 3b5d406c-7fa6-458f-815c-9684bb9fe148…

0

Azure Linux Extensions:Linux用カスタムスクリプト

あなたはおそらく、Azureで利用可能ないくつかの拡張を見てきました。それらのいくつかはここにリストされ/文書化されています:  Azure Linux拡張機能 この記事では、「Linux用カスタムスクリプト」拡張機能で使用できるいくつかの例について説明します。 この拡張機能は基本的にLinux VM内でスクリプトを実行できるようにするため、Linuxエージェント(WAAGENT)が正常に機能している限り問題なくこの拡張機能を使用できるはずです。 この拡張機能はポータルから実行できます。そのため、Azure Resource Manager(ARM)VMでは、次の項目をクリックしてアクセスできます。 VM名>拡張機能>追加>「Linux用カスタムスクリプト」を選択>作成 その後、実行したいスクリプトをアップロードし、 “Command”行を適切なものに変更してそのファイルを実行するだけでよいので、この場合はadduser.shというbashスクリプトを作成していますコマンドラインは次のスクリーンショットのようにbash adduser.shに変更されます: [ OK]をクリックすると、Linux VM内でスクリプトのデプロイと実行が開始されます。 ほとんどの場合、Linuxのシェルスクリプトに精通している必要があります。また、スクリプトを実行する前に広範にテストすることを強くお勧めします。プロンプトや質問を処理するスクリプトを作成することに留意してください。それが実行されている間にアクセスします。 いくつかの簡単な例として、これらの問題のいずれかに対処したいとします。  1)VMへのアクセスをブロックしているUbuntu Linux VM上でUFWファイアウォールを無効にする  2)特定のVMにログインすることを許可していないSSHホスト鍵に対する誤った許可を修正する  3)ポータルを使用しているときにVMに新しいアカウントを手動で追加することが何らかの理由で正しく機能しない 1)Ubuntu Linux VM上でUFWファイアウォールを無効にする “disableufw.sh”と呼ばれる空のテキストファイルを作成し、次の行を追加します。 #!/ bin / bash  ufwを無効にする  ロガー “カスタムスクリプトによって無効にされたufw” このスクリプトは基本的にufw disableコマンドを実行し、Ubuntuファイアウォールを無効にし、loggerコマンドを使用してシステムログに “ufwがカスタムスクリプトによって無効になっている”というメッセージを記録します。 2)SSHホスト鍵ファイルの誤った許可を修正する 空のテキストファイル “fixsshkeys.sh”を作成し、次の行を追加します。 #!/ bin / bash  chmod 640 / etc / ssh / ssh_host_ecdsa_key ssh_host_ed25519_key  chmod 644 /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key.pub…

0

AzureでLinux osDiskパーティションのサイズを変更する

Azure上のほとんどのLinuxイメージは、デフォルトでosDiskのサイズが30GBになります。これは、サイズを変更して前方に移動したい場合があります。 パーティションのサイズを変更する作業はAzureではとても簡単です。次の手順で行うことができます。 a)ポータルまたはAzure CLI / PowerShell上のVMの停止と割り当て解除。 b)ポータル上のディスクを編集し、サイズを希望の値に設定する。 c)Linux OS内のパーティション情報を更新します。これはパーティションや配布によって多少異なりますが、基本的にはルートパーティションを削除して再作成するという概念は非常に似ています。 注:手順の前にVHDのバックアップを作成することを強くお勧めします。http: //storageexplorer.comまたはAZCopyを使用すると、VMの割り当てが解除されます。 必要なパーティション変更を行う手順は、ディストリビューションごとに以下に記載されており、特定のリリースでテストされています。 Red Hat 7.3 / CentOS 7.3およびOracle 7.3の場合: 1)SSHを使用してVMにログインすると、以下を使用してディスクのサイズを確認できます。  sudo dmesg | grep -i sda 次のような出力が表示されるはずです(ディスクのポータルでサイズを100GBに変更したと仮定します)。  [3.100914] sd 2:0:0:0:[sda] 209715200 512バイトの論理ブロック:(107 GB / 100 GiB )  2)パーティションのサイズ変更を続行するには、以下を使用します。  sudo fdisk / dev / sda タイプ: p  これは基本的にパーティション1とパーティション2である/ dev / sda1と/ dev / sda2の両方のパーティションを表示します 次のように入力します。d = 2 (パーティション2を削除する)  次のように入力します。nとp 、 2 (パーティション2を再作成する場合)デフォルト値  次のように入力します。w (新しいパーティションを保存する)  次のように入力します。q (fdiskを終了する)  sudo reboot (パーティションを更新するようにVMをリブートする)…

0

Azure上のLinux VMにSWAPを追加する

Azureのすべての仮想マシン(VM)には、 一時的な記憶域としてのみ使用されることが推奨され、再起動または保存時に利用可能でなくてもよいSWAPファイルやデータが含まれている一時的な(短命の)このドライブに保存されているデータは失われます。 ResourceDisk.MountPoint パラメーターで 定義されているディレクトリーにスワップ・ファイルを作成するに は、以下の3つのパラメーターを設定して /etc/waagent.conf ファイルを 更新し ます。 ResourceDisk.Format = y  ResourceDisk.EnableSwap = y  ResourceDisk.SwapSizeMB = xx サイズがMBの場合、たとえば、4GBのスワップファイルを作成するには、次の行を使用します。 ResourceDisk.Format = y  ResourceDisk.EnableSwap = y  ResourceDisk.SwapSizeMB = 4096 WAAgentを使用してSWAPファイルを作成する前に、一時的なディスクの空き容量を確認することをお勧めします。 このリンクをクリックすると、VMの各カテゴリで使用可能なローカルSSDまたはローカルHDDストレージが表示されます。 参考文献: Linux Azure仮想マシンにスワップファイルを追加する方法 AzureでLinux VMを最適化する

0