[TIPS] DaRT を活用したリモート保守環境の構築手法

  みなさん、こんにちは。 今回は、先日の記事でも取り上げました、Diagnostics and Recovery Toolset (DaRT) 7.0 の新機能 「Remote Connect」の活用方法について紹介したいと思います。 Remote Connect については下記の記事で紹介させていただきました。ぜひ併せてご覧ください。http://blogs.technet.com/b/infrajp/archive/2011/09/26/diagnostics-and-recovery-toolset-dart-7-0.aspx DaRTのさまざま機能をリモートから操作できる Remote Connect はとても便利な機能ですが、デフォルトの状態では、リモートからのサポート開始まで、ユーザー側で操作を行っていただく必要がありました。実は、DaRT をカスタマイズすることで、リモートからのサポートを実施する場合のユーザー側の操作を自動化することが可能になります。本記事では、カスタマイズの手法をお伝えしたいと思います。 デフォルトのDaRT で起動すると、ユーザーはリモートでのサポートを要求するまでには、以下の様に操作を行う必要があります。 1. DaRT Recovery Imageのメディアから起動2. ネットワークデバイスの認識 とHDDのマッピング   3. キーボードマップの選択 4.  (BitLockerで暗号化されている場合) リカバリ情報の入力  5. 回復対象のOSの選択 6. WinREのメインウィンドウ から DaRTのメニューを選択 7. Remote Connection を起動 8. Remote Connect の情報をサポートデスクに連絡し、サポートから支援が開始されます。  先ほど書かせていただいた通り、ここまで手順はすべてユーザーが操作する必要があるのでBitLockerのキーの入力など、できれば操作させたくない項目があったりします。今回紹介する方法でカスタマイズすると、この流れが以下のようになります。 1. DaRT Recovery Imageのメディアから起動2. ネットワークデバイスの認識 → 自動的にRemote Connectが起動 前述のフローにおける、キーボードマップ選択以下の手順がサポート側からの操作で対応できるようになります。 また、コンピューターの修復オプションにDaRTを組み込んでいただいていれば、最初のDaRT…

0

よくある7つの質問 Windows Thin PC 編

本ブログをご愛読の皆様、いつも有難うございます。 今回のテーマであるWindows Thin PC はマイクロソフトが提供するシンクライアントの新たな選択肢であり、書き込みフィルターというハードディスク上にデータを残さない仕組みを実装するEmbedded ベースの シンクライアントOS です。※以前本ブログでご紹介させて頂いた内容はこちらからご確認ください。  http://blogs.technet.com/b/infrajp/archive/2011/08/15/windows-thin-pc.aspx 最近はVDI ニーズの高まりもあり Windows Thin PC をご紹介させて頂く機会も少しづつ増えてきています。そこで、今回は Windows Thin PC の評価をこれから開始されるお客様や評価を実施中のお客様からよく頂く 7 つのご質問とその回答をご紹介したいと思います。 質問1:日本語版の Windows Thin PC は提供されますか?回答1:残念ながら、日本語版の Windows Thin PC は提供されておりません。ただし、日本語キーボードや IME の利用は可能です。 質問2:Windows Thin PC の評価版は提供されますか?回答2:はい、提供されます。以下 URL より評価版を入手頂けます。 ・WindowsThin PC 90日間評価版 (英語のみ)http://download.microsoft.com/download/C/D/7/CD789C98-6C1A-43D6-87E9-F7FDE3806950/ThinPC_110415_EVAL_x86fre.iso  質問3:日本語のドキュメントは提供されますか?回答3:はい、提供されます。以下 URL より入手頂けます。 ・WindowsThin PC 概要ホワイト ペーパー http://download.microsoft.com/download/3/D/B/3DB01787-5C72-4D3E-8675-B2511D97D7DB/Windows_ThinPC_Whitepaper_v1_0_JP.pdf ・クイック スタート ガイド http://download.microsoft.com/download/3/D/B/3DB01787-5C72-4D3E-8675-B2511D97D7DB/Windows_ThinPC_QuickStartGuide_v1_0_JP.pdf ・基本展開ガイド http://download.microsoft.com/download/3/D/B/3DB01787-5C72-4D3E-8675-B2511D97D7DB/Windows_ThinPC_BasicDeploymentGuide_v1_0_JP.pdf ・書き込みフィルター ホワイトペーパー http://download.microsoft.com/download/3/D/B/3DB01787-5C72-4D3E-8675-B2511D97D7DB/Windows_ThinPC_WriteFilter_technical_documentation_pack_JP.zip…

0

SCCM 2012 新機能その1 : マルウェア対策ソフトとの統合 (System Center 2012 Endpoint Protection)

みなさん、こんにちは 前回に引き続き、System Center 2012 Configuration Manager RCのアップデート情報をお知らせします。 今回は個別の機能に焦点を当てて、機能強化点についてお知らせしていこうと思います。第一弾はマルウェア対策ソフトとの機能統合についてです。 現バージョンのSCCM 2007 では、機能追加を実施することにより Forefront Client Security (FCS) や Forefront Endpoint Protection (FEP) といった製品との連携を行い、クライアント PC やサーバーのセキュリティ対策を行うことができるようになっています。 SCCM 2012 ではマルウェア対策ソフトの機能を含んだ形で開発がされておりますので、従来以上に機能統合が進み、連携が強化されました! 本日は、そのなかから一部の機能強化点をピックアップしてお伝えします。   1.   Forefront から System Center ブランドに! Forefront Endpoint Protection 2010 は System Center 2012 Endpoint Protection (SCEP) と Forefront から System Center ブランドに変更となりました。単にロゴや名称を変更しただけではなく、マルウェア対策ソフトとしての性能も大幅に向上していますし、なによりも Configuration Manager との連携がさらに強化されています。 SCCM…

0

[新製品] System Center 2012 Configuration Manager アップデート情報!

今回は System Center 2012 Configuration Manager のアップデート情報をお知らせいたします。(現時点ではRCまでの情報となり、将来リリースされる製品では変更される可能性があります。) 今回の紹介ではシステム要件やサポートされるOSなどを中心にご紹介します。System Center 2012 Configuration Manager の新機能や2007との差分情報については今後のブログでご紹介していく予定です。 まず最初に、System Center 2012 Configuration Manager RC がリリースされましたのでご紹介します。以下のサイトよりダウンロードして、ご評価頂くことが可能です。 ■System Center 2012 Configuration Manager RC のシステム要件[TechNet] Supported Configurations for Configuration Manager   SCCM2012 では SCCM2007 よりもスケーラビリティの点で大幅に強化されています。例えば、SCCM サイト階層全体のクライアントの数は、200,000台から最大400,000台と倍増し、グローバルでの管理といった大規模環境にも対応することが可能です。 ■System Center 2012 Configuration Manager のスケーラビリティの強化[TechNet] Site and Site System Role Scalability   サイトシステム クライアント、およびサイト数 セントラル管理サイト 25台までのプライマリサイトをサポート…

0

Mouse without Borders でマウスとキーボード操作を1か所から

今回は趣向を変えて最近公開されたツールのご紹介です。 IT管理者の皆様の中には複数のPCを同時に利用することが多いと思います。 例えばこんな感じです。 (Windows Phone 携帯は本件とは関係ありません)   このように3台並べると、キーボードも3つ必要です。 リモートデスクトップを使えば、キーボードは1つで済みますがディスプレイも1つになってしまいます。 それぞれのPCのディスプレイに処理を表示しつつ、キーボードとマウスを1つのPCからリモコンのように操るためのツールが、今回ご紹介するMouse without Bordersです。 以下からダウンロード可能です。 Microsoft download from The Garage: Mouse without Borders https://blogs.technet.com/b/next/archive/2011/09/09/microsoft-garage-download-mouse-without-borders.aspx このツールはマイクロソフトの The Garage というプロジェクトの成果物ですが、ツール自体は3年ほど前からあり、私もずっと使っていました。 当時はMagic Mouseという名前でしたが、外部公開するにあたり、すでにある製品名とバッティングしないよう名前を変更したのでしょう。 このツールを使うと、どのPCからでも、全てのPCのキーボードを操作できます。 こんなイメージです。 マウスを動かすと、どのPCへもマウスポインタが移動します。 その際にファイルをつかんでドラッグ&ドロップするとPC間でファイルをコピーする事ができます。 クリップボードが共有されていますので、あるPCでコピーした文字列をクリップボード経由で、別のPCにペーストすることもできます。 例えば、こんな用途ではとても便利です。 ・複数のPCを扱う必要があるが、キーボード入力は1カ所で行いたい。(キーボードのホームポジションを移動させたくない) ・サーバーの運用手順書を作成中で、サーバーの画面ショットを別のパソコンのWordへ貼り付けたい。 ・ファイルサーバーのような共有ストレージが無い環境で、小さなファイルを複数PC間でコピーしたい。 などなど セットアップは簡単で、2台以上のPCでツールをインストールした後、相手のコンピュータ名と表示されるSecurity Codeを入力するだけです。 このSecurity Code が合わないと接続できません。 PC間ではTCP/IPによるネットワーク接続が必要ですのでご注意ください。環境によってはパソコン側のファイヤウォールによってうまく接続できない場合があります。 秀逸なのは、一旦ロックされたPCもリモートのキーボードからログオンできる機能です。私も同様なツールを数々試してみましたが、これができるのはこのMouse without Borders だけだと思います。 複数のディスプレイに状況を表示させつつ、1台のPCから複数のPCを操りたいIT管理者の皆様にはお勧めのツールです。     P.S. マイクロソフトのクラウド版 Windows 管理サービスである…

0

VDI 最新セミナーのご紹介

みなさん、こんにちは。セキュリティー対策やBCP、在宅勤務といった観点から、VDI ソリューションが注目されているのはご存知かと思います。しかしながら、VDI は様々なテクノロジーの要素が組み合わさっており、それぞれの組織に合わせた「最善のVDI」を選択することは大変なことです。 来る11月1日に、マイクロソフト品川オフィスにて、「ユニアデックス株式会社」「シスコシステムズ合同会社」「シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社」「日本マイクロソフト株式会社」の4社がタッグを組んで、VDI ソリューションの最新セミナーをお届けします。 このセミナーでは、VDI を実現するために知っておくべきポイントとして、コアとなるVDI テクノロジー、運用管理、VDI 環境を支えるプラットフォームなど、「最善のVDI」を選択するために必要な要素を凝縮してお伝えいたします。 VDI ソリューションにご興味のある方、導入を検討されている方、必見のセミナーです。 開催日時 2011年11月1日(火) 13:30~17:30 (13:00会場・受付開始) 主催 ユニアデックス株式会社 共催 シスコシステムズ合同会社シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社日本マイクロソフト株式会社 会場 日本マイクロソフト株式会社 品川セミナールーム 〒108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー 参加費 無料(事前登録制) 詳細は以下のURLをご参照くださいhttp://www.uniadex.co.jp/event/2011/event_20111101_361.html

0

Windows が実現する Flexible Workstyle

みなさん、こんにちは 今回は、Windows を中心としたマイクロソフトのインフラ製品及び、Microsoft Office を中心としたアプリケーション製品が実現する「Flexible Workstyle」 について、触れてみたいと思います。 Flexible Workstyle は、いつでもどこからでも、様々なデバイスうを使って、組織内の情報にアクセスするというエンドユーザーの利便性向上とそれらデバイスや、ITインフラを統合的に管理し、高いセキィリティを維持した状態で運用するというIT部門での管理性の両立を目指したソリューションになります。 Windows 7 がインストールされた PC や Slate 型端末、 Windows Phone 7 のスマートフォンなど、エンドユーザーが利用可能なデバイスの選択肢が増え、それらの端末上で動作するOffice 製品、インフォメーションワーカー向け製品が進化してきています。そんな中、これらの端末を適材適所で利用することで業務の生産性向上が図れることは、皆様も感じられているところかと思います。一方でデバイスの多様化によって、管理面やセキュリティ面の懸念が増加しているのも事実です。マイクロソフトでは、Windows をベースとした様々なデバイスおよび、それらのデバイス上で動作するアプリケーションを提供するだけでなく、そららデバイスを管理し、安全に利用させるらめのITインフラを提供しています。具体的には、System Center 製品群を中心としたマネージメント製品や、Windows Server で実現する仮想デスクトップ環境、また、クラウドからの端末管理を行うWindows Intune などの製品が挙げられます。 日本マイクロソフトでは、2011年の社屋移転を機に、従業員の作業環境の整備を行い、新しいワークスタイルを実現しています。今回 Flexible Workstyle を紹介するページの第一弾として、日本マイクロソフトで実現した環境をご紹介し、その環境の基盤となる Windows 7 への移行に関して説明したページが公開されています。 Windows 7 で実現する Flexible Workstyle 〜 Windows XP ユーザー必見! Windows 7 の魅力と移行方法をまとめて解説〜http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/hh428137 こちらのページでは、日本マイクロソフトの事例として、「社内PCを社外から」、「自分のデバイスから」、「スマートフォンから」 という環境を紹介しています。ページを見ていただくことで、私たちがどんな環境で仕事をしているのか感じていただけると思います。 今後も、Flexible Workstyle のソリューションを紹介するページや、ソリューション紹介ビデオの公開、大規模組織向けのWindows 7 移行に関する説明ページの公開などを予定していますので、ぜひ、アンテナを張っておいていただければと思います。…

0

Diagnostics and Recovery Toolset (DaRT) 7.0 の紹介

Windows インフラチーム ブログを訪問いただいた皆様、こんにちは。 今回は Microsoft Desktop Optimization Pack (MDOP) に収録されているツールの一つであるDiagnostics and Recovery Toolset (DaRT) を取り上げたいと思います。先日の投稿でも取り上げた通り、Microsoft Desktop Optimization Pack (MDOP) 2011R2 が8 月にリリースされました。それに合わせ収録されている Diagnostics and Recovery Toolset (DaRT) も Version 7.0 にバージョンアップされ、機能強化が図られています。 おさらい:DaRTって何? DaRT は、PC のトラブルを迅速に解決するためツール群を指します。下記のような機能が搭載されています。 ツール名 機能 Locksmith ローカルユーザーのパスワードリセット Crash Analyzer OS の不正終了の原因調査 File Restore 誤って削除したファイルの復活 Disk Commander ハードディスクの障害を調査・修正 Disk Wipe ハードディスクの完全初期化 Solution Wizard 対話式で障害対応を支援するウィザードツール…

0

企業向けクライアント PCのバックアップ ソリューションのご紹介

今回は、企業におけるクライアント バックアップの話題です。 IT Pro の皆さんは、サーバーのバックアップ製品や OS 標準のバックアップなどを利用して、日々バックアップ業務をされているかと思います。 一方、企業に存在するクライアントのバックアップは、様々な要因から、あまり普及していないのが現実ではないでしょうか。 企業のクライアントは現在、Windows XP、Vista から 7 へ移行中または移行を検討されているお客様が大変多く、この機会にクライアントのバックアップもご検討されてみてはいかがでしょうか? 大事なファイルは、ファイルサーバーやグループウェアに保存、共有されていて、それらのファイルは、管理者がバックアップしていることが多いのですが、作業途中など、意外と大事なファイルが特定のクライアントにしか存在しない、なんてことも多いのではないでしょうか? クライアントのバックアップを阻む原因は、いくつか考えられますが、例えば、以下のような理由が考えられます。 クライアント台数が多く、クライアントの HDD の容量も日々増大する中、クライアントのバックアップをするだけのストレージを用意するのが大変。 仮にストレージが用意できても、クライアントとサーバーのネットワーク帯域が心配。 クライアントバックアップソフトウェアの価格と導入効果のバランス。 Active Directory とフォルダー リダイレクトの組み合わせでは、管理者指定のフォルダーしかバックアップが取れない、かつ、帯域の設計も面倒。 HDD の暗号化を導入していても、ユーザー自身がローカルの管理者権限を持っている場合、バックアップを暗号化せずに、ポータブル HDD などにユーザー自身がバックアップし、バックアップファイルから情報漏えいする危険性。              今回ご紹介する、System Center Data Protection Manager 2010 (DPM) を利用した、クライアント バックアップ ソリューションは、上記の問題点を解消しつつ、IT Pro のユーザーからのリストア要求の負荷も減らせます。すでにマイクロソフト社内では、展開が開始されており、DPM を使ったクライアント バックアップにより、従来マイクロソフト社内で展開していた、フォルダー リダイレクトよりもより柔軟なクライアント PC 上のデータの保護とコストの削減に成功しています。   DPM を使ったクライアント バックアップ ソリューションの全体像  DPM によるクライアント PC…

0

The Microsoft Conference 2011 開催! (2011年9月28日-29日)

皆さん、こんにちは。 今年も The Microsoft Conference 2011 がやってきます!MSC 2011 は、マイクロソフトの最新のテクノロジ、製品、サービスをご紹介する ” 年に 1 度の最大規模のコンファレンス” です。イベント会場では、お客様の企業の進化、変革、成長をご支援すると共に、参加いただく皆様個人にとっても、価値ある技術情報をお届けし、スキルアップにつながるよう Vision Keynote、32 以上のブレイクアウト セッション、ソリューションショーケース、最新デバイス体験コーナーなどさまざまなプログラムをご用意しております。 http://www.microsoft.com/japan/events/msc/2011/default.aspx   特に、今年は「クラウド」「デバイス」「ソリューション」にフォーカスをあて、エンタープライズソリューションと共に近年急速に発展したコンシューマー テクノロジを企業向けのソリューションとして昇華させたマイクロソフトの総合力を体感いただく機会を多数ご用意いたします。 Core Infra な我々のチームメンバーは、Windows Intune、System Center によるモバイル デバイスの管理、認証基盤と ID 管理、Hyper-V Cloudといった「パブリック クラウド」と「プライベート クラウド」を融合させる非常に重要なセッションを担当させていただく予定です。是非、皆さんのご参加をお待ちしております!   The Microsoft Conference 2011 開催概要 【日 程】2011年9月28日(水)~29日 (木) 10:00~18:30(9:00~ 受付) 【会 場】グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール 住所:〒108-8612 東京都港区高輪 3-13-1 【主 催】日本マイクロソフト株式会社 【参加費】無料(事前登録制) 【対 象】IT 担当者、IT エンジニア、開発者、事業企画担当者の方々 【詳細/お申込サイト】http://www.microsoft.com/japan/events/msc/2011/default.aspx  …

0