【☆ミ】 2009年ももうすぐ終わり、2010年はどんな年?

私ごとながら今回の年末年始は実家に帰っております。 昨年 お餅を食べずにそのまま 2009 年を過ごしてしまったので今年はちゃんと正月をしたかったんです。 そこで久しぶりに紅白も見ています。 元々ファンですが、絢香さんの歌に感動しました。私も絢香さんにエールを送りたいです。本当にまた帰ってきて欲しい。 皆さんにとって2009年はどんな年でしたか? 私は本厄でしたし、とにかくおとなしくしてようと元旦に思ったんです。それでも今 所属している会社にいるとまあ色々と起こるし、実際には色々な出来事があったのですが、なんとか年末を無事に迎えることができました。皆さんにとってもいい年だったらよかったけどなぁと思っています。 2009年が良かった人もいろいろとあって大変だった人も、2010年はよい年になることを祈念しております。 皆様、本当に2009年は大変お世話になりました。m(_ _)m 2010年も何卒 よろしくお願い申し上げます。

0

【IIS7】 マニアックスの超人たちがお届けする Windows Maniax

インストールマニアックスというコンテストは第一回から凄い方たちが技を繰り広げるとてもレベルの高いものになっていましたが、第二回を経て 今 仮想化も含めた形で 第3回が行われているところです。 この度、過去2回の優秀賞獲得者のみなさんがその技を共有してくれる素敵なサイトを作ってくれたのです。 それが Windows Maniax サイトです。 http://www.windows-maniax.com 上位の人たちは100以上のアプリケーションをコンテストで1台の上で動かしてきた実績を持った方々で、実はデータベースにもかなり詳しい人たちが参加されていましたのでマニアックスそのもので役に立つ情報も多いものの、たぶん 普段使いでかなり役に立つ情報が目立ちます。 このサイトもぜひフル活用してください。このサイト自身 PHP on IIS をホスティング環境で構築したものになっていますので多分 サイト運用のノウハウもちらほらと書いてくれると思います。

0

【IIS7】 TechNet IIS TechCenter 増強 第二弾

今 インストールマニアックス 大炸裂中だと思いますが、IIS関連情報を集めた TechNet の IIS TechCenter の増強第二段階が行われたので報告しておきます。マニアックスから IIS7 を触っている方もいらっしゃると思うので再度振り返りも含めて背景も書きます。 ○ IIS7 の技術情報本家は IIS.NET 米国の IIS7 を開発したチームが強力に推進している Web サイトが http://iis.net になります。ここは無論 英語なわけですが、とにかく多くの情報、ブログ、フォーラムなどいっぱい詰まった情報サイトです。 ○ 日本で IIS.NET の情報を展開したい この思いをずっと持っていたのですが、幸運にもここのところ予算にも後ろ支えされる形で、TechNet というマイクロソフトの開発系ではなく、インフラ系の情報を提供している技術情報サイトで http://learn.iis.net の情報を翻訳して配置する合意がとれ、順次翻訳を行っています。TechNet ではテーマに即したポータルを作る設計になっており、それぞれのポータルは TechCenter (テックセンター)と呼んでいます。なので、IIS TechCenter というのができたわけです。ちなみに開発系の MSDN では同様に デベロッパーセンター というのをいくつも作っています。 TechNet のサイトマップは下記の通りです。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/bb421517.aspx ○ PHP on IIS サイトも統合 とにかく IIS7 に触る人は同じところへ行けば情報がある、そんな状況にしたかったんです。社内の合意もとれ、そんな方向で進んでいきました。なので、今 IIS7 のマイクロソフトが発信している日本語情報を見たければ、、、 製品サイト: http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/technologies/internet-information-services.mspx 技術情報=IIS…

0

【IIS7】 XOOPS 好きな人への X’mas プレゼント、間に合いました!

今日 Web Platform Installer を開いた方は日本語表示のアプリケーションが一つ増えているのに気付いたと思います。WordPress に続き、XOOPS Cube が登録されましたので Windows 環境で使われる方はぜひ Web PI をご利用ください。 くどいですが、Web PI は無償です! PHP カンファレンスで開催された私のセッションの後に 株式会社 RYUS の橋口さんにお声掛けいただいたところから始まり、今回のこの Web PI 対応が実現しました。実際には今回の件も /web を担当している鈴木が積極的に動いていました。 Web Application Gallery でもこの通り。 オープンソースカンファレンスなど色々なところで色々なことをお話しさせていただきましたけど、こういう風にその話が結実するのって気持ちいいですね。!(^^)!  他のアプリケーションの対応もどんどん進むことを期待していますので興味がおありの方はお声掛けください。 来年 ひと段落したところで対応するための ステップ バイ ステップ 的なホワイトペーパーでもかけるといいんですが、現在は IIS TechCenter に IIS.NET にあるこの辺の記事を翻訳、公開する作業を進めています。Microsoft Web Platform 以下はまだこの図のような状況ですが、これから充実していきます。 ※英語でもよろしければ下記をご覧ください。 Microsoft Web Platform http://learn.iis.net/page.aspx/520/microsoft-web-platform/ さあ 2009 年の終了ももうカウントダウンですね。(*^_^*)

0

【AppFabric】組織内 IIS7 の視点からもこれから大事なエリア

さあこのブログにも新しいタグを追加しました。米国で行われた PDC(Professional Developers Conference)で発表された ”AppFabric” ですが、Windows Server 用と Windows Azure platform 用が登場しました。 Windows Server 用のものはある意味 .NETのサービスあるいはアプリケーションをホストするサーバーアプリケーション環境としてより便利で、よりよく、確実に 運用するための各種機能を備えています。”AppFabric” という言葉が Azure のコンテキストで語られることが ”Fabric” というのが言葉に挟まっていることにより、多いし、そう思われているかもしれません。でもこの Windows Server AppFabric はむしろ昔やっていた私からすると「クラウドを見据えた .NET 時代の Application Center(AppCenter)強化版」みたいに感じています。もちろん AppCenter がそのまま .NET モードになったと誤解はしないで欲しいですが、インフラ視点でこの製品あるいはサーバー役割を見るとそう見えます。開発者の視点からは「楽になる」「何が起こっているかわかりやすくなる」「パフォーマンスチューニングしやすくなる」そう言った効果が望めるのかなぁと思います。これでわかるかもしれませんが、主要な今 見えている機能は ”Dublin” と ”Velocity” が組み合わさってできた製品だといえると思います。今 Beta レベルなので今後の展開を見定めていく必要があります。 一方で Windows Azure platform AppFabric はよりクラウドと組織内(オンプレミス)のリソースを緊密に連携させ、組織内で抱えるリソースを台数でカバーするために自前で(アウトソースしている場合も含め)増強するのではなく、うまく Azure のリソースを使っていこうというものになるので似てはいますが、役割はかなり違うものになります。 さて、(私がフォーカスしようと思っている)Windows Server AppFabric に話を戻すと今はまだ英語情報のみで下記のサイトで情報が公開されています。 http://www.microsoft.com/windowsserver2008/en/us/app-main.aspx ここで現在…

0

【IIS7】 TechNet IIS TechCenter 増強 第一弾

拡張機能ダウンロードページ http://technet.microsoft.com/ja-jp/iis/dd742256.aspx あれ?前からこうじゃなかったっけ? Application Warm-Up は確かに前には無かったよなぁ じゃなくて。。。 このページからのリンク先が全部(ほぼ)日本語になりました。 それから日本語の拡張機能(Extension)のリンクがあまりにもわかりにくいところに本家で置かれてしまっているので、今回翻訳した各ページの右上のダウンロードはきちんと日本語のものがあるものに関しては日本語のモジュールにリンクするようにしてますので、こちらの日本語ページを使っていただくと迷ったり、間違って英語版を落としてしまったりしないで済むと思います。 これがまず第一弾です。どんどん本番環境に上がってくるのでお楽しみに。(^-^) もういっそのことIIS.NETの本家から日本語の各ページにリンクしてくれないかなぁ ということで色々なところで鋭意努力中。。。((+_+))

0

【仮想】 Hyper-V Serverを使ったこんな環境を作りたい(付録.c)

テーマ: Windows PowerShell で Hyper-V 環境を管理してみる まず、WMI で管理を行えるようになっていることが大前提としてあるので、WMI が得意な人は WMI を直接たたく様々な方法で管理を自在に行えるはずです。ここではそういう方法論ではなく、それを利用して James O’Neill 氏が用意した PowerShell のコマンド群を利用する方法を紹介しておきます。 ※James O’Neill 氏は英国のIT Proエバンジェリスト(高添、安納、田辺、私と同じ職種)で、何度もレドモンドで会ってますが、本当にパワフルな人です。(^-^) 入手方法ですが、CodePlex にコードをあげています。Microsoft Public License (Ms-PL) での提供です。 http://www.codeplex.com/PSHyperv まあ色々な機能を実装したこと。James やっぱりすごいなぁ。。。 事前に Export しておいて Import-VM が簡単そうですね。まあ New-VM から VHD だけコピーしておいたのを紐づけて新しく作るという方法でもできるのかな?! あとは Hyper-V Server で動くかが焦点というところ。 ネットワークも初期状態か。。。 <ネットワーク設定手順> では 付録.b のサンプル手順② の手順 5 と 7 の流れで行くとして、Import-VM でやってみよう。 Windows PowerShell…

0

【WS2008】 おすすめ!オンラインイベント – Win7, R2, Ex2010

今のご時世、なかなかイベントやセミナーをバブル時期のようにばんばんやっている状況ではなくなってきています。一方でより多くの方に最新の情報にふれていただきたい、それはどの企業様でも同じだと思います。マイクロソフトも同じでして、最新テクノロジーを生かしてできるだけ効率的に、お客様の時間を多く拘束することなく、ご都合に合わせて情報収集ができることを目指して色々なことをやっています。ちょうど Live Meeting の効用なんていう投稿もしましたが、大型イベント系にもこの波はやってきています。 ここでとってもお薦めなサイトのご紹介をさせていただきます。 オンライン イベント – 仮想ブース http://www.microsoft.com/japan/business/efficiency/default.mspx ※本サイトは Silverlight のプレイヤーを使用しています。 このサイトで多くの基調講演や技術セッションのビデオを見れるようになっています。 ぜひマイクロソフトのテクノロジーをマクロ的な視点で見ていただきたいので 基調講演 は特に必見だと思います。ここのところ行われた多くのイベントがここから視聴可能です。 Microsoft Executive Forum – スティーブバルマー来日公演(同時通訳版) IT pro EXPO 特別講演 – マイクロソフトの新世代プラットフォーム Windows Server World Conference & Microsoft Management Summit 基調講演 効率と効果の新方程式 – マイクロソフト CEO スティーブ バルマー からのメッセージ 今後もどんどん増えると思います。 あとは今日時点では Windows 7 関連ビデオが 12個、Windows Server+System Center系が 23個、Exchange系が6個 だと思うんですが、あります。ここのサイトは本当に製品マーケティングチームが力を入れて 「効率と効果の新方程式」というテーマで構築している今…

0

【TFセミナー】 Live Meeting の効果を考えてみる

最近 ライブ中継つきのセミナーをやることが増えてきました。まだまだその活用をいただけていないと思うので改めて書いてみようかなと思いました。TFセミナーについては 以下のサイトで詳細をご確認ください。 Tech Fielders セミナー http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx オープンソース系のコミュニティで実施しているセミナーではすごく学ぶべきことが多いです。歴史も長く なかなか 会場を借りるのも厳しいというような背景があると思いますし、技術的に活用できるものは貪欲に使っていくそんな姿勢を尊敬していますし、感銘をうけることも多いです。マイクロソフトのセミナーだって色々やれるだろうという視点でいつも田辺と色々と議論をしている中でライブ中継したいなぁという話がだいぶ前に当然でました。 社外で見るインフラの適用は Ustream が多くみられます。ライブ→そのまま公開 という流れが必然なのでそういう機能を持っているこの仕組みが多く使われているのだと思います。一方で マイクロソフトの大きなイベントで最近やっているライブ中継は Live Smooth Streaming(IIS+Extension+Silverlight)です。あの画質は会場における機材をフル活用しているので、映像機材はテレビに近いものですし、同時接続数はかなりのサイズを想定しているため、そういった構成(*)が必要になってきます。当然イベントのスクリーンに出すだけで相当映像機材を持ち込むのでそれを再活用しているのでそこにLive Smooth Streamingの仕掛けをプラグインするだけに近いためあの映像が実現できます。テレビと一緒であれについては画面切り替えを相当行っていて、飽きがこない映像を作り出しているのでそこまでやると一歩進んだライブ中継になります。 ※誤解があるといけないので書いておくと、カメラはHDカメラでできます。なのでマイクロソフトがイベントで使っているようなそんなにすごい機材の用意はいりませんが、ライブをする場合には同時接続数に応じたエンコーダーが必要になります。この辺は私のブログの Media タグか、大西のブログを見ていただければと思います。 TFセミナーでも毎回そういう機材を持ち込んでやるという点も考慮しましたが、当然コストとのマッチングがあります。ということで米国のエバンジェリストもフル活用している Live Meeting を使ってやってきています。 Office Live Meeting http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting/FX101729061041.aspx 単にセミナールームでセミナーをした場合と Live Meeting をした場合をちょっと比較してみます。 最初に思いつくのは当然物理的な制限の突破です。どこで Live Meeting を開催してもいいですし、参加する方もインターネットに繋げて、音声が再生できるクライアントがあれば参加できます。つまりは 東京以外の方にとっては今まで参加できなかったセミナーに参加できるようになります。また、参加申し込みを考えると、セミナールームだけの場合、当然申し込み人員のキャパシティがあるので満席ということがありえるのですが、100人クラスの会場での実施でもオンラインではもっと多くの人数に参加いただけることになります。簡単にたとえて言うと、「いいとも」の観客席にいるのがセミナー申し込みできた人で、テレビの前の視聴者が Live Meeting 利用者ということになります。本当に概念的にはテレビがお手本になります。(^-^) もう一つの効用として見えているのは時間の確保です。セミナーに参加するには当然物理的に移動する時間がかかります。また、私も IT 業界の人間として経験が何度もあるのですが、突発的にその日の予定が空いたときにセミナーの場合だったら満員で入れない、申し込んでいて予定が入ったらキャンセルをせざるを得ないという事態になります。でも Live Meeting の場合はオンラインでの参加申し込みは必要ですが、いきなり当日に参加を決めたとしても参加可能です。もちろんセミナーを受けるという行為はきちんと時間を確保しないとちゃんとやれないというタイプの人(私も結構そうです。)もいるとは思うので万能なわけではないです。でも可能性は多く広がります。 さらにこんなのもありました。事前に連絡をいただいて、会場・会議室で複数人で見ることをやってもいいかというものです。この時の回答はもちろん Yes でしたが、こういう使い方をしていただけると設備的には1つの接続なので何も変わらないのですが、きっと会議室で Discussion しながら聞いてもらえたんじゃないかと思います。我々からは何が起きたかはもちろんわからないんですが、QAの質があがるのでいい効果だなぁと思いました。日本では結構質問をしないことが美徳というか、なかなか会場の時間の都合でとか、質疑応答よりもきっちり講義をして欲しいというアンケート結果が出ることが多いです。米国のセミナーはまったく違います。講義の成功は如何に会場の人が疑問をクリアにして帰るか、それとともに本論がそれなりにきちんと終わることになっています。日本のは本当に学校の講義に近いですよね。オンラインからは会場で質問が出なくても結構質問が入りますし、今後も続けてほしいと思います。無論 会場でも「質問をするのは美徳です」から今後はできたら一つは質問をするつもりでいて欲しいなぁと個人的感想としては書いておきましょう。…

0