【仮想化】 ワークグループ環境の Hyper-V 環境をリモートから管理


日本語だと↓なエラーが出る件です。
「このタスクを完了するために必要なアクセス許可がありません。このコンピュータ ‘xxxxxxx’ の承認ポリシーの管理者に問い合わせてください。」

結構 多くやりそうですが、さくっとした手順が無いかなぁと思い、一番私が信頼しているのをここで参照しておきます。

John Howard さん(元エバンジェリストですな)のブログより

Part 1 がサーバー側の設定になっています。
Part 1 - Hyper-V Remote Management: You do not have the requested permission to complete this task. Contact the administrator of the authorization policy for the computer ‘COMPUTERNAME’
http://blogs.technet.com/jhoward/archive/2008/03/28/part-1-hyper-v-remote-management-you-do-not-have-the-requested-permission-to-complete-this-task-contact-the-administrator-of-the-authorization-policy-for-the-computer-computername.aspx

ここで大事だと強くJohnが書いているのは、「このタイミング(Part 2に行く前に)でサーバーを再起動!

Hyper-V が出た当初、BIOSの仮想化をオンにしても電源を一度切らないと有効にならないというものすごく問合せが多かった件(私もやりました)がありましたが、それと同じくらいこの手順で問合せがあったんでしょうね。

Part 2がリモート管理ツールを入れた側(例えば Vista)の設定になっています。
Part 2 - Hyper-V Remote Management: You do not have the requested permission to complete this task. Contact the administrator of the authorization policy for the computer ‘COMPUTERNAME’
http://blogs.technet.com/jhoward/archive/2008/03/28/part-2-hyper-v-remote-management-you-do-not-have-the-requested-permission-to-complete-this-task-contact-the-administrator-of-the-authorization-policy-for-the-computer-computername.aspx

今 家から会社のPCに接続して設定を色々やっていましたが、上記手順で無事接続完了!

image

Tech・Ed 終わったら自動化スクリプト頑張って作ってみよっと。手順長すぎ。(●^o^●)

Skip to main content