四半期ごとの Exchange の更新: 2016 年 6 月の更新プログラムをリリース

(この記事は 2016 年 6 月 21 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Released: June 2016 Quarterly Exchange Updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Exchange チームは、Exchange Server 2016 と Exchange Server 2013 の累積更新プログラムの最新版を公開しました。今回の更新プログラムには、お客様からご報告いただいた問題についての通常の修正に加えて、最新の機能も含まれています。Exchange Server 2016 の累積更新プログラム 2 と Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 13 は、Microsoft ダウンロード センターで入手可能です。 .Net 4.6.1 のサポート 今回の更新プログラムでは、Exchange Server 2016 および 2013 で .Net 4.6.1 がサポートされました。Exchange を削除しなくても、.Net 4.5.2…


System Center Operations Manager で Exchange Server 2016 を監視する

(この記事は 2016 年 6 月 13 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Monitoring Exchange Server 2016 with System Center Operations Manager の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Exchange Server 2016 の展開準備を進めているお客様から Exchange Server 2016 用 System Center Operations Manager (SCOM) (英語) Management Pack のリリース時期についてお問い合わせを頂いていますが、Exchange Server 2016 Management Pack をリリースする予定はありません。 この記事で、詳細についてご説明します。 「データセンターで得た教訓: 可用性管理 (英語)」の記事で説明したように、Exchange Server の監視方法が Exchange Server 2013 から大幅に変更されました。可用性管理機能の リリースにより…


Exchange Online でのアイテムの保持機能と削除された場合のアイテムの動き

こんにちは、Exchange サポートの小林です。 今回は、Exchange 2013 や Exchange Online にて、メールボックスに訴訟ホールド (またはインプレース保持) が有効になっている場合のアイテムの動きを追ってみたいと思います。 まず本題に入る前に、混乱しやすい “訴訟ホールド”、”インプレース保持”、”インプレース アーカイブ”、”ジャーナル” という機能について振り返ってみましょう。 訴訟ホールドメールボックス単位で有効にするアイテム保持の機能で、メールボックス内のすべてのデータを LitigationHoldDuration にて指定された期間保持します。Set-Mailbox コマンド (LitigationHoldEnabled) にて有効化します。 インプレース保持クエリ ベースの保持機能で、メールボックス内の一部のデータ (例: A 社から受信したメールだけなど) を ItemHoldDuration にて指定された期間保持します。Set-MailboxSearch コマンド (InPlaceHoldEnabled) にて有効化します。 インプレース アーカイブアーカイブ メールボックスにアイテムを保存できるようにする機能で、手動またはアイテム保持ポリシーによってアイテムをアーカイブ メールボックスに保存することが可能です。Enable-Mailbox コマンド (Archive パラメーターを指定) にて有効化することで、アーカイブ メールボックスが作成されます。(既定では存在しません。) ジャーナルExchange 組織を経由して送受信されたメッセージを含むジャーナル レポートを、任意のメールボックスに配信することで、その記録を保存することが可能です。一般的には Third-party 製のアーカイブ ソフトウェアに取り込むために、ジャーナル メールボックスに一時的に送受信されたメールを保存する目的で使用されます。New-JournalRule コマンドにてルールを作成する (プレミアム ジャーナル) か、オンプレミスであれば Set-MailboxDatabase コマンドを使用してデータベース毎に有効化することができます。 特に訴訟ホールドとインプレース保持の機能は似ているので、どちらを使えば良いか分からない場合には、以下のブログを参照いただければと思います。  …


Active Directory サイトを活用した Exchange 導入

(この記事は 2015 年 11 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Exchange Active Directory Deployment Site の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   新しい Exchange サーバーを導入するときは、考慮すべきことがいくつかあります。そのうちの 1 つが、現在サポートされている新しいバージョンの Exchange サーバーを稼動中の運用環境に導入するときに、Active Directory (AD) 展開のサイト設計オプションを活用すると作業がスムーズになるという点です。 クライアント アクセス サーバー ロールを持つ新しい Exchange サーバー、またはすべての Exchange 2016 サーバーを導入するときは必ず、セットアップ プロセスで Active Directory 内に新しいサービス接続ポイント (SCP) (英語) レコードが追加されます。内部ドメインに参加しているクライアントおよびアプリケーションが自動検出 (英語) サービスを見つけるためにSCP レコードを使用します。実際の環境の構成内容によっては、新しいサーバーを構成する前に、クライアントがこの新しい SCP レコードを参照し、そのサーバーに自動検出要求を直接送信し始める可能性があります。しかし、既定の自己署名証明書はクライアントから信頼されていないため、この新しいサーバーとやり取りするすべてのクライアントで、エンド ユーザーに証明書のエラーが表示されるようになります。この最良とは言えないエクスペリエンスは簡単に防ぐことができます。 クライアントがこの新しいサーバーに自動検出要求を直接送信するのを回避するために、皆様は既に、新しい SCP レコードの AutodiscoverServiceInternalUri 値を「空白のまま」にしているか、扱いやすく負荷分散される URL に設定しているかもしれません。この設定によって、クライアントは…


四半期ごとの Exchange の更新: 2016 年 3 月の更新プログラムをリリース

(この記事は 2016 年 3 月 15 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Released: March 2016 Quarterly Exchange Updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Exchange チームは、四半期ごとに提供している Exchange Server の更新プログラムの最新版を Microsoft ダウンロード センターで公開しました。今回リリースされたのは、Exchange Server 2016 で初となる累積更新プログラムと Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 12 です。また、Exchange Server 2007 および Exchange Server 2010 の更新プログラムのロールアップもリリースされ、OWA の S/MIME コントロールが SHA-2 証明書を使用して署名するように更新されました。以降のセクションでは、これらのリリースの詳細と主な更新内容をご紹介します。 OWA の S/MIME コントロールを更新 今回リリースされたすべてのパッケージで OWA の S/MIME…


Exchange 2013 CU12 および Exchange 2016 でのリモート PowerShell のプロキシ転送時の処理

(この記事は 2016 年 3 月 1 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Remote PowerShell Proxying Behavior in Exchange 2013 CU12 and Exchange 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Exchange 2013 CU11 では、リモート PowerShell (RPS) の動作が変更されました。 CU11 よりも前のバージョンの Exchange 2013 では、リモート PowerShell の要求をルーティングするとき、URL で指定された ExchClientVer よりも新しいバージョンのメールボックスを無作為に選択するか、または ExchClientVer が指定されていない場合は、クライアントが接続されている現在の CAS (クライアント アクセス サーバー) のバージョンを使用して実行していました。この動作は、「サーバー バージョンによるルーティング」と呼ばれます。 CU11 ではリモート PowerShell の要求のルーティング方法が変更され、アンカー設定されたメールボックスに送られるようになりました。通常、このアンカー設定されたメールボックスは、接続を試みているユーザーのメールボックスになります。接続を試みているユーザーのメールボックスが存在しない場合、要求は組織の調停メールボックスにルーティングされます。 この手法には下記のようなメリットがあります。 この手法では複数のバージョンが共存する場合の問題が解決され、操作を実行するメールボックスのバージョンに基づいて RPS が確実に実行されます。CU11…


Exchange 2013/2016 向けの ExMon ツールを公開

(この記事は 2016 年 2 月 16 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Exchange 2013 and 2016 Exmon tool is now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   マイクロソフトはこのたび、Exchange 2013/2016 向けの ExMon ツール (Microsoft Exchange Server ユーザー モニター) を公開しました。 https://aka.ms/exmon2013 (英語) [Download] ボタンを押すと、今回のバージョン向けに更新されたドキュメントを PDF 形式でダウンロードしていただくこともできます。 今回のリリースに向けて尽力してくれた Jeff Mealiffe と Nasir Ali に感謝します。 Nino Bilic   ※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 ※ ExMonツールはダウンロードページの注意書きにある通り、現状有姿で提供されます。またマイクロソフトのテクニカルサポートの対象外となります。 そのため、インストール時に表示される使用許諾書にご同意いただけない場合はご利用されないことをお勧めします。


Exchange 2013 のハイブリッド展開をご利用のお客様へ: 証明書の期限切れに関する重要なお知らせ

(この記事は 2016 年 2 月 19 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Important notice about certificate expiration for Exchange 2013 Hybrid customers の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   このブログ記事には、Exchange 2013 と Office 365 のハイブリッド展開を行っているお客様に影響する可能性がある重要な情報が記載されています。以下の情報を確認し、2016 年 4 月 15 日以前に対応してください。ただし、ハイブリッド構成ウィザードを最後に実行したときに Exchange 2010 を使用した場合は、この問題による影響はありません。 注: この情報は KB3145044 でも公開されていますが、今回改めて本Blogでも注意喚起を行います。 2016 年 4 月 15 日に、Office 365 の TLS 証明書が更新されます。この証明書は、Office 365 と外部の SMTP サーバーの間で TLS 暗号化を行うために…


.NET Framework 4.6.1 と Exchange の互換性について

(この記事は 2016 年 2 月 10 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 On .NET Framework 4.6.1 and Exchange compatibility の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   昨日、Windows Update における .NET Framework 4.6.1 の分類が「推奨される更新プログラム」に変更されました。 「Exchange Server のサポート一覧 (英語)」でもご紹介しているように、現時点では .NET Framework 4.6.1 は Exchange の “サポート対象外” であり、インストールした場合には特定の問題 (機械翻訳) が発生することが確認されています。 現在、.NET チームと協力して Exchange をご利用のお客様が .NET Framework 4.6.1 にスムーズに移行できるように作業を進めていますが、サポートが開始されるまでは、お客様の Exchange サーバーではこのバージョンの .NET 更新プログラムのインストールを保留してくださいますようお願いいたします (手順については、サポート技術情報「KB 3133990: .NET Framework…


Exchange 2013 環境におけるログの出力について

Exchange 2013 は以前のバージョンに比べ、出力されるログの種類も増えていることは Exchange 2013 を運用されている方にとってはよくご存じの内容かと思います。 これらのログが存在することで、問題が発生した際のトラブルシューティングをより円滑に進めることができるようになっていますが、これらのログ ファイルについては Exchange 2013 の CU6 でさらに種類が増え強化されています。 しかしその反面 CU6 以降のバージョンを適用してしばらく経過した後に、Exchange のインストール ディレクトリが存在するディスク容量が逼迫してしまっていたといったお問合せをいただくことがありました。 ※ 運用状況にもよりますが、CU6 以降では以前の CU に比べ、Exchange 関連のログ量が数 GB 程度増えたといった報告があります。 Exchange 2013 ではシステム要件として OS や Exchange の DB が使用する領域以外に 30GB のディスク領域を用意する必要があり、多くの環境では各ドライブの使用量を監視いただいていることやディスク容量に余裕を持って運用されていることかと思いますが、もし Exchange 2013 がインストールされたディスクの空き領域が残り少なくなってきた場合は以下の内容をご確認の上、早めの対処をご検討いただければと思います。 まずはどんなファイルにより多くの領域が使用されているか確認しましょう ドライブの使用領域が残り少なくなってきた場合、基本的には出力されるログ量を保存可能なディスク容量をご用意いただく必要がありますが、不要なファイルやディレクトリなどが存在するようでしたら、まずはそれらの退避や削除などをご検討いただければと思います。 徐々にドライブの使用量が増え続けているような状況であるものの 「何が増えた (増えている) のかわからない」 という場合は以下のようなツール (Get-DirSizeFunction.ps1) を使って簡単に特定のドライブ配下の使用量等を確認することができますので、お試しいただければと思います。 増加傾向を確認する場合はこのツールを使用して、定期的に使用量を確認・比較し、増加傾向にある情報を特定していきます。 Title : コンピューターで多くの領域を占有しているフォルダーを確認する方法はありますか URL : https://gallery.technet.microsoft.com/scriptcenter/4e83afe2-ebdf-414a-bfc9-36e76b7e9750…