System Center Operations Manager で Exchange Server 2016 を監視する

(この記事は 2016 年 6 月 13 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Monitoring Exchange Server 2016 with System Center Operations Manager の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Exchange Server 2016 の展開準備を進めているお客様から Exchange Server 2016 用 System Center Operations Manager (SCOM) (英語) Management Pack のリリース時期についてお問い合わせを頂いていますが、Exchange Server 2016 Management Pack をリリースする予定はありません。 この記事で、詳細についてご説明します。 「データセンターで得た教訓: 可用性管理 (英語)」の記事で説明したように、Exchange Server の監視方法が Exchange Server 2013 から大幅に変更されました。可用性管理機能の リリースにより…


最新パブリック フォルダーへの移行に伴う問題に対処するための KB3161916 を公開

(この記事は 2016 年 5 月 11 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 KB3161916 Published to address issue with migrating from legacy to modern public folders の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   現在 Exchange 2010/2007 の古いパブリック フォルダーから Exchange Online または Exchange 2016/2013 の最新パブリック フォルダーへの移行作業が最終段階に入っていらっしゃるお客様は、サポート技術情報 KB3161916 (機械翻訳) をお読みください。マイクロソフトは、(まれなケースと思われますが) データを損失する可能性のあるシナリオを特定しました。最新パブリック フォルダーへの移行が完了し、データ損失の可能性が疑われるお客様は、サポート サービスにサポートをご依頼ください。   Exchange チーム   ※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Exchange Server 2007 のサポート終了まで残り 1 年へ

(この記事は 2016 年 4 月 11 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Exchange Server 2007: T-1 year and counting の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   2016 年 4 月 11 日で、Exchange Server 2007 の延長サポート終了まで残り 1 年となりました。現在 Exchange Server 2007 をメッセージング インフラストラクチャの一部としてご利用のお客様は、早期の更新をご検討ください。 CCR、 LCR、および SCR がリリースされてから 9 年が経過しました。一連のテクノロジは、Exchange Server 2010 以降で活用されているデータベース可用性グループの基盤となっています。また、Exchange Server 2007 をきっかけとして Exchange Server が .Net Framework で構築されるようになりました。マイクロソフトは継続的に投資を行っていて、.Net Framework…


四半期ごとの Exchange の更新: 2016 年 3 月の更新プログラムをリリース

(この記事は 2016 年 3 月 15 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Released: March 2016 Quarterly Exchange Updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Exchange チームは、四半期ごとに提供している Exchange Server の更新プログラムの最新版を Microsoft ダウンロード センターで公開しました。今回リリースされたのは、Exchange Server 2016 で初となる累積更新プログラムと Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 12 です。また、Exchange Server 2007 および Exchange Server 2010 の更新プログラムのロールアップもリリースされ、OWA の S/MIME コントロールが SHA-2 証明書を使用して署名するように更新されました。以降のセクションでは、これらのリリースの詳細と主な更新内容をご紹介します。 OWA の S/MIME コントロールを更新 今回リリースされたすべてのパッケージで OWA の S/MIME…


四半期ごとの Exchange の更新: 2015 年 12 月の更新プログラムをリリース

(この記事は 2015 年 12 月 15 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Released: December 2015 Quarterly Exchange Updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Exchange チームは、四半期ごとに提供している Exchange Server 2013 の更新プログラムの最新版と、Exchange Server 2010 Service Pack 3 および Exchange Server 2007 Service Pack 3 の更新プログラムをリリースしたことを発表しました。 Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 11 および UM 言語パックは、現在 Microsoft ダウンロード センターで入手可能です。累積更新プログラム 11 は最新の修正が実施されたリリースであり、Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 10 をベースとして構築されています。この累積更新プログラムには、お客様からご報告いただいた問題についての修正、製品の小規模な機能強化、これまでにリリースされたセキュリティ情報が含まれています。お客様からのご報告を受けて解決された問題のリストは、サポート技術情報記事 KB3099522…


Exchange Server の累積更新プログラムおよび更新プログラムのロールアップ (2015 年 6 月版) をリリース

(この記事は 2015 年 6 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Released: June 2015 Exchange Cumulative Update and Update Rollups の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Exchange チームは、四半期ごとに提供している Exchange Server 2013 の更新プログラムの最新版に加え、Exchange Server 2010 Service Pack 3 および Exchange Server 2007 Service Pack 3 の更新プログラムをリリースしたことを発表しました。 Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 9 および UM 言語パックは、現在 Microsoft ダウンロード センターで入手可能です。累積更新プログラム 9 は、最新の修正が実施されたリリースであり、Exchange Server 2013 の累積更新プログラム…


修復済みの Exchange データベースのサポート ポリシーの変更

(この記事は 2015 年 5 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 New Support Policy for Repaired Exchange Databases の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   データベースの修復プロセスは、多くの場合、他の回復手段を利用できない場合に Exchange データベースを回復するための最終手段として使用されます。このプロセスは、マイクロソフト サポートから勧告を受け、かつその他の回復手段をすべて試したと判断した場合にのみ実施します。これまで何年にもわたり、Exchange の多くのバージョンでほぼ同じ修復プロセスが採用されていましたが、マイクロソフトが広範なサポート案件の分析から得た情報に基づき、今回このプロセスが変更されます。 簡単に言うと、修復処理が行われたデータベースのサポート ポリシーを変更します。従来、ESEUTIL および ISINTEG (修復コマンドレット) を使用して修復されたデータベースはサポート対象となっていました。一方、新しいサポート ポリシーでは、修復カウントが 1 以上であるデータベースの退避が必要になります。つまり、そのデータベースに格納されているすべてのメールボックスを新しいデータベースに移行する必要があります。 現在の修復プロセス 修復プロセスは次の 3 つの手順から構成されます。 ページ レベルでのデータベースの修復 データベースの最適化によるデータベースの再構築と再作成 データベース内の論理構造の修復 手順 1 には、ESEUTIL /p を使用します。これは通常、データベースがページ レベルで破損している場合に行います。たとえば、-1018 JET エラーが発生している場合や、データベースをクリーン シャットダウン状態にするために必要なログ ファイルが存在せずデータベースがダーティ シャットダウン状態のままになっている場合です。ESEUTIL /p を実行すると、データが損失するおそれがあるという警告メッセージが表示されます。続行するには、[OK] を選択します。…


Exchange Server 2007 Service Pack 3 で新しいタイム ゾーン更新プログラムをサポート

(この記事は 2015 年 3 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 New Time Zone updates available for Exchange Server 2007 Service Pack 3 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Exchange チームは、Exchange Server 2007 Service Pack 3 の更新プログラムのロールアップ 16 をリリースしたことを発表しました。今回のリリースでは、更新プログラムのロールアップ 15 以降にリリースされたタイム ゾーン更新プログラムのサポートが追加されています。このリリースは累積的なリリースで、お客様からご報告いただいた問題についての修正と、これまでにリリースされたセキュリティ情報がすべて含まれています。更新プログラムのロールアップ 16 には以前にリリースされていない新しいセキュリティ情報は含まれていないため、セキュリティ リリースとしては扱われません。このリリースの詳細については、KB3030086 (機械翻訳) をご覧ください。 更新プログラムのロールアップ 16 は、現在 Microsoft ダウンロード センターで入手可能で、Microsoft Update での配信は 4 月を予定しています。 注意: このブログ記事が投稿された時点では、ドキュメントの内容は完全ではない可能性があります。 Exchange チーム


11 月の Exchange リリースが 12 月まで延期されます

(この記事は 2014 年 11 月 12 日に The Exchange Team Blog に掲載された記事 November Exchange Releases delayed until December の翻訳です。最新情報は翻訳元の記事をご参照ください。)   11 月の四半期毎の Exchange 更新プログラムをお待ちのお客様もいらっしゃると思います。本日、Exchange チームはこれらのパッケージを 12 月まで延期することを決定しました。この決定は遅くに見つかった Exchange Server 2013 インストーラ パッケージに対する大きな問題の解決により時間がかかると判断したためです。一部のインスタンスでは OWA ファイルがセキュリティ更新プログラムのインストールで壊れてしまうことが分かりました。この問題はセキュリティ更新プログラムをインストールする際に MSI 修復オペレーションを実行することで解決できます。しかし、これが許される解決策ではないと判断しました。お客様はセキュリティ更新プログラムをインストールした後にこの問題に気づくと思われるからです。   このブログでの告知の時点では、Exchange Server 2013 のみこのインストーラの問題があると考えています。しかし、過去のバージョンの Exchange Server も念のため調査を行うため、2007/2010 のリリースも同様に遅らせることにしました。   Exchange チームは引き続きお客様に可能な限りよい体験をしてもらうことをお約束しており、そのために 11 月のリリースを遅らせてこの問題に取り組んでいます。   Exchange チーム


重要情報: 2014 年 10 月 26 日に予定されているロシアのタイム ゾーンの変更とそれによる Exchange への影響

(この記事は 2014 年 10 月 9 日に The Exchange Team Blog に投稿された記事 Be aware: October 26 2014 Russian time zone changes and Exchange の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 10 月 26 日に予定されているロシアのタイム ゾーンの変更に伴い、ご利用の Exchange のバージョンによっては、該当するタイム ゾーン名、またはそのタイム ゾーンで行われる会議が正しく表示されない可能性があります。比較的新しいバージョンである Exchange 2010 および 2013 では会議が正しく予定表に表示されますが (ただし、オペレーティング システムが更新されていることが前提となります)、Exchange 2007 をご利用の場合は会議が正しくないタイム ゾーンで表示される可能性があります。 マイクロソフトでは、11 月のリリース時にこの問題を修正できるように現在取り組みを進めております。 詳細については、サポート技術情報 3004235 (機械翻訳) を参照してください。 Nino Bilic