Exchange 2003 移行ツールキット

(この記事は 2014 年 3 月 10 日に The Exchange Team Blog に投稿された記事 Exchange 2003 migration toolkit の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Microsoft Exchange Server 2003 は、2003 年 9 月 28 日に市場に登場して以来、メッセージングや共同作業の分野で過去のリリースから優れたエクスペリエンスを継承し、提供し続けてきました。ここでは、Microsoft Exchange Server 2003 のお客様にどのような対応方法が用意されているかをご説明したいと思います。 今日のビジネスの懸案事項としてさまざまなお客様が上位に挙げるのが、データ セキュリティ、コンプライアンス、電子情報開示、モバイル デバイス/個人所有デバイスの活用 (BYOD)、IT 管理といった項目です。Exchange 2003 はメッセージングの分野において先駆的な役割を果たしてきましたが、10 年前の古い機能で今日のビジネス ニーズを満たすことは難しくなってきています。一方、Exchange Online や Microsoft Exchange Server 2013 は、こうした上位の懸案事項に向けて強化された最新のソリューションを提供するとともに、ビジネス ニーズを満たすための付加機能も備えています。Exchange Server のバージョンの比較をご覧いただければ、最新版のプラットフォームに移行するメリットがご理解いただけると思います。 Exchange 2003 からオンプレミスの Exchange 2013 に移行するには、2 段階の手順を踏む必要があります。Exchange…


Exchange 2003 SP2 から Exchange 2010 SP1 へメールボックスを移動時のエラーに関する事例紹介

多くの方に Exchange 2003 から 2010 への移行をご検討いただいており、移行に関する多くのお問い合わせをいただくようになりました。今回は Exchange 2003 SP2 から Exchange 2010 SP1 へメールボックスを移動する際にエラー : 0x80040102 により失敗した事例をご紹介いたします。   エラー : 0x80040102 でメールボックスの移動が失敗する現象について   – 現象の概要 Exchange 2003 SP2 から Exchange 2010 SP1 へのメールボックス移動要求を作成すると、イベント ログ (アプリケーション ログ) に次のようなエラーが発生し、メールボックスを移動できないことがあります。 —————————————————–ログの名前: Applicationソース: MSExchange Mailbox Replicationイベント ID: 1100タスクのカテゴリ: 要求レベル: エラーキーワード: クラシックユーザー: N/A説明:要求 ‘test.local/Users/testuser’ (xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx) が失敗しました.エラー コード: -2147221246MapiExceptionNoSupport: IExchangeFastTransferEx.TransferBuffer failed…


MS10-024/RU がリリースされました !

本日、Exchange 2000、2003、2007、2010 に関してセキュリティ更新プログラムがリリースされました。 Exchange 2007 と 2010 については、更新プログラム (RU) としてリリースされています。 マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-024 – 重要http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS10-024.mspxExchange Server 2007 Service Pack 2 の更新プログラムのロールアップ 4 (KB981383)http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=b8f7f872-16d5-49d6-9867-adc01351c06f&displaylang=jaExchange Server 2010 用の更新プログラムのロールアップ 3 (KB981401)http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=7dcf2390-dff7-4e3a-acca-03f4d43fb79a&displaylang=ja


パブリック フォルダのアクセス権管理について

こんにちは、Exchange チームの大松です。今日は年度末の管理者様にちょっと役立つ情報をお送りします。 3,4 月という組織変更の多い時期に Exchange の管理者の頭を悩ませるのが、ユーザーの追加や変更に伴うパブリック フォルダのアクセス権の変更ではないでしょうか?フォルダ数が少ない環境であれば、Exchange システム マネージャから変更しても大きな負荷となりませんが、フォルダ数が多く、付与するアクセス権が複雑であればあるほど、管理には大変な時間と労力を要することが想定できます。こんなとき! PFDAVAdmin ツール (Public Folder DAV-based Administration Tool) を使用することで、パブリック フォルダのアクセス権の変更作業を同一の UI 上で実施できるだけでなく、アクセス権のエクスポート / インポート機能を使用することで、テキスト ファイルにエクスポートされたアクセス権を一括で変更することが可能です!また、エクスポートされたテキスト ファイルは、アクセス権のバックアップ ファイルとして使用することも可能ですので、一石二鳥ではないでしょうか。 PFDAVAdmin ツールはアクセス権のエクスポート/インポートをはじめ、色々な事ができるツールですが、今回は使用時にどうしても手が止まってしまう部分である、エクスポートされたパブリック フォルダのアクセス権の編集方法について簡単にご紹介したいと思います。編集方法1. PFDAVAdmin ツールを使用してエクスポートしたテキスト ファイルをメモ帳などのアプリケーションで開きます。2. アクセス権は SETACL <フォルダ パス> <ユーザーまたはグループ名> <アクセス権> <NO> のタブ区切り形式で記述されています。例) パブリック フォルダに対して、[既定] – [なし]、[匿名] – [なし] のアクセス権を設定する場合、以下のようにエントリを編集します。SETACL Public Folders\<サブフォルダ> <ドメイン名>\<ユーザー名> All NT AUTHORITY\ANONYMOUS LOGON None \Everyone None NOアクセス権を役割で設定する場合は以下の名称で入力します。役割以外の設定をする場合は、一旦その設定をエクスポートして、コピーしたものを使うようにすることをお勧めします。コピーしたものを使うことで、どこをどう変更したかを確認することができますし、いざというときに元に戻すこともできます。記号 | アクセス権—————–All | 所有者PublishingEditor | 発行編集者Editor…


トランザクション ログの制限に起因する問題

Exchange Team の太田です。 今回は、最近増加傾向にあるトランザクション ログの制限に起因する問題について書きます。この問題は真新しいものではありませんが、トランザクション ログの制限から 5 年前後の周期で発生しやすいようです。前回は Exchange 2000 出荷後 5 年経過した 2005 年に多くの問い合わせがありました。それ以降、いったんはこのお問い合わせはあまり聞かなくなり鎮火しましたが、去年末くらいからまた増加傾向にあります。そうです。Exchange 2003 出荷後から去年が 5 年目。また問題発生の周期がやってきているようです。Exchange 2003 導入後、5 年前後の環境の管理者の方は必読です。 Exchange 2003 のトランザクション ログは “Enn00001.log” から連続した番号の付いたファイル名が使用され、”Ennffff0.log” まで増加します。そして最後のトランザクション ログがいっぱいになると、下記イベント ID 1159 のエラー 0xfffffdf9 (JET_errLogSequenceEnd) を返し、対象のストレージ グループ内の全ストアをディスマウントします。この動作は循環ログの設定の有無に関わらず、すべての環境で発生します。 イベント ID : 1159種類 : エラーソース : MSExchangeIS分類 : General説明 :データベース “First Storage Group\Mailbox Store (SERVER)” にアクセス中に、関数 JTAB_BASE::EcEscrowUpdate…


Exchange サーバーへの接続遅延を感じたら

Exchange Team の太田です。   Outlook から Exchange Server への通信に遅延が発生している場合に、Outlook からの接続状況を確認することで、ネットワークと Exchange Server の処理速度を把握することができます。また、ディレクトリ、メールボックス、パブリックフォルダのように、接続先ごとに状況を把握することができるため、遅延がどのサーバーに起因しているのかの簡単な切り分けを行うことも可能です。   では実際に確認してみましょう。   タスク トレイに表示されているアイコンを Ctrl キーを押しながらマウスを右クリックし、表示されたショートカット メニューより [接続状態] をクリックします。                         表示された [Exchange Server の接続状態] ウィンドウに記載されている項目の意味は次の通りです。                              …


Exchange Server のサイジングについて

Exchange チーム の竹田です。 Exchange Server を導入するに当たって、気にするポイントとしてはいくつかあると思いますが、ここでは “サーバー サイジング” についてお話します。 サーバー サイジングをするにあたって、Exchange Server を利用するユーザー数や 1 日のメールの通数等を予め調べ、そこから具体的なサイジングをするのがほとんどだと思いますが、正直、実際に運用開始されるまで結果がわかりません。実際、運用が開始されてしばらく使っていると・・・、的な話を耳にするのは少なくありません。決して多くもありませんが。 では、このギャップを埋めるにはどうすればよいか?用意したサーバー スペックで運用した場合のシミュレートが、予めできれば、実際に運用開始するまでに、パフォーマンス測定がある程度できます。 Exchange Server には、実運用を想定して負荷をかけるツールがあります。Exchange 2003 では  Load Simulator、Exchange 2007 では Load Generator というツールが用意されています。これらのツールは、Active Directory ならびに Exchange Server 上にテスト アカウントとメールボックスを作成し、入力したテスト値をもとに Outlook クライアントでメッセージのやり取りを実施した際をシミュレーションしながら負荷掛けます。 具体的な使い方や、どんなことに利用できるかは、以下にご案内する技術資料を参考にしてもらえればと思いますが、ここでは、Load Genarator の基本的な使い方を説明します。Load Simulator の使い方は、ここでは割愛します。◆ Exchange 2003Load Simulator Load Simulator のダウンロードはこちらから。 ◆ Exchange 2007Load generator Load Generator のダウンロードは以下から。…


基本的なトラブルシュート ツール

Exchange チームの溝呂木です。 第一回は、Exchange の基本的なトラブルシュートでよく使用するツールについてご紹介いたします。 トラブルシュートにおける問題へのアプローチの仕方はその Exchange 環境の運用方法であったり、背景や管理者の方で大きく変わりますが、Exchange のトラブルシュートでは、発生した現象に対して、まず問題がどこで発生しているのか目処をつける必要があります。 主なチェック項目+ (現象発生頻度) 再現性はあるかどうか+ (現象発生範囲) 特定のクライアント依存なのかアイテム依存なのか+ (その他外的要因) パフォーマンスやネットワークなどに問題がないか そして、トラブルシュートを行うにあたり、可能であれば再現検証を行い、実際に問題がある環境にてツールを多く利用してデータの採取を行い裏を取る作業を行います。 イベント ログ=========まず、多くの場合、イベント ログにて現象発生時刻にアプリケーションもしくはシステムに問題がなかったかどうか確認します。エラーが表示されている場合は、エラー メッセージを確認し、エラー番号の記載がないかどうかも併せて確認することで、よりどういった問題がどの箇所で発生しているのか目処をつけることができます。 場合によっては、現象が複数回発生する場合は、Exchange 2007 の Set-EventLogLevel の cmdlet を使用し、イベントの診断ログ レベルを変更し、プロセスの処理ごとで詳細なイベントを出力するよう設定します。 ExBPA=====環境構成を確認するのであれば、Exchange 2007 管理コンソール ツールボックス内に標準されている [ベスト プラクティス アナライザ] (ExBPA) 構成の確認をします。 ExBPA の結果内容より、Exchange 組織についての構成や設定に問題がないかどうかの大まかな確認を行うことができます。 追跡ログ======Exchange 2003 では [追跡センター] があります。Exchange 2007 の [メッセージ追跡] でメッセージが処理されていく過程を追跡ログ イベントより確認します。 SMTP ログ=========主に、Exchange から外部へ送信する際など外部への通信が発生する場合に、SMTP プロトコル レベルで外部サーバーとの通信状況を確認します。…


リンク集

海外—-The Microsoft Exchange Team Blog (US) >> アメリカ チームのブログです。(英語)     Exhcange サーバーについて———————Microsoft Exchange Server   Microsoft Exchange Server TechCenter   Exchange Server 2003 自習書シリーズ>> ステップ バイ ステップの手順書です。   Exchange Server 2007 自習書シリーズ>> ステップ バイ ステップの手順書です。   Exchange Server 2010 自習書シリーズ >> ステップ バイ ステップの手順書です。     OCS について————  Microsoft Office Communications Server 2007 自習書シリーズ…