Forefront 製品のサポート終了に伴う FPE のアンインストール方法について

Exchange/Forefront サポート チームの伯谷です。 Forefront 製品のサポートも 2 週間を切り、サポートには Forefront のアンインストール手順の確認やアンインストール時のトラブルシューティングのお問い合わせが増えています。アンインストール シリーズの第三弾は Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange です。以下の TechNet でも手順は公開していますが、本ブログではスクリーンショットも併せてご紹介します。 Title: FSC ユーティリティを使用した製品の無効化/有効化URL: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd639369.aspx Title: スタンドアロン サーバーからのアンインストールURL: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc482969.aspx – 手順1. Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange (以下 FPE) をアンインストールする対象のサーバーにログオンし、以下のサービスを停止します。サービスの停止に伴い、メールボックスへのログオンやメッセージの配信はできなくなりますので、利用するユーザーの少ない時間帯にご実施ください。 ・ハブ トランスポート サーバー   Microsoft Forefront Server Protection コントローラー    Microsoft Exchange Transport ・メールボックス サーバー   Microsoft Forefront Server Protection コントローラー   Microsoft Exchange Information Store 2….


Forefront 製品のサポート終了に伴う FSSP のアンインストール方法について

こんにちは、Exchange/Forefront サポート チームの伯谷です。 今年も残り一カ月となり、遂に一部の Forefront 製品のサポートが今月で終了となります。12 月に入ってから数日ですが、サポートには Forefront を停止したい/Forefront をアンインストールしたいというお問い合わせを複数いただいおります。特に最近は for SharePoint の Forefront 製品のお問い合わせが多いため、今回のブログでは、前回に引き続き for SharePoint の製品に関してアンインストール手順をご紹介します。 なお、これまでもご紹介している以下の Blog の “よく寄せられる質問” は for SharePoint の Forefront 製品も同様ですのでご一読ください。 Title: Forefront Protection 2010 for Exchange Server をご利用中のお客様へ移行準備開始のお願いURL: http://blogs.technet.com/b/exchangeteamjp/archive/2015/01/29/still-using-forefront-protection-2010-exchange-server-make-move-soon.aspx – 手順1. Forefront Security for SharePoint (以下 FSSP) をアンインストールする対象のサーバーにログオンし、以下の 3 つのサービスを停止します。    FSCController   IIS Admin Service   World Wide Web Publishing Service 2. コマンド プロンプトにて、FSSP…


Forefront 製品のサポート終了に伴う FPSP のアンインストール方法について

こんにちは。Exchange/Forefront サポート チームの伯谷です。   これまで本 Blog でもご紹介してきた Forefront 製品ですが、サポート終了まで残り 3 ヶ月となりました。 サポート終了に伴い、私たちサポート チームでお受けする Forefront 製品に関するお問い合わせも、これまでに比べてアンインストールに関する質問の割合が増えてきています。サポート終了にむけ、本 Blog でも Forefront 製品のアンインストール手順をご紹介したいと思います。   まず、第一弾として、Microsoft Forefront Protection 2010 for SharePoint のアンインストール手順をご紹介します。   – 手順 1. Microsoft Forefront Protection 2010 for SharePoint (以下 FPSP) をアンインストールする対象のサーバーにログオンし、以下の 2 つのサービスを停止します。      Microsoft Forefront Server Protection コントローラー    World Wide Web Publishing Service…


Exchange 2000 のサポート ライフサイクル終了について

こんにちは、プロダクトクオリティ チームの中尾です。私は普段、Exchange Server 2007 でいただくお客様からの問い合わせを分析しているのですが、今回は、Exchange 2000 Server についてお話したいと思います。  サポート ライフサイクル終了についてExchange 2000 発売後10年近い年月がたちますが、今でも少量ながらお客様からお問い合わせをいただきます。お問い合わせの内容を拝見すると、バリバリ現役でお使いいただいているご様子です。弊社製品を使っていただけているという点はうれしい限りではありますが、実は、発売後10年でサポート ライフサイクルが切れます。サポート ライフサイクルとは、簡単に言うと、お使いいただいている製品のサービスパックや修正プログラムを提供させていただく期間、サポート窓口でお問い合わせを受け付ける期間のことです。このライフサイクル期間をすぎると、オンラインのコンテンツ (サポート技術情報や TechNet サイト掲載の情報) 以外は提供が終了してしまいます。Exchange 2000 Server のライフサイクルは、2011年1月11日で終了します。そして、その半年前、2010年7月13日には Windows 2000 Server のライフサイクルも終了します。Windows 2000 のライフサイクルが終了すると、たとえ Exchange 2000 のライフサイクルが切れていない場合でも、例えば IIS の問題で SMTP メールの送受信ができない、クラスタ環境で使っていてクラスタ ディスクに障害が発生した、Windowsバックアップを使用したバックアップ、リストアに問題が生じた、など、OS機能による問題の場合は、お問い合わせをお受けして調査、回避策のご提案ができなくなり、私たちサポート メンバーとしてもつらいところではありますが、お客様の問題解決のお役に立つことができない状況となります。 移行について移行となると、移行計画立案、マシンの購入、検証テスト、新バージョンに関するナレッジ、スキルの習得と、経費、リソース配分の必要が出てくるため、なかなか敷居が高いこととは思いますが、OS、Exchangeともに最新バージョンではパフォーマンス面、コンプライアンス面でも機能が向上していますので、ぜひとも移行をご検討いただけたらと思います。移行の選択肢としては、Exchange 2010 への移行のほか、運用管理コスト削減を考慮してMicrosoft Online Services への切り替えといった選択も可能です。移行に関しては下記資料をご参照いただくか、御社担当営業、Exchange 導入を行っている弊社パートナー、または弊社サポートへお問い合わせください。 参考情報●サポートライフサイクルについてhttp://support.microsoft.com/lifecycle/?ln=jaWindows 2000 Server は2010/7/13にライフサイクルが終了。Exchange 2000 Server は 2011/1/11に終了。 ● Exchange 2010 についてExchange 2010 トップサイトhttp://www.microsoft.com/exchange/2010/ja/jp/default.aspxExchange 2010…