Exchange 2010 バックアップ時のトランザクション ログの切り詰め失敗

Exchange 2010 環境における Windows Server バックアップ採取時に、以下のイベントが記録され、トランザクション ログの切り詰めに失敗する現象について紹介させて頂きます。—————————————ID     : 9782ソース : MSExchangeIS説明   :Exchange VSS Writer (インスタンスxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx:xx) は、データベース ‘xxxxxx’のバックアップを完了しましたが、エラーが発生しました。バックアップは正常に完了しませんでした。このデータベースのログ ファイルは切り詰められていません—————————————Exchange 2010 において、Windows Server バックアップによるトランザクション ログの切り詰めを行うには、VSS 完全バックアップを採取する必要がございますが、以下の手順にあるように[システム状態] とデータベースがあるボリュームのバックアップを同じジョブで実行した場合、切り詰めに失敗します。 Windows Server バックアップを起動します。 [バックアップ 1 回限り] を選択します。 [別のオプション] を選択し、[次へ] をクリックします。 [カスタム] を選択し、[次へ] をクリックします。 [項目の追加] をクリックし、”システム状態” とデータベースがあるボリュームを選択し、[OK] をクリックします。 [詳細設定] をクリックし、[VSS の設定] タブにて、”VSS 完全バックアップ”を選択して、[OK] をクリックします。 保存先などを選択し、バックアップを開始します。 バックアップは完了しますが、イベント ID 9782 が記録され、トランザクションログの切り詰めが行われません。 上記を回避するために [システム状態]…


Exchange 2007 SP2 バックアップについて

Exchange チームの米田です。  今回は、先週リリースされた Exchange 2007 Service Pack 2 (SP2) の新機能である、Exchange 2007 でのバックアップ機能についてご紹介します。Exchange 2007 SP2 についてはこちらをご覧ください。 これまで、Windows 2008 上の Exchange 2007 では、Windows に付属の “Windows Server バックアップ” でバックアップは取得できませんでした。(オフライン バックアップを除く)Exchange 2007 SP2 の新機能により、バックアップ/リストアが可能になりましたのでご紹介します。以下のリンクより、それぞれバックアップの手順およびリストアの手順をスクリーン ショット付きでお見せいたします。 -> バックアップ編を見る-> リストア編を見る