Exchange 2007 SP2 バックアップ (バックアップ編)

Exchange 2007 SP2 におけるバックアップについて手順をご紹介いたします。* こちらはバックアップ編となります。 (続: Exchange 2007 SP2 リストア編を見る) —–環境、シナリオ=============Exchange 2007 SP2/Windows 2008 SP2 のメールボックス サーバー (スタンドアロン) で、C: ドライブにデータベース、トランザクション ログを配置しています。バックアップは毎日一定時間に同じサーバー上の E ドライブに取得します。 リストアの際には、回復用ストレージ グループではなく、直接データベース、トランザクション ログをすべて復元します。—– 事前準備========Exchange サーバー上で [スタート] – [すべてのプログラム] – [管理ツール] – [サーバー マネージャー] を起動し、 [機能] より、”Windows Server バックアップの機能” をインストールしておきます。 バックアップの取得==================ここからバックアップの取得を実行します。 1. [スタート] – [すべてのプログラム] – [管理ツール] – [Windows Server バックアップ] を起動します。 2. 右側のペインにある…


Exchange 2007 SP2 バックアップについて

Exchange チームの米田です。  今回は、先週リリースされた Exchange 2007 Service Pack 2 (SP2) の新機能である、Exchange 2007 でのバックアップ機能についてご紹介します。Exchange 2007 SP2 についてはこちらをご覧ください。 これまで、Windows 2008 上の Exchange 2007 では、Windows に付属の “Windows Server バックアップ” でバックアップは取得できませんでした。(オフライン バックアップを除く)Exchange 2007 SP2 の新機能により、バックアップ/リストアが可能になりましたのでご紹介します。以下のリンクより、それぞれバックアップの手順およびリストアの手順をスクリーン ショット付きでお見せいたします。 -> バックアップ編を見る-> リストア編を見る


ActiveSync を試してみよう

Exchange チームの久保です。   早速ですが、ActiveSync の話です。 Exchange 2007 と Windows Mobile の連携については良く知られています。ですが、実際に Windows Mobile を手にされたことがある方はそれほど多くはないのではないでしょうか。   そこでまずは、エミュレータを使って見た目や操作を試してみてはどうでしょう。 Microsoft からは非常に優秀なエミュレータが提供されており無料で利用することが可能です。本来は開発者の方のために用意されていますが、画面の様子などを見ていただくには最適です。 まだ、導入をしていない場合はぜひともご利用ください。   Windows Vista では ActiveSync の後継となる “Windows Mobile デバイス センター” を利用します。現在、Windows Mobile 6.5 の日本語化イメージはリリースされていません。 [emulater 本体]Windows Mobile 6.5 Developer Tool Kit   Windows Mobile 6 Professional and Standard Software Development Kits Refresh   Windows Mobile 5.0…


Exchange 2007 SP2 がリリースされました !

Exchange チームの米田です。  本日、Exchange 2007 SP2 がダウンロード開始となりました。 こちらのリンクよりダウンロードできます。 Exchange Server 2007 Service Pack 2   新機能の概要についてはこちらをご覧ください。 – 注意事項 1なお、Exchange 2007 SP2 のインストールには、Windows インストーラ 4.5 が必要です。 SP2 のインストールの前にあらかじめインストールしてください。 Windows Installer 4.5 Redistributable ※Windows インストーラ 4.5 インストール後には OS の再起動が必要です。なお、Windows 2008 SP2 には Windows インストーラ 4.5 が含まれていますので、インストールの必要はありません。 – 注意事項 2Remote Registry サービスが起動していないと、SP2 はセットアップできません。サービスが起動していない場合には、あらかじめサービスを起動してからセットアップを実施してください。


基本的なトラブルシュート ツール

Exchange チームの溝呂木です。 第一回は、Exchange の基本的なトラブルシュートでよく使用するツールについてご紹介いたします。 トラブルシュートにおける問題へのアプローチの仕方はその Exchange 環境の運用方法であったり、背景や管理者の方で大きく変わりますが、Exchange のトラブルシュートでは、発生した現象に対して、まず問題がどこで発生しているのか目処をつける必要があります。 主なチェック項目+ (現象発生頻度) 再現性はあるかどうか+ (現象発生範囲) 特定のクライアント依存なのかアイテム依存なのか+ (その他外的要因) パフォーマンスやネットワークなどに問題がないか そして、トラブルシュートを行うにあたり、可能であれば再現検証を行い、実際に問題がある環境にてツールを多く利用してデータの採取を行い裏を取る作業を行います。 イベント ログ=========まず、多くの場合、イベント ログにて現象発生時刻にアプリケーションもしくはシステムに問題がなかったかどうか確認します。エラーが表示されている場合は、エラー メッセージを確認し、エラー番号の記載がないかどうかも併せて確認することで、よりどういった問題がどの箇所で発生しているのか目処をつけることができます。 場合によっては、現象が複数回発生する場合は、Exchange 2007 の Set-EventLogLevel の cmdlet を使用し、イベントの診断ログ レベルを変更し、プロセスの処理ごとで詳細なイベントを出力するよう設定します。 ExBPA=====環境構成を確認するのであれば、Exchange 2007 管理コンソール ツールボックス内に標準されている [ベスト プラクティス アナライザ] (ExBPA) 構成の確認をします。 ExBPA の結果内容より、Exchange 組織についての構成や設定に問題がないかどうかの大まかな確認を行うことができます。 追跡ログ======Exchange 2003 では [追跡センター] があります。Exchange 2007 の [メッセージ追跡] でメッセージが処理されていく過程を追跡ログ イベントより確認します。 SMTP ログ=========主に、Exchange から外部へ送信する際など外部への通信が発生する場合に、SMTP プロトコル レベルで外部サーバーとの通信状況を確認します。…


リンク集

海外—-The Microsoft Exchange Team Blog (US) >> アメリカ チームのブログです。(英語)     Exhcange サーバーについて———————Microsoft Exchange Server   Microsoft Exchange Server TechCenter   Exchange Server 2003 自習書シリーズ>> ステップ バイ ステップの手順書です。   Exchange Server 2007 自習書シリーズ>> ステップ バイ ステップの手順書です。   Exchange Server 2010 自習書シリーズ >> ステップ バイ ステップの手順書です。     OCS について————  Microsoft Office Communications Server 2007 自習書シリーズ…


ブログ開設のあいさつ

はじめまして。   この度、Microsoft ユニファイド コミュニケーション製品サポート チーム (旧 メッセージング チーム) より、Exchange Server と OCS を中心としたチーム ブログを始めることになりました。   Exchange サポート エンジニアより世の中の Exchange 管理者の方に向けて、よくある疑問やタイムリーな情報について日本語で何かしらの情報をご紹介できればと考えております。常日頃の管理、トラブルシュート、メンテナンスを行うにあたり、コツや便利なツールなどを中心に書いていきます。   このブログにつきまして、ご意見 ・ ご感想もしくはご要望がございます場合は、EMAIL ボタンよりご投稿ください。 製品へのご意見 ・ ご要望はお手数ですが “お問い合わせリンク” で紹介しているお問い合わせ窓口までおねがいいたします。   皆様、ぜひご愛読ください。   – Microsoft ユニファイド コミュニケーション製品サポート チーム一同