Exchange 2013 のメールボックス サーバー上で自己署名証明書の有効期限が切れた際の注意点

今回は Exchange 2013 のメールボックス サーバー (クライアント アクセスとメールボックスが共存するサーバーも含む) 上で自己署名証明書の有効期限が切れた際に発生してしまう問題についてご紹介いたします。 この問題は最近見つかった不具合となりますが、Exchange 2013 は既に延長サポート フェーズの製品であるため、残念ながら本問題に対する修正は見送られております。 なお、Exchange 2016 では内部動作が一部変更されていることから本問題は発生いたしません。   現象 メールボックスの役割がインストールされた Exchange 2013上で実施されている 2 つのプローブ (OutlookRpcSelfTestProve と OutlookRpcDeepTestProbe) が自己署名証明書の有効期限が切れた後からエラーで失敗するようになります。 具体的にはメールボックスの役割がインストールされた Exchange 2013 上で IIS の Web サイト (Exchange Back End) にバインドされている自己署名証明書の有効期限が切れた以降から 2 つのプローブが失敗するようになり、その結果として可能性管理の機能により該当サーバー上で以下の事象が発生してしまいます。 ・アプリケーション プール MSExchangeRpcProxyAppPool のリサイクル ・Microsoft Exchange RPC Client Access サービスの再起動 なお、Exchange 2013 CU2-v2 など初期のバージョンでは上記以外にデータベースのフェールオーバーが実施される場合もございます。 ただし、Exchange…


XPS ファイル内が検索できず、XPS ファイルに関する重大イベントがイベント ログに出力される件について

こんにちは。Exchange サポートの粂田です。 今回は、XPS の拡張子を持つドキュメント ファイル (以降、XPS ファイルとします) が添付されたメールアイテムを、オンプレミスの Exchange Serverで送受信した際に発生する事象についてご紹介いたします。 現象 オンプレミスの Exchange Server のメールボックス内 ( “受信トレイ” 、”送信済みアイテム” の他に、”下書き” や “削除済みアイテム” 等も含みます) に、XPS ファイルが添付されたメールアイテムが存在する場合に、Outlook や Ootw などのメール クライアントから XPS ファイル内の文字列を検索しても該当のメール アイテムがヒットしないという現象が発生します。 また、以下のようなエラー イベントがイベント ログに記録されます。 ====================================================================== ログの名前 : Microsoft-Office Server-Search/Operational ソース : Microsoft-Office Server-Search 日付 : 2018/10/05 8:20:48 イベント ID : 64 タスクのカテゴリ: Document Parsing レベル…