情報採取プラン(e. netsh トレース)


こんにちは。いつも Office 365 を利用いただきまして、ありがとうございます。

今回は、Office 365 に関する問題をトラブルシューティングする際に必要となる情報採取プランの中で

「e. netshトレース」の採取手順をご案内します。

この記事は、Office 365 サポートにお問い合わせいただく際に事前に確認いただく内容 の一部です。

 

1. コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。

2. 以下のコマンドを実行し、DNS キャッシュを削除します。

ipconfig /flushdns

 

3. 以下のコマンドを実行し、ネットワーク トレースの採取を開始します。

▼Windows 7 の場合

netsh trace start scenario=AddressAcquisition,InternetClient capture=yes tracefile=C:\temp\inet.etl

 

▼Windows 8.1 以降の場合

netsh trace start scenario=AddressAcquisition,InternetClient_dbg capture=yes tracefile=C:\temp\inet.etl

※ファイルの出力先として C:\temp\ フォルダを指定していますが、お客様の環境に合わせて変更ください。

 

4. 事象が発生する操作を行います。

5. 以下のコマンドを実行し、ネットワーク トレースの採取を終了します。

netsh trace stop

 

6. 保存されたファイルを提供ください。

 

- 参考情報

ネットワーク トレースの Netsh コマンド

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/jj129382(v=ws.11).aspx


Skip to main content