Export-Office365LicenseStatus のご紹介

今回は Office 365 の管理者の皆様に、ライセンス付与状況を出力する PowerShell スクリプトをご紹介します。 Office 365 のライセンスを確認する場合、GUI ツールとしては Office 365 管理センターが利用できます。また、CUI ツールとしては MSOnline (Azure AD v1) モジュールの Get-MsolUser コマンドも利用できます。しかしながらどちらを利用しても、ライセンスに含まれる各サービス プランのステータスまで含めて一覧表示する機能が標準では用意されていません。 Get-MsolUser コマンドの出力内容を整形する PowerShell スクリプトを書くことで実現が可能ですが、Get-MsolUser コマンドの出力は複雑な構造となっているため、スクリプティングに慣れていないと実装が難しい状況です。例えば Get-MsolUser コマンドの Licenses 属性は、ユーザーに複数のライセンスが割り当てられていれば値が配列になっています。さらに Licenses 属性の子属性として ServiceStatus 属性があり、当該ライセンスに含まれている各サービス プランのステータスに関する情報が入れ子になっています。 このようなスクリプティングに関するお問い合わせを頻繁にお客様より頂くため、これまでのお問い合わせでのお客様のご要望を基に、私たちは Export-Office365LicenseStatus を GitHub に公開しました。この PowerShell スクリプトを使用すると、Office 365 の各ユーザーに割り当てられているライセンスや、ライセンスに含まれている各サービス プランのステータスを一覧表示することができます。CSV 出力機能も備えており、出力された CSV ファイルを Excel で開いてさらなる集計を行うことも可能です。 実行例を交えながら使い方をご紹介します。 ダウンロード方法 スクリプトは GitHub…