予定表アイテムの取得終了日に日本時間 3 月 1 日 (UTC 2 月 29 日) を指定する際の注意点

こんにちは。Exchange サポートの小間です。今回は EWS Managed API で「うるう日」の翌日 3 月 1 日までの予定表アイテムを取得する際の注意点について紹介します。 本ブログ執筆時点の次のうるう日は 2020/02/29 なので、例として 2018/03/01 からうるう日の翌日の 2020/03/01 までの 2 年分の予定表アイテムを取得するシナリオを考えます。C# と EWS Managed API で実装する場合は、以下のようなコードがまずは思い浮かびます。     ExchangeService service = new ExchangeService(ExchangeVersion.Exchange2013_SP1);     service.Credentials = new WebCredentials(“UPN”, “password”);     service.Url = new Uri(“https://outlook.office365.com/EWS/Exchange.asmx”);     DateTime startDate = new DateTime(2018, 3, 1, 0, 0, 0);     DateTime endDate = startDate.AddYears(2);     const int NUM_APPTS…


Exchange 2013 OWA から写真の変更を制御する方法について

いつも Exchange Server をご利用いただきありがとうございます。 今回は、Exchange 2013 の Outlook Web App (OWA) 上で、ユーザーの写真を登録、変更する操作を有効化または無効化する方法と、その設定方法に関する TechNet 上の記載についてご案内します。 Exchange 2013 の OWA では、ユーザーの写真を登録する方法として以下の 2 つの操作方法が実装されています。  操作 A: OWA 右上のユーザー名をクリックして変更する方法  操作 B: OWA 右上の歯車アイコンをクリックしてオプション画面より変更する方法 これらの操作は、Exchange 2013 ではそれぞれ独立した処理として実装されており、操作 A が OWA 仮想ディレクトリの設定により制御され、操作 B は OWA メールボックス ポリシーにより制御されます。 このため、Set-OwaVirtualDirectory コマンドによりクライアント アクセス サーバーの OWA 仮想ディレクトリの SetPhotoEnabled パラメーターを False に設定した場合、操作 A による写真の変更操作が無効化されますが、操作 Bによる写真の変更操作は無効化されません。 その逆に、Set-OwaMailboxPolicy…