日本語組織名を持つ Exchange サーバーのハイブリッド構成について


Exchange 2003 より長らく Exchange Server をご利用頂いているお客様においては、Exchange 組織名を "最初の組織" などと日本語で指定されている場合がございます。(Exchange 2007 以降で Exchange 組織を作成された場合は日本語名の指定はできません。) このような Exchange 組織を Exchange 2010 以降で継続してご利用頂いており、Exchange Online とハイブリッド構成を展開される際に 「日本語組織名であってもハイブリッド構成を行うことはサポートされるか」 とご質問を頂くことがございます。

これまでは、日本語のようなダブルバイト組織名でのハイブリッド構成について十分な検証が行われていなかったために、何らかの予期せぬ問題が発生した場合に修正などの対応が困難であるリスクをご案内致しておりました。弊社内で開発部門との確認や検討を続け、日本語組織名を持つ Exchange 組織にてハイブリッド構成ウィザードを使用する展開がこの度サポートされることとなりました。現状、日本語組織名を持つことによるハイブリッド構成の不具合や問題等は確認されておりません。前述の通り、最新の Exchange ではこのようなダブルバイトの組織名を前提としていないため、今後何らかの制限が生じる可能性もございますが、サポートでは可能な限りご支援を行ってまいります。

今後とも Exchange サーバーならびに Exchange Online のご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


Skip to main content