Exchange Server ハイブリッド環境における予定表の共有について

こんにちは。Exchange サポートの益森です。 今回は、良くお問い合わせをいただく、Exchange Server ハイブリッド環境における予定表の共有について、改めて情報を整理したいと思います。 今回、整理するポイントは以下の通りです。 1. オンプレミス環境において、利用者の方が主にどのような操作で他人の予定表に対して参照/編集等を行っているのか 2. ハイブリッド環境 でのクロスプレミス接続における予定表共有機能 3. 移行の計画について   1. オンプレミス環境において、利用者の方が主にどのような操作で他人の予定表に対して参照/編集等を行っているのか 移行の計画を立てる前に、そもそもオンプレミス環境で利用者の方が主にどのような操作で他人の予定表に対して参照/編集等を行っているのかを整理しておきます。 基本的に以下の 3つのいずれかになると考えます。   (1)スケジュール アシスタントで確認をする方法 空き時間情報や件名等の情報であれば、スケジュールアシスタントから確認をすることが出来ます。   (2)[予定表の追加]で予定表を追加する方法 予定表の画面で、他人の予定表を追加することで、自分の予定表と同じように他人の予定表をカレンダー形式で確認することが出来ます。 頻繁に予定を確認するユーザーをこの操作方法で追加している方も多いと思います。   (3)招待メッセージ (Sharing Invitation) を送る方法 (2) と類似しておりますが、招待メッセージ(Sharing invitation) を送った上で他人の予定表を開く方法です。 こちらの招待メッセージを送り合うことで、招待した設定に応じて予定表フォルダに対してアクセス権が付与されます。 招待されたユーザーが招待メッセージにて、[この予定表を開く] をクリックすると、以下のように [共有の予定表] 配下に予定表が追加されます。 なお、この招待メッセージでは、予定表フォルダに対して参照者のアクセス権(時間、件名、場所、役職などの予定表のすべての予定情報が見える) までしか与えることが出来ません。 上記それぞれの操作で、他人の予定に対して参照できる情報や操作について整理します。 以下の表の通り、”(2)[予定表]の追加で予定表を追加する方法”の場合のみ、設定されているアクセス権次第ですが、他人が直接予定アイテムを作成したり編集したりすることが可能になります。 【凡例】 〇:出来る ×:出来ない ※厳密には、招待メッセージを送信した後、そのユーザーに対するアクセス権を手動で変更することで、[共有の予定表]配下でも、アイテムの作成や編集等は可能になります。   2. ハイブリッド環境 でのクロスプレミス接続における予定表共有機能 まず、以下のブログ等でも紹介している通り、ハイブリッド環境のクロスプレミス接続においては、組織の関係、共有ポリシーという2種類の予定表共有機能がございます。 Title…


Exchange 2010 と 2013 または 2016 との混在環境における OWA 利用時の制限事項

こんにちは。Exchange サポートです。 今回は、オンプレミスの Exchange 2010/2013、2010/2016 の混在環境で OWA を利用する際の制限事項をご案内します。   – 概要 メールボックスが Exchange 2010 に残っているユーザーと、Exchange Server 2013 または Exchange Server 2016 に移動済みのユーザー間で予定表の共有をしている場合、移動済みのユーザーが OWA を利用して Exchange 2010 の予定表を参照すると、付与している権限が機能せず空き時間情報のみの利用に制限されます。   – 詳細 Exchange 2010/2016 の混在環境で以下のユーザーがいたとします。    User01 : Exchange 2010 にメールボックスがある  UserA  : Exchange 2016 にメールボックスがある   ここで、この2ユーザーは互いに自身の予定表に編集者権限 (Editor) を付与しています。   User01 が OWA で自身のメールボックスにログオンし、UserA の予定表を参照した際は付与されている編集者権限によりアクセスしますので UserA…


Configuration of MailTips

(This is an English translated version of this Blog post. Please click the link if you prefer Japanese.) That moment when you sent an email to your colleague and ended up receiving an Non-Delivery Report telling you, “Hey we can’t find the address! Perhaps you may have typed it wrong?”.. Yes, it’s THAT moment when…


Authentication cache for Exchange Online and Outlook

With single sign-on deployments, a connection between an Outlook client and Exchange Online requires authentication with ADFS (Active Directory Federation Services) or third-party ID providers. However, there are scenarios where the authentication process with ADFS or ID providers can be skipped with the help of caches for a certain amount of time after a successful…


Exchange 2016 での送信コネクタ設定時の注意

Exchange 2016 で送信コネクタの名前に日本語 (正確には ASCII 文字以外) を利用し、FrontendProxyEnabled (Exchange管理センターでは [クライアント アクセス サーバー経由のプロキシ]) が有効 (既定では無効) になっている場合、このコネクタを利用する送信が失敗する問題が確認されております 。 ※ この問題は Exchange 2016 でのみで発生し、Exchange 2013 では発生しません。 例: 現象が発生する送信コネクタの設定例 この現象発生時には以下のように Queue の LastError にて Frontend サーバーが “401 4.5.4 Invalid arguments – possible version mismatch” を応答していることが特徴となります。 PS:>Get-Queue 4 | fl LastError LastError : [{LED=451 4.4.396 Frontend host responded with error. ->…


Mastering Autodiscover

If you are an Exchange administrator, you may have already known “autodiscover”. If you don’t know what autodiscover is, I guess you’ve heard this word at least once from IT administrator or Microsoft support engineer. Autodisover was introduced when Exchange 2007 was shipped and it is more than a decade technology, However all versions of…


Exchange 2013 で Get-CalendarDiagnosticLog コマンドを実行するとエラーが発生する

こんにちは、Exchange Server サポートの小間です。 今回は Exchange 2013 で確認されている Get-CalendarDiagnosticLog コマンドの問題を紹介します。 予定表アイテムに関する診断ログを取得する際に Get-CalendarDiagnosticLog コマンドが利用できます。 Get-CalendarDiagnosticLog コマンドの LogLocation パラメーターを指定すると、ログをファイルに書き出すことができます。 LogLocation パラメータが指定された Get-CalendarDiagnosticLog コマンドを実行する際、件名が空 (ブランク) の予定表アイテムに関するログが含まれていると、コマンドでエラーが発生します。 実際に件名が空の場合以外にも、件名を取得する処理の中で想定していないエラーが発生した場合は件名を空として扱うように実装されているため、結果としてコマンドの実行がエラーになります。 —– エラー内容 —– 警告: 予期しないエラーが発生しました。ワトソン博士のダンプを生成しています。値を Null にすることはできません。 パラメーター名:fileName 値を Null にすることはできません。 パラメーター名:fileName + CategoryInfo : NotSpecified: (:) [Get-CalendarDiagnosticLog], ArgumentNullException + FullyQualifiedErrorId : System.ArgumentNullException,Microsoft.Exchange.Management.StoreTasks.GetCalendarDiagnosticLog + PSComputerName : <コンピューター名> —– ここまで —– この問題は Exchange…


Office 365 グループの制御方法について

こんにちは。いつも Office 365 を利用いただきまして、ありがとうございます。 今回は、Office 365 グループの制御方法について、ご紹介いたします。   Offce365 グループとは Office 365 グループは、社内外のメンバーと予定を共有したり、SharePoint Online 上のドキュメントを共有したり、共同作業を行うのに大変便利な機能です。 Office 365 グループの概要 https://support.office.com/ja-jp/article/b565caa1-5c40-40ef-9915-60fdb2d97fa2 ※Office 365 グループを使用するには、Exchange Online(Plan 1 以上)のサービスを含むサブスクリプションがテナントにて有効になっている必要があります。 Office 365 グループに関する設定の既定値は下記の通りです。 a. 一般ユーザーであっても、Offce365 グループを作成可能 b. 一般ユーザーであっても、グループ保有者となり Offce365 グループにゲストユーザーを追加可能 c. ゲストユーザーは、招待された Office 365 グループのリソースにアクセス可能   便利だからこその懸念点 一般ユーザーの自由度が高いため、Office 365 のテナント管理者(情報システム部門など)としては、下記のような点を懸念するというお問い合わせを多くいただきます。 a. テナント管理者が知らないところで、Office 365 グループが作成される > Office 365 グループは、Outlook / Teams…