Exchange Server 2013 のオンライン保守スケジュールの設定

いつも Exchange Server をご利用いただきありがとうございます。 今回は度々お問い合わせいただくことがある Exchange Server 2013 のデータベースの保守とその設定についてご説明します。   Exchange Server 2013 のデータベース保守 Exchange 2013 では、日々更新されるユーザーのメール データをメールボックス データベースにより管理していますが、継続して使用するうえで性能劣化やデータの不整合といった問題が発生しないように、データベースに対しての下記のようなタスクが自動的に行われます。 データベースの圧縮 データベース最適化 データベースのチェックサム確認 ページに対するパッチ ページの解放 Exchange Server 2013 では、これらのメンテナンス タスクはスケジュールされた特定の時間帯に実行される処理ではなく、サーバーの負荷状況に応じて、調整ベースでバックグラウンド実行される処理となります。 Exchange Server 2013 の運用においては、これらの処理の実行タイミングをお客様で意識する必要はなく、設定を変更する方法もございません。 一方、Exchange Server 2010 では、SP1 以降のバージョンにおいて既定で同様に調整ベースのバックグラウンド処理として実行されます。 ただし、Exchange Server 2010 ではデータベースのプロパティにおいて [バックグラウンド データベース保守 (24 x 7 ESE スキャン) を有効にする] の設定を無効にしていた場合には、上述のタスクのうち [データベースのチェックサム確認] のみ [保守のスケジュール] で指定した時間帯に実行されます。…


バージョン間のメールボックス移動について

いつも Exchange Server をご利用いただきありがとうございます。Exchange サポート チームの松崎です。 今回は異なるバージョン間のメールボックスの移動についてご紹介します。 Exchange 2010 以降のバージョンでは、同一のバージョン間でのメールボックスの移動はオンライン移動となり、移動の最終処理を行う短い時間以外は、ユーザーはメールボックスの移動を意識することなくメールボックスへの接続が行えます。 また、異なるバージョン間 (Exchange 2000、Exchange 2003、Exchange 2007、Exchange 2010) でのメールボックスの移動については、以下の URL 先にある通り Exchange 2007 SP3 から Exchange 2010 への移動以外はオフラインの移動 (移動中はユーザーがメールボックスに接続できない移動) になります。 Title : 移動要求について URL : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd298174(v=exchg.141) 上記の情報では Exchange 2013、Exchange 2016 に関する記載がありませんが、実際には以下の通りとなります。新しいバージョンから Exchange 2007 へ移動する場合のみ、オフラインが前提ということになりますので、何らかの理由で過去バージョンへ移動する場合にはご注意ください。 * 本 Blog 執筆 (2017/4/17) 時点で、Exchange 2007 につきましてはサポート ライフサイクルが終了しております。もし一時的に Exchange 2007 への戻しを行う必要が生じた場合でも、可能な限り早めにサポートされるバージョンへの移行をご計画いただきますようお願いいたします。 Exchange…


Windows Server 2016 上の Exchange Server 2016 OWA に接続できない事象が発生する

こんにちは。Exchange サポートの日紫喜です。 本日は徐々に採用いただくことも増えている Windows Server 2016 と Exchange Server 2016 の組み合わせにて、 Google Chrome や Firefox からの OWA 接続が行えないという事象と対処方法についてご紹介します。   事象 Exchange 2016 を Windows Server 2016 上に構築後、Google Chrome や Firefox からの OWA アクセスに失敗する事象が発生します。ブラウザによって詳細は異なりますが、アクセス失敗時には、”INADEQUATE_SECURITY” が記録されます。 Exchange Server 2016 を Windows Server 2012 R2 上でご利用いただいている場合や、ブラウザとして Internet Explorer や Edge をご利用いただいている場合には発生しません。 図1 Firefox にてアクセスに失敗する場合 (NS_ERROR_NET_INADEQUATE_SECURITY) 図2 Google Chrome…


ハイブリッド構成ウィザードで実行される内容について

Exchange Online への移行のため、ハイブリッド環境を構成することを検討されるお客様も多くなっております。 ハイブリッド環境を構成する際にはハイブリッド構成ウィザードを実行いただくことになりますが、ハイブリッド構成ウィザードについて以下のようなお問合せをいただくことがあります。 ・ ハイブリッド構成ウィザードではどんな処理が行われるのか? ・ ハイブリッド構成ウィザードを実行すると、オンプレミス側で何が変更されるのか? ・ 2 回目のハイブリッド構成ウィザードの実行で設定が戻ってしまったりしないか? ハイブリッド構成で実行される項目については以下のブログでもご紹介しているものの、実行されるコマンドや設定値等、より細かい内容等は残念ながら現時点では公開されておりません。 Title : ハイブリッド構成について ~ まとめ編 ~ URL : https://blogs.technet.microsoft.com/exchangeteamjp/2014/10/03/441/ また、ハイブリッド構成ウィザードについては、随時修正や変更が加えられていることや、実行する環境の構成、選択するオプションによっても実行される内容が異なり、全ての環境で同一の項目が設定されるといったものでもありません。 加えて、例えば新規ドメインを追加する場合などには、改めてハイブリッド構成ウィザードを実行する必要がありますが、前回のハイブリッド構成ウィザードの実行後に意図的に設定を変更していた場合などは、これらの値が変更されてしまう可能性などもあります。 では、ハイブリッド構成ウィザードがどんな内容を設定したのかわからないのか?というと、そんなことはなく、ハイブリッド構成ウィザードにもログがございますので、こちらから実行された内容をご確認いただくことが可能です。 前置きが長くなりましたが、今回はこのハイブリッド構成ウィザードのログについてご紹介したいと思います。   ハイブリッド構成ウィザードのログについて ハイブリッド構成ウィザードのログは 2 種類あります。 ・ yyyymmdd_xxxx.log ・ yyyymmdd_xxxx.xhcw 上記はどちらもハイブリッド構成ウィザードの実行毎にファイルが作成され、ハイブリッド構成ウィザードをインストールしたコンピューター上の以下のパスに出力されます。 %appdata%\Microsoft\Exchange Hybrid Configuration 簡単に内容についてご紹介しますと、yyyymmdd_xxxx.log にはハイブリッド構成ウィザードで実行した内容 (どのサーバーに接続して、どんなコマンドを実行したのかなど) が出力されます。 ただ、コマンドまでは確認できても、指定されたパラメーターや値までは出力されません。 そこで必要になるのが yyyymmdd_xxxx.xhcw のログで、実行されたコマンドや指定されたパラメーター、値が出力されますので、実際にどのような変更が行われたかを確認するにはこちらのログが有効です。   yyyymmdd_xxxx.xhcw のログの見方 それでは、yyyymmdd_xxxx.xhcw のログの内容を見ていきましょう。 yyyymmdd_xxxx.xhcw はテキスト エディタで開いていただければ、内容を確認することが可能です。 以下は実際にハイブリッド構成ウィザードを実行した環境のログとなります。…