Exchange 2013 CU9 及び CU10 での会議室予約について


今回、Exchange Server 2013 CU9 及び CU10 での会議室予約についてご利用の方にご注意いただきたい点をご案内いたします。

事象
  Exchange Server 2013 CU9 及び CU10 にて [最長予約リード タイム (既定では 180 日)] の値を超えた日から始まる会議室予約を実施した場合、会議室予約が承諾されないままとなり、表示上も [空き時間] と表示されます。

  事象発生時、メールボックス サーバーのアプリケーション イベント ログに以下のイベントが記載されます。
    ————— ここから —————
    ログの名前      : Application
    ソース          : MSExchange Common
    イベント ID     : 4999
    タスクのカテゴリ: 全般
    レベル          : エラー
    説明:
    プロセス ID <PID> のワトソン博士のレポートが送信されます。パラメーター: E12IIS、c-RTL-AMD64、15.00.1130.007、MSExchangeMailboxAssistants、MSExchangeMailboxAssistants、M.E.M.A.R.ResourceBookingAssistant.HandleEventInternal、System.ArgumentOutOfRangeException、3f7b、15.00.1130.006。
ErrorReportingEnabled: True
    ————— ここまで —————

  本事象は [最長予約リード タイム] を有効化する [終了日が次の制限を超える場合は常に拒否する] のチェックの有無に関わらず事象が発生いたします。
  また本事象が発生した場合、予約した会議室に対して該当の予約アイテムを削除しない限り、以降は [最長予約リード タイム] の範囲に関わらず会議室予約が行われません。


原因
  本事象は [最長予約リード タイム] を超えた会議予約アイテムをリソース予約アシスタントによって正常に処理できないため、問題のアイテムが処理中のままとなります。
  リソース予約アシスタントによって会議予約アイテムが処理中のままの状態の場合、後続の会議予約アイテムの処理も行われないため、事象発生以降は [最長予約リード タイム] 内の予約に対しても処理されずに会議室メールボックス上に残り続ける状況となります。


発生条件
  本事象は以下の環境で発生します。
     ・Exchange Server 2013 CU9, CU10
       ※Exchange Server 2013 CU8 以前または Exchange Server 2013 CU11 以降では発生しません。

対処策
  本事象の対処策として、以下がございます。
     ・ [最長予約リード タイム] に指定した値を超えて会議室予約を実施しない
        ※[最長予約リード タイム] は 1080 日まで設定が可能ですので必要に応じて範囲を延長して下さい。
    ・Exchange Server 2013 CU11 以降を適用する

備考
本事象は 2015年12月15日にリリースされた CU11 にて修正され、KB 3100519 として公開しております。
 
ID  : 3100519
Title: No responses are sent from a room mailbox when a booked meeting extends beyond the date you set in Exchange Server 2013
URL: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3100519

 

– 2016/01/25 Update –

 

CU11 適用後でも会議出席依頼について、最長予約リード タイムに抵触して会議室メールボックスの予約が取れない場合でもユーザーの予定には会議室名が記載されます。ただし実際には会議室の予約は行われません。

本動作は本ブログで紹介している障害とは関係なく、CU8 以前も同様であり、Exchange Server として想定された動作となります。

 

既定では会議室が予約できた場合は [承諾メール] が、予約できなかった場合には [辞退メール] が会議開催者に自動的に配信されます。

 

会議室の開催者に対して配信されるメールは具体的には以下の内容となります。

 

~予約できた場合~

——–ここから——–

件名: 承諾:<会議出席依頼の件名>

 

要求は承諾されました。


Microsoft Exchange Server 2013 により送信されました

——–ここまで——–

 

 

~予約できなかった場合~

——–ここから——–

件名: 辞退:<会議出席依頼の件名>

 

会議出席依頼は辞退されました。

このリソースは AA 日前からのみ予約できます。終了時間は 20XX/YY/ZZ よりも前である必要があります。

一覧表示されたすべての時間は、次のタイム ゾーン内にあります。 (UTC+09:00) 大阪、札幌、東京


Microsoft Exchange Server 2013 により送信されました

——–ここまで——–

 

 

会議室を予約したユーザーの予定表を見るだけでは会議室が予約されたか判断できないため、会議室メールボックスの予定表を参照したり、上記の承諾または辞退メールを受信しているかどうかで判断できます。

 

Skip to main content