パブリック フォルダーへのメール配信における注意事項


今回は、Exchange サーバーの移行 (Exchange 2007 --> Exchange 2010) や、ハードウェアの老朽化などによりソフトウェア バージョンはそのままで、ハードウェアをリプレースする際に忘れがちな、パブリック フォルダーへのメール ルーティングに関する注意事項を記載します。

メールが有効なパブリック フォルダーへのメール配信処理
 まず、メールが有効なパブリック フォルダーへのメール配信について簡単にご説明します。
メールが有効なパブリック フォルダーへの配信は、その宛先となるパブリック フォルダーがどのサーバー上に複製を持っているかを確認してから対象のサーバーに配信されます。
ここで厄介なのはパブリック フォルダの複製情報はディレクトリ (Active Directory) には保持しておらず、パブリック フォルダー データベース (Information Store) にしか保持していないことです。
トランスポート サービスは複製情報を確認するために、Exchange 組織内で最も新しく作成されたパブリック フォルダー データベースをマウントしているサーバーに確認します。
"最も新しいパブリック フォルダー データベース" の情報は、Active Directory の msExchOwningPFTreeBL 属性を参照します。
msExchOwningPFTreeBL 属性 は、Exchange 組織にあるパブリック フォルダーデータベースの一覧となっており、作成された順にリストされています。つまり、新しく作成されたパブリック フォルダー データベースが常に最上位にリストされます。

ご注意ください!
 このメール フローで重要なことは、msExchOwningPFTreeBL のリストから選ばれるサーバーは、一番新しいパブリック フォルダー サーバーであるということです。
選択されたパブリック フォルダー サーバーが停止していた場合でも、代わりのパブリック フォルダー サーバーを再検索するような動作は含まれておりません。
そのため、例えば、構築途中などの理由で一時的に電源を停止した場合、配信先の確認ができず、パブリック フォルダー宛てのメールが滞留するような事態が発生します。

対処方法
 新規に Exchange 2010 や Exchange 2007 を追加してパブリック フォルダー データベースも作成した場合、データベースの作成 2 日後から送信先として選ばれる動作となります。
新規パブリック フォルダー データベースの作成後から2日間は影響ありませんが、それ以降パブリック フォルダーの階層情報が複製されていない場合には上記のように配信先が確認できずにパブリック フォルダー宛のメールが滞留します。
新規構築したサーバーを停止しておく、または新規構築したサーバーにパブリック フォルダの階層情報の複製が完了していない場合などの際には、この既定で 2 日間のしきい値を延ばすことで、複製の確認先として選択されないためパブリック フォルダー宛てのメールをサーバー追加前と同じように配信することができます。
具体的な手順は以下となります。

1. Hub サーバー上で EdgeTransport.exe.config ファイルをメモ帳などで開きます。
   EdgeTransport.exe.config ファイルは既定で C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\Bin にあります。

2. 以下の値を確認し、既定の 2日 (48 時間) から延長します。

    PFReplicaAgeThreshold の値を既定の "2.00:00:00" から日数を延長します。

3. Microsoft Exchange Transport サービスを再起動します。

なお、組織内のすべての Hub サーバー上で実行する必要があります。

- 参考情報
TITLE : 内部のメッセージ ルーティング
 URL : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb232193(v=exchg.141).aspx

※ パブリック フォルダーの複製と階層情報の複製は異なります。階層情報は Exchange 組織内で一意のものとなり、パブリック フォルダー データベースを Exchange 組織に追加しただけで複製されます。階層情報の複製には特別な設定は必要ありません。


Skip to main content