Exchange Server 2013 へのメールボックス移行後に Outlook の再起動を促すメッセージが繰り返し表示される


こんにちは。Exchange Server サポート チームの輪島です。

今回は、Exchange Server 2007/2010 から Exchange Server 2013 へのメールボックス移行後に、Outlook の再起動を促すメッセージが繰り返し表示される事象についてご紹介します。


1. 事象について

Exchange Server 2007 や Exchange Server 2010 からメールボックスを Exchange Server 2013 に移行した後、Outlook で以下のようなメッセージが繰り返し表示される事象が発生することがあります。

「Microsoft Exchange 管理者によって変更が行われました。Outlook を終了させてから再起動させてください。」

通常であれば、このメッセージが表示された後、1 度 Outlook を再起動すれば、それ以降メッセージが表示されることはありません。
しかし、Outlook を再起動したにもかかわらず、繰り返し同様のメッセージが表示される場合があります。


2. 原因

本事象は、メールボックス データベースに設定されている msExchHomePublicMDB 属性に不正な値が設定されている場合に発生します。

msExchHomePublicMDB 属性は、基本的には Exchange Server 2010 以前の環境で使用されており、Outlook は msExchHomePublicMDB 属性の値にしたがって接続するパブリック フォルダーを認識していました。
Exchange Server 2013 のパブリック フォルダーへのアクセスには msExchHomePublicMDB 属性の値は使用されません (共存環境でパブリック フォルダーが Exchange Server 2007・2010 に残っている場合はこの属性値を使用します)。

Exchange Server 2013 への移行を終え、Exchange Server 2007・2010 を撤去すると、Exchange Server 2007・2010 のサーバーに関するディレクトリ情報が AD から削除されます。
この際、msExchHomePublicMDB 属性に元々設定されていた Exchange Server 2007・2010 のパブリック フォルダーの情報が削除されてしまうため、以下のような削除済みオブジェクトが設定されてしまいます。

「CN=PFDB01\0ADEL:3b518903-361b-4e46-8e6a-a5e56fbcc112,CN=Deleted Objects,CN=Configuration,DC=contoso,DC=com」

Outlook 起動時などに、上記のような不正な値を参照してしまうことで、Outlook の再起動を促すメッセージが表示されます。

なお、Outlook のバージョンや、キャッシュ モードの有効化の有無によっては事象が発生しない場合もあります。


3. 対処方法

前述の通り、msExchHomePublicMDB 属性に不正な値が設定されていることが原因ですので、この値をクリアすることで事象を改善することが可能です。

msExchHomePublicMDB 属性のクリアは、ADSI エディターや Powershell から実施することができますので、それぞれの手順をご紹介します。


A. ADSI エディターからの個別削除

A-1. ドメイン コントローラーにログインし、ADSI エディターを起動します。
A-2. [スタート] – [ファイル名を指定して実行] を実行し、”adsiedit.msc” と入力し、[OK] をクリックします。
A-3. 左ペインより、[ADSI エディター] を右クリックし、[接続] をクリックします。
A-4. “接続ポイント” の “既知の名前付けコンテキストを選択する” にて、[構成] を選択し、[OK] をクリックします。
A-5. 左ペインより、[構成 […]] を以下の順に展開します。

ADSI エディター
├構成 [<ドメイン名>]
│└CN=Configuration,<Domain>
│ ├CN=Services
│ │├CN=Microsoft Exchange
│ │ ├CN=<組織名>
│ │ ├CN=Administrative Groups
│ │ ├CN=Exchange Administrative Group (FYDIBOHF23SPDLT)
│ │ ├CN=Databases




A-6. 各メールボックス データベースを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
A-7. msExchHomePublicMDB をダブルクリックします。



A-8. [クリア] をクリックし、不正な値を削除します。



A-9. 手順 A-6 ~ A-8 の作業を各データベースに対して繰り返し実施します。


B. Powershell からの一括削除

Powershell を使用することで、msExchHomePublicMDB 属性を一括削除することが可能です。

B-1. ドメイン コントローラーにログインし、Powershell を起動します。
B-2. 以下のコマンドを実行し、Active Directory のモジュールをインポートします。

Import-Module ActiveDirectory

B-3. 以下のコマンドを実行し、msExchHomePublicMDB 属性が設定されているデータベース オブジェクトを取得します。

$DBObjects = Get-ADObject -SearchBase “CN=Databases,CN=Exchange Administrative Group (FYDIBOHF23SPDLT),CN=Administrative Groups,CN=<組織名>,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=<ドメイン名>,DC=<ドメイン名>” -Filter {msExchHomePublicMDB -like “*”}

例 :
$DBObjects = Get-ADObject -SearchBase “CN=Databases,CN=Exchange Administrative Group (FYDIBOHF23SPDLT),CN=Administrative Groups,CN=org,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=contoso,DC=com” -Filter {msExchHomePublicMDB -like “*”}

B-4. 以下のコマンドを実行し、データベース オブジェクトの msExchHomePublicMDB 属性の設定を削除します。

$DBObjects | % {Set-ADObject -Identity $_ -Clear msExchHomePublicMDB}

なお、手順 A・B の修正を反映するために、Exchange サーバーのサービス再起動を行う必要はありません。


4. 参考情報

今回ご紹介した事象とは異なりますが、同じ原因で Outlook が繰り返し切断される事象が発生する場合があります。
詳細については以下の技術情報がありますので、併せてご参照ください。

Title : Outlook クライアントが繰り返し切断され、Exchange Server 2013 へ再接続する
URL : http://support.microsoft.com/kb/2962915/ja

今後も当ブログおよびサポート チームをよろしくお願いいたします


Skip to main content