Exchange Server 仮想化の対応状況について


今回は、Exchange Servere 2010 と Exchange Server 2013 の仮想化対応状況についてご紹介します。
以下にHyper-V の各テクノロジー サポート状況をまとめましたのでご参考ください。

項目

テクノロジー

Exchange Server 2010

Exchange Server 2013

全般

 

Hyper-V ゲスト サポート

サポート対象

サポート対象

Hyper-V ホスト OS バージョン

2008R2 以降

2008R2 SP1以降

CPU

 

 

仮想プロセッサー (VP) と論理プロセッサー (LP) の比率

2:1 必須

1:1 推奨

2:1 必須

1:1 推奨

HyperThreading

サポート対象

サポート対象

仮想 NUMA

サポート対象外

サポート対象外

Memory

 

動的メモリ

サポート対象外

サポート対象外

SLAT

サポート対象

サポート対象

Storage

 

 

 

容量可変 仮想ハードディスク

サポート対象外

サポート対象外

仮想ファイバ チャネル

サポート対象

サポート対象

CSV

サポート対象

サポート対象

Hyper-V over SMB 3.0

サポート対象

サポート対象

ネットワーク

 

 

 

10Gbps NIC

サポート対象

サポート対象

SR-IOV

サポート対象

サポート対象

NVGRE

サポート対象

サポート対象

保護されているネットワーク

サポート対象

サポート対象

高可用性

 

 

ライブ マイグレーション

サポート対象

サポート対象

クイック マイグレーション

サポート対象外

サポート対象外

ゲスト内での高可用性サーバー構成

サポート対象

サポート対象

データ保護

 

 

 

 

スナップショット

サポート対象外

サポート対象外

エクスポート

サポート対象外

サポート対象外

ゲストの 保存

サポート対象外

サポート対象外

Hyper-V レプリカ

サポート対象外

サポート対象外

仮想マシン レベルのバックアップ

サポート対象外

サポート対象外


Exchange Server 2010 と Exchange Server 2013 の仮想化については以下の弊社技術情報もご参考ください。

- 参考

Title: Understanding Exchange 2010 Virtualization
URL: http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj126252(v=exchg.141).aspx

Title:サーバー仮想化における システム構成ガイド ホワイト ペーパー - 第 2 版
URL: http://download.microsoft.com/download/1/1/5/11571879-32F7-4D71-993D-21CE29822B1C/System_Configuration_on_Hyper-V_Ver2.pdf

Title : Exchange 2013 Virtualization
URL: http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj619301(v=exchg.150).aspx

Title: Exchange 2013 の 仮想化と管理に関する ベスト プラクティス
URL: http://download.microsoft.com/download/1/1/2/1127BF2C-8B64-4353-8DF1-6BF2407C39A3/Best_Practices_for_Virtualizing_and_Managing_Exchange_2013.pdf

Skip to main content