Exchange Online でのスパム検知について


こんにちは。Exchange サポートの高橋です。

弊社サポート窓口には、Exchange Online へ送信されたメッセージが、意図せずスパムとして検知され、受信拒否または受信者の迷惑メール フォルダーに配信されてしまうお問い合わせを多くいただきます。
スパム検知のロジックについては、残念ながらセキュリティ上の理由から公開することができませんが、今日は弊社ブロック リストと連動している接続フィルター ポリシーの設定、およびトランスポート ルールでのスパム フィルターのバイパス設定、迷惑メール フォルダへの配信を抑止するためのユーザー メールボックスの信頼できる送信者リストの設定についてご紹介します。

それでは、それぞれの設定方法について、以下にご紹介します。

 

接続フィルター ポリシー設定手順


1. Exchange 管理センター (EAC) で、[保護] – [接続フィルター] に移動し、既定のポリシー (Default) をダブルクリックします。
2. [接続フィルター] メニュー項目をクリックし、”IP 許可一覧” から [+] をクリックします。
3. “許可する IP アドレスの追加” をクリックします。
4. “セーフ リストを有効にする” にチェックを入れます。
5. [保存] をクリックします。





– 参考情報
接続フィルター ポリシーを構成する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj200718(v=exchg.150).aspx

 
なお、スパム検知エンジンは、データセンターのメッセージの送受信により日々更新・変更されていきます。そのため、接続フィルターによる設定を行っている場合でも、ブロックリストに記載される可能性が十分にあるため、100% スパム検知を抑止することができません。
みなさまのメッセージを、より安全に保護するためのスパム検知ですので、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

また、ブロックリストにより、Exchange Online への送信が拒否された場合には、 以下のような配信不能メッセージが返されます。その場合、delist@messaging.microsoft.com へご連絡いただくか、お気軽に弊社サポート窓口までお問い合わせください。

—— ここから —–
Diagnostic-Code: smtp; 550 5.7.1 Service unavailable; Client host
[**.**.***.**] blocked using Blocklist 1; To request removal from this
list please forward this message to delist@messaging.microsoft.com
—— ここまで —–

 

トランスポート ルールでのスパム フィルターのバイパス設定手順


1. Exchange 管理センター (EAC) で、[メール フロー] – [ルール] の順に移動します。
2. [+] – [スパム フィルターをバイパスする] の順に選択します。
3. ルールに名前を付けます。
4. “このルールを適用する条件” で、[送信者] を選択し、以下の条件のいずれかを選択します。

A) ドメインを指定する場合
A-1. [ドメインが次の値である] を選択します。
A-2. [ドメインの指定] ダイアログ ボックスに、安全であると指定する差出人のドメインを入力します (例: contoso.com)。
A-3. [+] アイコン をクリックして、そのドメインを語句の一覧に移動します。ドメインを更に追加する場合は、この手順を繰りかえします。
A-4. [OK] をクリックします。


B) ユーザーを指定する場合
B-1. [この人物である] を選択します。
B-2. [メンバーの選択] ダイアログ ボックスで、リストからユーザーを追加するか、あるいはユーザーを入力し、[名前の確認] をクリックします。ユーザーをさらに追加する場合は、この手順を繰り返します。
B-3. [OK] をクリックします。




5. 必要に応じて、ルールの例外設定、重要度、モードの選択、開始または終了日時を設定することができます。
他のルールによってバイパス操作が影響されないようにするために、[これ以上の処理を中止する] チェックボックスを選択することをお勧めします。
6. [保存] をクリックして、ルールを保存します。

– 参考情報
トランスポート ルールを使ってドメイン ベースまたはユーザー ベースの差出人セーフ リストまたは受信拒否リストを作る
http://technet.microsoft.com/ja-JP/library/dn198251(v=exchg.150).aspx

 

ユーザー メールボックスの信頼できる送信者リストの設定


1. OWA にログインし、[設定] – [オプション] をクリックします。
2. [ブロックまたは許可] 設定を選択します。
3. “信頼できる差出人と宛先のリスト” の “ここに送信者またはドメインを入力してください” の欄に送信者名または送信元ドメイン名を入力し、[+] をクリックします。
4. 連絡先を作成している場合、ユーザー自身の連絡先を基に信頼を設定することもできます。その場合、”自分の連絡先からのメールを信頼する” にチェックをいれます。
5. [保存] をクリックして、設定を完了します。



Exchange Online をご利用いただいているみなさまのご参考になりましたら幸いです。
今後も当ブログおよび Exchange サポート チームをよろしくお願いいたします。

Skip to main content