承認済みドメインとリモート ドメインに同一のドメイン名を登録


こんにちは、Exchange サポートチームの山木です。

Exchange の組織の設定で承認済みドメインとリモート ドメインがありますが、それぞれに同一のドメイン名を登録することができるのかというお問い合わせを頂くことがあります。
このお問い合わせの背景として、TechNet には下記の通り、Exchange 2007 から Exchange 2013 まで同一のドメイン名を登録できないという旨が記載されているためです。

- 参考情報
Title : 承認済みドメインを作成する方法 (Exchange 2007)
URL : http://technet.microsoft.com/ja-JP/library/aa996910(v=exchg.80).aspx

============== 一部抜粋 ==============
承認済みドメインは、リモート ドメインとして存在することはできません。
============== ここまで ==============

Title : 承認済みドメインの作成 (Exchange 2010)
URL : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb124911(v=exchg.141).aspx

============== 一部抜粋 ==============
既に構成されているリモート ドメインと同じ名前を持つ承認済みドメインを作成することはできません。たとえば、fabrikam.com をリモート ドメインとして構成している場合、fabrikam.com の承認済みドメインを作成することはできません。
============== ここまで ==============

Title : Exchange 組織外のメールボックスで部署用に承認済みドメインを構成する (Exchange 2013)
URL : http://technet.microsoft.com/ja-JP/library/jj657737(v=exchg.150).aspx

============== 一部抜粋 ==============
既に構成されているリモート ドメインと同じ名前を持つ承認済みドメインを作成することはできません。たとえば、fabrikam.com をリモート ドメインとして構成している場合、fabrikam.com の承認済みドメインを作成することはできません。
============== ここまで ==============

しかしながら、承認済みドメインに登録しているドメイン名をリモート ドメインとして登録するシチュエーションは少なからず存在します。
例えば、承認済みドメインを内部の中継ドメインとして設定する場合です。内部の中継ドメインに登録されたドメイン宛てのメッセージが Exchange 組織で受信された場合、Exchange 組織内に該当する受信者が存在すれば配信し、存在しなければExchange 組織外のメールサーバーへメッセージを中継する動作を行います。
これは Exchange の組織内外に同一ドメインを持つ場合に相当しますが、Exchange 組織外の該当ドメインに対するメッセージを制御 (メッセージ形式の指定、不在時の自動応答メールの転送) したい場合などはリモートドメインの設定が併せて必要です。

結論を言いますと、承認済みドメインとリモート ドメインに同一のドメイン名を登録することは可能であり、それぞれの設定も正しく動作します。
本件についてお問い合わせを頂いたお客様には、要件を満たすための方法として、それぞれに同一ドメインを登録して頂くことをご案内しており、これまでに設定頂いたことで何らかの問題が発生したといった報告はございません。
そのため、システムの要件として必要な場合は、承認済みドメインとリモート ドメインに同一のドメイン名を設定頂くことをご検討頂ければと思います。

なお TechNet の記載につきまして、こちらは Exchange サーバーの製品上の概念として、承認済みドメインは Exchange 組織内のドメインを表すもの、またリモート ドメインは Exchange 組織外のドメインを表すものという、それぞれ異なる用途で設けられた背景があるための記載となっており、その修正有無につきましては現在も検討中となっております。

紛らわしい表記によりお客様にはご迷惑をおかけする形となり、誠に申し訳ございません。TechNet の修正が行われた際は、こちらの Exchange サポートチームのブログでもご案内させて頂く予定です。

承認済みドメイン、リモート ドメインの詳細につきましては併せて下記参考情報もご参照下さい。

- 参考
Title : 承認済みドメイン
URL : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb124423(v=exchg.150).aspx

Title : リモート ドメイン
URL : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa996309(v=exchg.150).aspx

今回は以上となりますが、Exchange サーバーを構築、運用いただいている皆様において、少しでも参考になりましたら幸いです。
今後も当ブログおよびサポート チームをよろしくお願いいたします。

[更新情報 2014/08]
大変お待たせいたしました。本ブログの内容に関する TechNet が修正されましたのでここにご案内致します。なお、修正されたのは、Exchange 2013 の英語ページのみとなり、日本語ページについてはまだ修正待ちの状態となります。
また、Exchange 2007、Exchange 2010 については現時点でも修正有無の検討中となります。完全な ドキュメントの修正とはならず、お客様には引き続きご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承ください。

具体的な修正箇所としましては、下記 URL (英語ページ) の [What do you need to know before you begin?] 項に記載されておりました下記の条件文が削除されております。

“You can't create an accepted domain that has the same name as an already configured remote domain. For example, if you have fabrikam.com configured as a remote domain, you can't create an accepted domain for fabrikam.com.”

< Exchange 2013英語ページ>
Title : Configure an accepted domain for a business unit with mailboxes outside your Exchange organization
URL : http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj657737(v=exchg.150).aspx


Skip to main content