特定の受信者でのみメッセージが検疫される動作について


今回は Office 365 で利用される Exchange Online Protection (以下、EOP) にて特定の受信者でのみメッセージが検疫される動作についてご紹介いたします。
複数の受信者が同一のメッセージを受信した際に、特定の受信者宛てのメッセージが Exchange Online Protection 上にて検疫される場合がございます。

Title: 検疫
URL: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj200776(v=exchg.150).aspx

メッセージが検疫される理由は複数ございますが、Exchange Online 受信者が「受信拒否リスト」に送信者を登録していると EOP 上でメッセージを検疫いたします。
受信者の「受信拒否リスト」にて検疫されたメッセージの X-Forefront-Antispam-Report ヘッダー情報には、SFV:BLK と記載がございます。
X-Forefront-Antispam-Report ヘッダー情報につきましては、以下の技術情報にてご案内しております。

Title: スパム対策メッセージ ヘッダー
URL: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn205071(v=exchg.150).aspx

管理者は、受信者の「受信拒否リスト」を以下のコマンドにて確認できます。技術情報も併せてご参照ください。

Get-MailboxJunkEmailConfiguration -Identity “受信者のメールボックス名” | FL BlockedSendersAndDomains

Title: Office 365 で差出人セーフリストと受信拒否リストの設定を行う方法
URL: http://support.microsoft.com/kb/2545137/ja

なお、「受信拒否リスト」は、ユーザーにて OWA または Outlook にて設定可能です。
設定は以下の技術情報をご参照いただきますようお願いいたします。

Title: ブロックまたは許可 (迷惑メール設定)
URL: http://office.microsoft.com/ja-jp/web-apps-help/block-or-allow-junk-email-settings-ha102908351.aspx

Title: 迷惑メール フィルター リストに名前を追加する
URL: http://office.microsoft.com/ja-jp/outlook-help/HA010355043.aspx

EOP をご利用いただいている皆様において、メッセージ受信に関する問題解決のご参考になりましたら幸いです。
今後も当ブログおよびサポート チームをよろしくお願いいたします。


Skip to main content