既存環境から Exchange Server 2013 への移行上の注意点 “その2”


メールボックスの移動について

今回は Exchange Server 2013 追加後に、既存環境からのメールボックス移動時の注意をお知らせします。

Exchange 2013 と共存できる Exchangeサーバーは Exchange 2007 SP3 RU10 以降および Exchange 2010 SP3 以降とさせていただいております。
Exchange 2003 との共存はサポートされていないため、現状 Exchange 2003 環境においては上記バージョンへの移行を完了させておく必要があります。

 Title: Exchange 2013 のシステム要件
 URL: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa996719(v=exchg.150).aspx

このような制限のある中で、Exchange 2007/2010 への移行ができない Exchange 2003 上に配置されたメールボックスを移行する手法として、異なる Exchange 組織 (別のフォレスト) に Exchange 2013 を構築し、移行を行うことを計画される場合もあるでしょう。

ただし、この移行方法には注意が必要です。

通常、複数のフォレストにおけるメールボックスの移行は移行先フォレストの Exchange 2013 側からの PULL 形式となり、Exchange 2013 は既存組織 (移行元 フォレスト) の資格情報を用いて、同組織上の Exchange サーバーに接続しメールボックス移動処理を実施します。
この時、既存組織内のアドレス一覧を確認する過程で、組織内に Exchange 2003 以前のバージョンである LDAP 形式の受信者フィルターのみを持つアドレス一覧が存在し、かつそれらのフィルタ構文が正しくない場合、メールボックスの移行に失敗します。

そのため、クロス・フォレスト モデルにおける Exchange 2013 への移行前には、あらかじめ既存環境における各アドレス一覧の受信者フィルタの内容を確認し、フィルタ構文が正しく設定されているかどうかを確認されることをお勧めいたします。

例) Exchange にメールボックスをもち、事業所が “東京” であるユーザー
以下の様に文末のカッコが本来半角である必要がありますが、全角になっています。

正しいフィルタ
——————————
(&(&(&(& (mailnickname=*) (| (&(objectCategory=person)(objectClass=user)(|(homeMDB=*)(msExchHomeServerName=*))) )))(objectCategory=group)(physicalDeliveryOfficeName=東京*)))

誤ったフィルタ
——————————
(&(&(&(& (mailnickname=*) (| (&(objectCategory=person)(objectClass=user)(|(homeMDB=*)(msExchHomeServerName=*))) )))(objectCategory=group)(physicalDeliveryOfficeName=東京*)))


– 参考情報

Title: カスタム LDAP フィルターを OPATH フィルターにアップグレードする
URL: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc164375(v=exchg.141).aspx

Title: Need help converting your LDAP filters to OPATH?
URL: http://blogs.technet.com/b/exchange/archive/2007/03/12/3401538.aspx

Title: ConvertFrom-LdapFilter.ps1
URL: http://gallery.technet.microsoft.com/office/7c04b866-f83d-4b34-98ec-f944811dd48d


Skip to main content