Exchange Online または Exchange 2013 で匿名の予定表の共有 URL を発行する方法


(この記事は 2014 年 4 月 15 日に The Exchange Team Blog に投稿された記事 How to publish Anonymous Calendar Sharing URL in Exchange Online or Exchange 2013 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

皆様は、匿名のユーザーと予定表を共有しようと思ったことはないでしょうか。今回の記事では、Web リンクを使用して匿名ユーザー (外部のユーザー) と予定表を共有する場合のヒントについて説明します。ユーザーは、自身の予定表を OWA を使用している匿名の閲覧者に対して発行することができます。また、組織の管理者もユーザーの予定表を発行できます。今回は、この両方の方法について説明します。

 

注: 匿名ユーザーに対して予定表を発行すると、リンクを受け取ったすべてのユーザーが、ログインせずに予定表を閲覧できるようになります。

 

OWA で予定表を発行する

  1. 予定表を発行する: OWA にログインして [Calendar] に移動します。次に、共有する予定表を右クリックし、[permissions...] を選択します。

    ドロップダウン メニューで [Not Shared] (既定) から [Availability only] (またはその他のアクセス許可) を選択し、[Save] を選択します。

  2. 外部ユーザーと共有するためのリンクを取得する: [Calendar] を右クリックして [permissions...] をクリックし、[View Calendar] を選択すると、共有リンク (URL) を表示するブラウザー ウィンドウが出現します。他に、[View Calendar] リンクを右クリックしてから [Copy Shortcut] を選択してリンクをコピーする方法もあります。このリンクを外部ユーザーに送信すると、そのユーザーは予定表を閲覧できるようになります。

匿名の予定表の共有を組織内で管理する方法

管理者は、ユーザーが各自の予定表を外部の匿名ユーザーと共有できるかどうかを制御できます。匿名の予定表の共有が組織内で許可されていない場合にユーザーが予定表を共有しようとすると、エラーが発生します。

 

管理者は、ユーザーに予定表の共有を許可する場合、すべてのドメインで共有ポリシーを構成する必要があります。詳細については、下記の記事を参照してください。

  1. >EAC でのフェデレーションされた共有の管理 (英語)

  2. >Office 365: Exchange Online での共有

  3. >オンプレミス版の Exchange 2013: 共有

 

管理者がユーザーの予定表を発行する

ここからは、管理者の皆様が、PowerShell を使用してユーザー、またはリソースやルームの予定表を発行する方法について説明します。

 

  1. Set-MailboxCalendarFolder <Username>:\Calendar -PublishEnabled $true を実行します。
  2. Get-MailboxCalendarFolder <ユーザー名>:\Calendar |fl、または Get-MailboxCalendarFolder <ユーザー名>:\calendar |fl publishedcalendarurl を実行します。これで、発行する予定表の HTML ファイル (および ICS ファイル) の URL が出力されます。他のユーザーは、この URL を使用して発行者の予定表を閲覧できます。

 

PS C:\Windows\system32> set-MailboxCalendarFolder calroom1:\calendar -PublishEnabled:$true
PS C:\Windows\system32> Get-MailboxCalendarFolder calroom1:\calendar
RunspaceId           : 0f40e5da-5712-4043-8bbc-fb11049c0307
Identity             : calroom1:\calendar
PublishEnabled       : True
PublishDateRangeFrom : ThreeMonths
PublishDateRangeTo   : ThreeMonths
DetailLevel          : AvailabilityOnly
SearchableUrlEnabled : False
PublishedCalendarUrl : http://outlook.office365.com/owa/calendar/6eba91c3eb20499fabc3d831f38b961b@contoso.com
/5c3a873ee338449bb7d39dd2f7280b933185741279014858945/calendar.html

PublishedICalUrl : http://outlook.office365.com/owa/calendar/6eba91c3eb20499fabc3d831f38b961b@contoso.com
/5c3a873ee338449bb7d39dd2f7280b933185741279014858945/calendar.ics

IsValid              : True
ObjectState          : Unchanged

 

Exchange Online の予定表共有オプションの詳細については、こちらのガイド形式チュートリアルを参照してください。

 

Sathish Venkat Rangam

 

改訂履歴

  • 2014 年 4 月 15 日: 共有ポリシーに関するセクションを追加

Skip to main content