Exchange Server 2013 の未開封通知の問題


こんにちは、Exchange サポート チームの小間です。今回は Exchange Server 2013 に報告されている未開封通知の問題についてご案内します。

Exchange Server 2013 のメールボックスに配送された開封確認付きのメールが、何らかの操作によってメールボックスから削除もしくは移動されると、ユーザーの意図しない未開封通知が送信されます。問題の発生する状況と、問題の回避策をご紹介します。

問題の発生する状況


具体的には以下のような状況で、開封確認に対してユーザーの意図しない未開封通知が送信されます。
ここでは UserB は Exchange Server 2013 にメールボックスがあるユーザーとします。

ケース 1
1. UserB の Outlook プロファイルで .pst データ ファイルを作成ます。
2. UserA から UserB へ開封確認付きメールを送信します。
3. UserB が Outlook で受信したメールを手動もしくは仕分けルールによって .pst データ ファイルに移動します。
4. UserA へ未開封通知が送信されます。

ケース 2
1. UserB の Outlook プロファイルで .pst データ ファイルを作成します
2. 作成した .pst データ ファイルを、Outlook プロファイルのメール配信場所に設定します。
3. UserA から UserB へ開封確認付きメールを送信します。
4. UserB が Outlook でメールを受信します。
5. UserA へ未開封通知が送信されます。

ケース 3
1. UserB のメールボックスでアーカイブ メールボックスを有効にします。
2. UserA から UserB へ開封確認付きメールを送信します。
3. UserB が Outlook で受信したメールを手動もしくは仕分けルールによってアーカイブ メールボックスに移動します。
4. UserA へ未開封通知が送信されます。

ケース 4
1. UserA から UserB へ開封確認付きメールを送信します。
2. UserB が Outlook で受信したメールを削除します。
3. さらに削除済みアイテムからメールを削除する際に「確認メッセージを送信しますか?」とダイアログが表示されるので、「いいえ」を選択します。
4. UserA へ未開封通知が送信されます。

ケース 5
1. UserA から UserB へ開封確認付きメールを送信します。
2. UserB が Outlook で受信したメールを削除します。
3. さらに削除済みアイテムからメールを削除する際に「確認メッセージを送信しますか?」とダイアログが表示されるので、「はい」を選択します。
4. UserA へ未開封通知が 2 通送信されます。

ケース 6
1. UserA から UserB へ開封確認付きメールを送信します。
2. UserB が Outlook で受信したメールを Shift + Delete で削除する際に「確認メッセージを送信しますか?」とダイアログが表示されるので、「いいえ」を選択します。
3. UserA へ未開封通知が送信されます。

ケース 7
1. UserA から UserB へ開封確認付きメールを送信します。
2. UserB が Outlook でメールを Shift + Delete で削除する際に「確認メッセージを送信しますか?」とダイアログが表示されるので、「はい」を選択します。
3. UserA へ未開封通知が 2 通送信されます。

なお Outlook がキャッシュ モードの場合は、ケース 1 からケース 7 まですべてに該当します。
Outlook がオンライン モードの場合は、ケース 1 からケース 3に該当します。

問題の回避策


トランスポート ルールで未開封通知を削除することにより、意図しない未開封通知の送信を防ぐことができます。

未開封通知の件名には「未開封:」もしくは「Not read:」が含まれています。Exchange 管理シェルで以下の例のコマンドを実行すると、これらの文字列を件名に含むメールを削除する「DeleteNRN」という名前のトランスポート ルールが作成されます。

例)
New-TransportRule “DeleteNRN” -SubjectContainsWords “未開封:”,”Not read:” -DeleteMessage $true

上記の設定を実施した場合、件名に「未開封:」もしくは「Not read:」が含まれる通常のメッセージも削除されるようになりますのでご注意ください。

New-TransportRule コマンドについて詳しくは以下の弊社技術情報を併せてご参照ください。
TITLE: New-TransportRule
URL: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb125138(v=exchg.150).aspx

(2016/01/08 更新)
この問題は Exchange Server 2013 SP1 で修正されています。

SP1 以上の環境で同様の問題が発生した場合は、事象が発生している環境固有の問題や、別の原因による問題の可能性が考えられます。
弊社サポート サービスにて詳しく調査をさせていただくことも可能ですので、そのような場合にはお問い合わせいただけますと幸いです。

今後も当ブログおよびサポート チームをよろしくお願いいたします。

Skip to main content