Exchange Server 2010 の Exchange Management Shell のフォント設定による影響


Exchange Server 2010 を日本語の環境で運用されている場合において、直面する可能性のある事象についてご紹介いたします。

Exchange Server 2010 の Exchange Management Shell のプロパティにて、フォントを既定の “ラスタ フォント” から “MS ゴシック” に変更すると、Exchange Management Shell 起動に PowerShell がクラッシュし起動できません。

フォント設定画面

 

 

Management Shell 起動画面

この事象は、上記 “リモート処理モジュール作成のメッセージ” を非表示にして、コンソールの文字列を再表示する処理の過程でクラッシュします。対処方法は、以下の 2 通りあり、いずれかで回避できます。

<<対処方法>>

1) Exchange Management Shell のフォントの設定を既定の “ラスタ フォント” に戻す

開かれているウィンドウを一旦閉じて、ショートカットのプロパティからフォントを “ラスタ フォント” に設定します。

  1. [スタート]-[すべてのプログラム]-[Microsoft Exchange Server 2010] から [Exchange Management Shell] を右クリックしてプロパティを開きます。
  2. [フォント] タブをクリックしを “ラスタ フォント” に設定します。

2) Exchange のヘルプ メッセージを非表示にして、コンソールの文字列の再表示が行われないようにする

  1.  以下のパスに移動します。

    C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\bin
     
  2. RemoteExchange.ps1 をテキスト エディタなどで開きます。
  3. 4 行目の行頭に # を追加し、コメント アウトします。

    変更前: Import-LocalizedData -BindingVariable RemoteExchange_LocalizedStrings -FileName RemoteExchange.strings.psd1

    変更後: # Import-LocalizedData -BindingVariable RemoteExchange_LocalizedStrings -FileName RemoteExchange.strings.psd1
     
  4. Exchange Management Shell を起動し、正常に起動できることを確認します。

Skip to main content