Office Communicator 2007 R2 を開始すると、最大表示のウィンドウが表示される現象について


Office Communicator 2007 R2 を開始すると、Communicator のウインドウとは別に、ブルー (環境によってはブルー以外の色の場合もあります) の最大表示のウインドウが表示されることがあります。

この現象は、Communicator をインストールしたクライアント PC のメモリが不足している場合に発生しやすくなります。また、この最大表示のウインドウは Communicator を終了すると、一緒に終了します。

 

この現象は以下の修正モジュールを適用することにより回避可能です。本修正モジュールは Microsoft Update にて公開されていますが、インターネットに直接アクセスできない環境の場合には、以下の修正モジュールを手動で適用ください。

 

- 現象の詳細

TITLE : Office Communicator 2007 R2 を開始すると、空白のウィンドウが予期せず表示されます。

URL : http://support.microsoft.com/kb/983215/ja

 

- 修正モジュールのダウンロード先

TITLE : Microsoft Office Communicator 2007 R2 Hotfix KB 978564

URL : http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=515d6dba-4c6a-48bb-a06a-d99c5742676d


Skip to main content