「Windows 8.1 へのアップデート」 と表示された場合

お使いの Windows 8 PCで、以下の Windows 8.1 へのアップデートをご案内するメッセージが表示される場合があります。     Windows 8.1 へアップデートする場合 “今すぐ再起動”を選択して [OK] をクリックして 、PC が再起動され、Windows 8.1 へのアップデートが開始されます。 “1時間”,“2時間”,“4時間”を選択して [OK] クリックすると選択した時間後にコンピューターが再起動され、Windows 8.1 へのアップデートが開始されます。 アップデートが開始されると 作業中ファイルの保存は行われませんので、[後で通知する]、[4時間]、 [2時間]、[1時間] を選んで作業中のファイルを保存したからアップデートを進めてください。 また、Windows 8.1へアップデートする前に以下をご確認ください。 アップデートを行う前に作業中のファイルの保存、データのバックアップを取ってから開始してください。  Windows 8.1 にアップデートする前に、必ずお使いの PC メーカの Web サイトにて、Windows 8.1 アップデート情報をご確認ください。 各 PC 製造元の Windows 8.1 へのアップグレードに関する情報は、以下のページから、ご確認ください。 メーカー別 Windows 8.1/8 へのアップグレード情報(50音順) ノート PC またはタブレット PC の場合はコンセントにつないでおきます。 PC再起動後の Windows 8.1 アップデート手順については、こちらをご確認ください。 http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/update-from-windows-8-tutorial#setup   …


131: Windows ストアアプリのアンインストール、および、再インストール方法

131: Windows ストアアプリのアンインストール、および、再インストール方法 Windows 8 / 8.1 において、[ストア] からダウンロードしたアプリ、またはプレインストールのタイルアプリのアンインストール・ならびに再インストールの方法について説明します。 アンインストール方法 1. [スタート] 画面から、削除したいアプリ (この場合は[メール]) を右クリックします。  2. 左下に表示されます [アンインストール] をクリックします。  3. 確認メッセージが表示されますので、[アンインストール] をクリックします(以下のように、関連するアプリが同時に削除される場合もあります)。   4. [アンインストール] クリック後、特にメッセージなどは表示されませんが、以上の手順でアンインストールは完了です。   再インストール手順 1. [スタート] 画面から [ストア] アプリを開きます。  ※[ストア] アプリのタイルのサイズは複数ありますが、いずれの場合もショッピングバッグのアイコン、またはストア表記が目印となります。 2. 再インストールしたいアプリを検索します。 【Windows 8.1 の場合】右上の検索欄に、再インストールしたいアプリ名を入力し、該当のアプリが検索されたらクリックします。  【Windows 8 の場合】[Windows] キーと [Q ]キーを同時に押し、検索欄に再インストールしたいアプリ名を入力し、該当のアプリが検索されたらクリックします。   3. 該当のアプリのインストール画面が出たら、[インストール] ボタンをクリックします。【Windows 8.1 の場合】  【Windows 8 の場合】  ※[インストール] ボタンを押した直後に以下のような画面が表示される場合は、現在ローカルアカウントでサインインしています。ストアからアプリをダウンロードするためにマイクロソフト アカウントへ切り替える必要があります。  マイクロソフト アカウントへの切り替え方法はこちら。(Windows 8) / (Windows…

0

812: 常駐アプリケーションを停止して更新プログラムを1つずつインストールする方法 (Windows 8 / 8.1 の場合)

812: 常駐アプリケーションを停止して更新プログラムを1つずつインストールする方法 (Windows 8 / 8.1 の場合) Windows 環境では、Windows の起動と同時に自動で立ち上がる アプリケーションや機能が多数存在します。これらを“ 常駐プリケーション ” と呼びます。環境によって、常駐アプリケーションは他の機能と競合して、意図しない動作の原因となる場合があります。 本手順では、これら常駐プログラムを停止し、更新プログラムを1つずつインストールする方法を紹介します。 1.常駐プログラムを停止する下記 URL の手順 1 を参照し、常駐プログラムを停止します。http://blogs.technet.com/b/cs3_windows/archive/2014/07/14/802-windows-8-8-1.aspx 続いて更新プログラムを 1 つずつインストールしていきます。 2. チャームバーの [設定] をクリックします。   3. [コントロールパネル]をクリックします。   4. [システムとセキュリティ] をクリックします。   5. 続いて、[WindowsUpdate] をクリックします。   6. Windows Update 画面が表示されましたら、画面中央上部にある [○個の重要な更新プログラム が利用可能です] 項目をクリックします。※ 実際に検出された更新プログラムの数は異なる場合があります。   7. [インストールする更新プログラムの選択] 画面が表示されましたら、表示されている一覧の中から 1 つの項目だけにチェックをつけて [インストール] ボタンをクリックします。…

0

253: 別の新しいアカウントを作成して切り替える方法 (Windows 8.1 の場合)

253: 別の新しいアカウントを作成して切り替える方法 (Windows 8.1 の場合) Windows 8.1 において現在ログインしているアカウントとは別のアカウントを作成する方法について説明します。 1. [Windows ロゴキー] を押しながら [C] を押し、画面右側からチャームバーを出します。 2. チャームバーの [設定] をクリックします。   3. [設定] 画面が表示されたら、[PC 設定の変更] をクリックします  4. [PC 設定] の画面が表示されたら、左ペインにある [アカウント] をクリックします。  5. 左ペインに [アカウント] と表示されたら、[その他のアカウント] をクリックします。   6. 右ペインに [他のアカウントの管理] 画面が表示されたら [アカウントを追加する] をクリックします。   7. [ユーザーの追加] 画面が表示されるので、下記手順に従ってアカウントを作成します。※ 以後の手順は作成するアカウントの種類によって操作が異なります。マイクロソフトアカウントを使ってユーザーアカウントを作成する場合の手順はⅠ. 新たにマイクロソフトアカウントを取得しアカウントを作成する方法 の手順 5 から先を実施してください。ローカルアカウントを使ってユーザーアカウントを作成する場合の手順はこちらの手順 5 から先を実施してください。 8. スタート画面へ戻り、右上に表示されるアカウント名をクリックし、先ほど作成した新しいユーザー アカウントの項目をクリックします。   9. ユーザーの切り替え画面が表示されます。先ほど作成したアカウントのパスワードを入力します。   10. 新しいユーザーの設定画面が表示された後、新しいユーザーでサインインされます。  

0

232: ローカルアカウント から マイクロソフト アカウント への切り替える方法 (Windows 8.1 の場合)

232: ローカルアカウント から マイクロソフト アカウント への切り替える方法 (Windows 8.1 の場合) Windows 8.1 において現在ログインしている ローカルアカウント に Microsoft アカウント を関連付ける方法について説明します。 1. [Windows ロゴキー] を押しながら [C] を押し、画面右側からチャームバーを出します。 2. チャームバーの [設定] をクリックします。  3. [ 設定 ] 画面が表示されたら、[PC 設定の変更] をクリックします  4. [PC 設定] の画面が表示されたら、左ペインにある [アカウント] をクリックします。  5. 左ペインに [アカウント] と表示されたら、画面左側の [お使いのアカウント] をクリックし、表示された画面から [Microsoft アカウントに関連付ける] をクリックします。  6. [Microsoft アカウントに切り替える] 画面が表示されましたら、現在利用しているユーザー アカウントのパスワードをご入力いただき、[次へ] をクリックします。  7. 下記の画面が表示されたら、上の段にマイクロソフトアカウントとして登録してあるメールアドレス パスワード欄にマイクロソフトアカウントのパスワードを入力し、[次へ] をクリックします。 ※     新たにマイクロソフトアカウントの作成をご希望の場合は [新しいアカウントを作る]をクリックします。…

0

1111: 他の PC とネットワークでファイルを共有する方法 (Windows 8 / 8.1 の場合)

他の PC とネットワークでファイルを共有する方法 (Windows 8 / 8.1 の場合) 以下の内容では、Windows 8、8.1 のコンピューターでホーム ネットワークを使用してファイルを共有する方法を記載しています。あらかじめ、ご使用の PC がネットワーク共有の前提となる条件を満たしているかを、以下の Web ページよりご確認いただきますようお願いいたします。 初心者でもわかる! ホーム ネットワークでファイル共有: ステップ 1http://support.microsoft.com/kb/2485632/ja 手順Ⅰ. ワークグループの設定を確認する [ワークグループ] とは、各 PC が参加するネットワークの名前を指します。ファイルの共有を行う場合、この [ワークグループ] の名称が統一されている必要がございますので、共有を行いたい全ての PC で以下の内容をご確認ください。 1. マウス カーソルを画面右下に移動させ、表示されたチャーム バーから [設定] をクリックします。  2. [設定] 項目の内容が表示されましたら、[PC 情報] をクリックします。  3. [システム] 画面が表示されますので、[ワークグループ] 項目の内容がすべてのコンピューターで同じになっているかご確認ください。  手順Ⅱ. 共有するファイル、フォルダーが保存されているコンピューターの共有オプションを有効にする 続いて、以下の手順で共有の設定を行います。 1. マウス カーソルを画面右下に移動させ、表示されたチャーム バーから [設定] をクリックします。…

0

802: 常駐アプリケーションを停止してトラブルの原因を確認する方法 (Windows 8 / 8.1 の場合)

常駐アプリケーションを停止してトラブルの原因を確認する方法 (Windows 8 / 8.1) Windows 環境では、Windows の起動と同時に自動で立ち上がる アプリケーション や 機能 が多数存在します。これらを“ 常駐プリケーション ” と呼びます。環境によって、常駐アプリケーションは他の機能と競合して、意図しない動作の原因となる場合があります。 本手順では、トラブルの原因となる常駐アプリケーションを特定するために、常駐アプリケーションを一時的に停止して、動作を確認する方法をご紹介します。 手順Ⅰ. すべての常駐アプリケーションを一時的に停止する方法 1. Windowsキー+Rで[ファイル名を指定して実行]を起動し、msconfig と入力し[OK]をクリックして下さい。  ※ 「ユーザー アカウント制御」 の画面が表示された場合には、[はい] をクリックします。 2. 次に [サービス] タブをクリックし、左下の [Microsoft のサービスをすべて隠す] にチェックをつけて、右下の [すべて無効] ボタンをクリックします。  ご注意o 富士通製のPCをご使用の場合「Softex OmniPass Cachedrv Service」のチェックは外さないでください。o 機種によってはチェックを外すと、以降Windows が起動しなくなります。o o 「Softex」から始まる項目は、複数ある場合があります。o 「Softex OmniPass Cachedrv Service」と、他の項目を間違えないように注意してください。o o 参考:富士通社のウェブサイト:http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=3&PID=2509-8044 3. [OK] ボタンをクリックします。   4. 画面で [再起動] をクリックします。  再起動をすることで、常駐アプリケーションがすべて無効になります。この状態で、問題が解決したかどうかを確認してください。 すべての常駐アプリケーションを一時的に停止した場合に問題が発生しない場合には、[システム構成] 画面の [サービス] および [スタートアップ] タブの項目のいずれかに問題がある可能性があります。この場合には以下の手順2で問題の原因となっている常駐アプリケーションを特定してください。 手順Ⅱ….

0

702: ディスクドライブの空き容量を増やす方法 (Windows 8 / 8.1 の場合)

ディスクドライブの空き容量を増やす方法 (Windows 8 / 8.1 の場合) Ⅰ. ディスク クリーンアップを使用して空き容量を確保する 1. Windows キーを押しながら R キーを押し、[ファイル名を指定して実行] 画面に 「cleanmgr.exe」 と入力して [OK] ボタンをクリックします。   2. [ディスクのクリーンアップ : ドライブの選択] 画面が表示されましたら、[ドライブ] 項目から Windows のロゴマークが記載されている項目を選択して [OK] ボタンをクリックします。   3. [ディスク クリーンアップ] という画面が表示されましたら、画面が消えるまで少々お待ちください。   4. [ディスク クリーンアップ – (C:)] 画面が表示されましたら、[削除するファイル] 項目に記載されている各項目にチェックを付けて [OK] をクリックします。  ※ Cドライブ上の Windows.old を削除したい場合は、[システムファイルのクリーンアップ] をクリックしてから [以前の Windows のインストール]にチェックを入れます。   5. [これらのファイルを完全に削除しますか] というメッセージが表示されましたら、[ファイルの削除]…

0

601: パスワードを省略して Windows 8 / Windows 8.1 にログインする方法

パスワードを省略して Windows 8 / Windows 8.1 にログインする方法 この資料では、パスワードの設定を残したまま、パスワード入力をせずにログインする方法をご紹介します。(Microsoft アカウント / ローカル アカウント のどちらをご使用の場合でもご参照いただけます) ※ Windows 8、8.1 では、Microsoft アカウントをユーザー アカウントに関連付けてご利用いただくことができますが、この設定を行いますと、Windows を起動するときに毎回 Microsoft アカウントのパスワードを入力する必要があります。※ 設定されているパスワードをお忘れにならないようご注意ください 1. [Windows] キーを押しながら [X] キーを押し、表示された一覧から [ファイル名を指定して実行] をクリックします。   2. [ファイル名を指定して実行] が表示されます。名前 [ボックス] に [netplwiz] と入力し、[OK] をクリックします。   3. [ユーザー アカウント] が表示されます。[ユーザー] タブをクリックし、ログインしたいユーザーを選択してから [このコンピューターのユーザー] から自動サインインするユーザーをクリックします。   4. [ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要] のチェックを外し、[OK] をクリックします。   5. [自動サインイン] が表示されます。現在使用しているパスワードを [パスワード]…

0

302: システムの復元方法 (Windows 8/8.1の場合)

システムの復元方法 ( Windows 8 / 8.1の場合 ) ≪システムの復元とは≫Windows標準の機能でWindowsが正常に動作しない場合に、選択した復元ポイントの作成日時の状態に戻すことができます。この操作では、メールや、文書、写真など、個人で作成したファイルには影響いたしませんが、復元ポイントが作成された日時から以下の作業を行うまでの間にインストールしたアプリケーションなどは、インストールがされる前の状態に戻りますので、あらかじめご注意ください。 ≪ご注意ください≫システムの復元を行う際には、万が一に備えて重要なデータのバックアップを行っていただくことが推奨されます。万が一問題が発生した時にも重要データを紛失することのないよう、写真やメール、お客様の作成されたファイルなどの大切なデータは、外付けのハードディスクや CD/DVD などの外部媒体にコピーを取っていただくようお願いいたします。  1.「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、「システム」をクリックします。   2. システム画面の「システムの保護」をクリックします。   3. [システムの復元] をクリックします。   4. [次へ] をクリックします。   5. 復元ポイントの一覧から、今回の問題が発生する前の復元ポイント (日付と時刻) を選択し、[次へ] をクリックします。    ※ 戻すポイントが表示されない場合は、[他の復元ポイントを表示する] にチェックを入れます。   6. 復元ポイントの確認画面が表示されますので、[完了] をクリックします。    7.「いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?」と表示されましたら、[はい] をクリックします。    8. 下記のようなゲージが表示され、間もなくするとシステムの復元を実行するため、コンピューターが自動的に再起動されます。    9. 以下の画面になりましたら、しばらくお待ちください。   10. コンピューターの再起動後、[システムの復元は正常に完了しました。] と表示されましたら、[閉じる] をクリックします。   ここまでの操作でシステムの復元が完了します。問題が解決されたかをご確認ください。

0