Microsoft Security Essentials 削除方法 (Windows Vista / Windows 7 編)


この記事では Windows Vista / Windows 7 のコンピューターで、以下の方法にて Microsoft Security Essentials を削除 (アンインストール) できない場合の手動削除方法について説明します。

[注意点]

以下の作業では、レジストリという Windows の重要なデータベースから Microsoft Security Essentials の情報を削除する手順が含まれています。

======================================================

■ 作業 1. 事前準備 (システムの復元ポイントを作成)

======================================================

予期しない問題が発生した場合に備えて、予めシステムの復元ポイントを作成しておきます。

  1. 画面左下の  [スタート]  ボタンをクリックし、 [コンピューター]  を右クリックして、 [プロパティ]  をクリックします。
  2. システムの画面が表示されましたら、画面左側の  [システムの保護]  をクリックします。
  3. [システムのプロパティ]  画面が表示されましたら、 [作成]  をクリックします。
  4. [復元ポイントの作成]  が表示されましたら、復元ポイントの説明に 「作業前」 とご入力いただき、 [作成]  ボタンをクリックします。
  5. [復元ポイントは正常に作成されました。]  と表示されましたら  [OK]  をクリックします。
  6. 開いている画面をすべて閉じます。

 

======================================================

■ 作業 2. コンピューターをセーフ モードで起動して、Microsoft Security Essentials を手動削除します

======================================================

この操作では、作業を簡易化するために自動実行ファイルを作成します。

また、Microsoft Security Essentials の機能を停止した状態で操作を実行するために、コンピューターの電源をいったんオフにして、セーフモードで起動します。

---------------------------------------------------------------------------------

Step 1.  アクセス許可設定ツールをインストールします

---------------------------------------------------------------------------------

通常の操作では、問題となるインストール情報にアクセスできないため、アクセス許可設定ツールをインストールします。

  1. 以下のアドレスをクリックして、Download Center のページを開きます。
    【Windows Vista / Windows 7 共通】
    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=23510
  2. 「SubInACL (SubInACL.exe)」のページが開きましたら、 [Download] ボタンをクリックします。
  3. 次に出てきた画面上で [実行] をクリックします。
  4. [ユーザー アカウント制御]  の画面が出た場合は、 [続行]  または [はい]  をクリックします。
    【Windows Vista の場合】


    【Windows 7 の場合】
  5.  [Welcome to the Windows Resource Kit Tools Setup Wizard for SubInAcl.exe]  画面が開きましたら、 [Next]  をクリックします。
  6. [End User License Agreement]  画面では、 [I accept the terms in the license agreement]  を選択し、 [Next]  をクリックします。

  7. [Destination Folder]  画面に切り替わりましたら、 [Install Now]  をクリックします。
  8. ユーザー アカウント制御が表示されましたら、 [続行]  をクリックします。
  9. [Installation Successful]  画面になりましたら、 [Finish]  をクリックします。
  10. 以上で、アクセス許可設定ツールのインストールは完了です。

---------------------------------------------------------------------------------

Step 2.  自動実行ファイルを作成します

---------------------------------------------------------------------------------

  1. [スタート]  ボタンをクリックして、 [コンピューター]  をクリックします。
  2. C ドライブを開きます。(ドライブ名の最後に (C:)  と表示されているのが C ドライブです。)
  3. 画面上部にある  [新しいフォルダー]  をクリックします。
  4. [新しいフォルダー]  の名前を  bat   に変更します。
  5. C ドライブの中に  [bat]  フォルダーが作成されたことを確認したら、ウインドウを閉じます。
  6. 以下の赤い文字をコピーします。 コピーする文字が長いため以下の 【操作例】 を参考にしてください。

    【操作例】
    ・ 文字列のコピーは、左クリック(黄色のボタン)したまま文字列をなぞり、青く範囲選択します。
    ・ その後、右クリック(緑のボタン)し、メニューから [コピー] をクリックしてください。

    ------------------<この下の行から>-------------------

    TASKKILL /f /im MsMpEng.exe
    TASKKILL /f /im msseces.exe
    net stop MsMpSvc
    sc delete MsMpSvc
    net stop NisSrv
    sc delete NisSrv
    cd /d "%ProgramFiles%\Windows Resource Kits\Tools"
    cd /d "C:\Program Files (x86)\Windows Resource Kits\Tools"
    subinacl /subkeyreg "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Antimalware" /grant=administrators=f /grant=system=f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\MsMpSvc" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\NisSrv" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Antimalware" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Security Client" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\Current Version\Run\MSC" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Features\060BFB5022F401740B2A82101A6B605C" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Features\77B248F0AE65FAA42859180A2253B0E5" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Features\92A97705E43863E4BBBE7BACCB768A52" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Features\C4F1E1B3D130F0149AA321023266808C" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Features\D7CD6B45B5C8BFD4CB510C013A23B6B2" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Features\BB8DD09375BB24940A92D219E3E4D947" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\060BFB5022F401740B2A82101A6B605C" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\77B248F0AE65FAA42859180A2253B0E5" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\92A97705E43863E4BBBE7BACCB768A52" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\C4F1E1B3D130F0149AA321023266808C" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\D7CD6B45B5C8BFD4CB510C013A23B6B2" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\Products\BB8DD09375BB24940A92D219E3E4D947" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\UpgradeCodes\18EAFAA8B504E9C4781184E19FC7A0F8" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\UpgradeCodes\26D13F39948E1D546B0106B5539504D9" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\UpgradeCodes\307BC1C5473CE634DB482731070ADD5C" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Installer\UpgradeCodes\26D13F39948E1D546B0106B5539504D9" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UpgradeCodes\11BB99F8B7FD53D4398442FBBAEF050F" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UpgradeCodes\18EAFAA8B504E9C4781184E19FC7A0F8" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UpgradeCodes\1F69ACF0D1CF2B7418F292F0E05EC20B" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UpgradeCodes\26D13F39948E1D546B0106B5539504D9" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UpgradeCodes\307BC1C5473CE634DB482731070ADD5C" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UpgradeCodes\26D13F39948E1D546B0106B5539504D9" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\060BFB5022F401740B2A82101A6B605C" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\77B248F0AE65FAA42859180A2253B0E5" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\92A97705E43863E4BBBE7BACCB768A52" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\C4F1E1B3D130F0149AA321023266808C" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\D7CD6B45B5C8BFD4CB510C013A23B6B2" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\BB8DD09375BB24940A92D219E3E4D947" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\WMI\Autologger\Microsoft Security Client OOBE" /f
    REG DELETE "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Control\WMI\Autologger\Microsoft Security Client OOBE" /f
    takeown /r /f "%ProgramData%\Microsoft\Microsoft Antimalware"
    takeown /r /f "%ProgramData%\Microsoft\Microsoft Security Client"
    takeown /r /f "%ProgramFiles%\Microsoft Security Client"
    icacls "%ProgramData%\Microsoft\Microsoft Antimalware" /grant Everyone:F /T
    icacls "%ProgramData%\Microsoft\Microsoft Security Client" /grant Everyone:F /T
    icacls "%ProgramFiles%\Microsoft Security Client" /grant Everyone:F /T
    rmdir /s /q "%ProgramData%\Microsoft\Microsoft Antimalware"
    rmdir /s /q "%ProgramData%\Microsoft\Microsoft Security Client"
    rmdir /s /q "%ProgramFiles%\Microsoft Security Client"
    ren "%ProgramData%\Microsoft\Microsoft Antimalware" "Microsoft Antimalware_old"
    ren "%ProgramData%\Microsoft\Microsoft Security Client" "Microsoft Security Client_old"
    ren "%ProgramFiles%\Microsoft Security Client" "Microsoft Security Client_old"
    EXIT

    -------------------<この上の行まで>-------------------

  7.  画面左下の  [スタート]  ボタンをクリックし、 [すべてのプログラム]  -  [アクセサリ] -  [メモ帳]  をクリックします。
  8. [メモ帳]  の  [編集]  メニューをクリックし、 [貼り付け]  をクリックします。
  9. 上記の文字列が貼り付けられましたら、 [メモ帳]  の画面左上にある  [ファイル]  メニューをクリックし、 [名前を付けて保存]  をクリックします。
  10. 保存する場所で C ドライブの中に作成した  [bat]  フォルダーを選択します。
  11.  [ファイルの種類]  で  [すべてのファイル]  を選択します。
  12. [ファイル名]  には repair.bat  と入力します。 (repair と bat の間には半角のドットが入ります。)
  13. [保存]  をクリックします。
  14. [コンピューター]  から C ドライブの中の  [bat] フォルダーを開いて、一覧に repair.bat  が作成されていることを確認してください。
    ※ ウインドウの中に歯車が表示されている絵柄のアイコンです。

---------------------------------------------------------------------------------

Step 3.  コンピューターをセーフ モードで起動します

---------------------------------------------------------------------------------

  1. Windows をシャットダウンします。
  2. 電源ボタンを押し、直後から  [F8]  キーを連打します。
  3.  「詳細ブート オプション」 表示されましたら、 [↑]  [↓]  のキーを使用して、 [セーフ モード]  を選択し、 [Enter] キーを押します。
  4. ご利用のユーザー名をクリックしてログオンします。
  5. Windows がセーフ モードで起動します。

---------------------------------------------------------------------------------

Step 4.  コマンド プロンプトで repair.bat を実行します

---------------------------------------------------------------------------------

  1. [スタート]  ボタンをクリックします。
  2. [すべてのプログラム]  をクリックし、 [アクセサリ]  の中にある  [コマンド プロンプト]  を右クリックして、 [管理者として実行]  をクリックします。
    ※ 必ず、この [管理者として実行]  をクリックしてください。
  3.  [ユーザー アカウント制御]  画面で  [続行] または [はい]  をクリックします。
    【Windows Vista の場合】

    【Windows 7 の場合】

  4. [管理者: コマンド プロンプト]  画面が表示されたら、以下の赤い文字をコピーして、黒い画面の上で右クリックして  [貼り付け]  をクリックします。

    C:\bat\repair.bat >> %UserProfile%\desktop\Result.txt 2>&1

  5. キーボードの  [Enter]  キーを押します。
  6. 自動的に画面が消えます。

 

以上で関連フォルダーを無効化する作業は完了です。

コンピューターを通常の手順で再起動して、Microsoft Security Essentials のインストールが完了できるかご確認をお願いいたします。

【Microsoft Security Essentials のダウンロード】

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/security-essentials-download

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5201

※   インストールの成否にかかわらず、C ドライブに保存した  [bat]  フォルダーは削除していただいてかまいません。

 


Comments (0)

Skip to main content