Surface でキーボードが英語配列キーボードとして認識される


<現象>

タイプ カバー 2 を Surface RT に装着するとキーボードレイアウトが英語配列になる

 Surface でキーボード タイプが英語配列キーボードとして認識されている場合、@ キーを押しても他の記号が入力される、Shift キーを押しながら 2 キーを押したときに「@」が入力される、または、Shift キーを押しながら 7 キーを押すと「&」が入力されたりする現象が発生します。この現象は、正しいキーボード
ドライバーがインストールされていないか、何らかの原因によってキーボード レイアウトが英語キーボードの設定に変更された場合に発生します。

タイプ カバー 2 のキーボードドライバーは、Surface Type Cover FilterDevice になりますが、このドライバーが Surface RT (Windows 8) 環境だと検出されません。当該環境のタイプ カバー 2 を接続すると、デバイスマネージャー > [キーボード] のところに HID キーボード デバイスが2個表示されます。

この問題を解決するには、次の 2 つの方法があります。

 

•対処方法 ①システムファームウェアの更新 - 2013/11/12 を、Surface に適用する。

•対象方法 ② (解決策):  Windows 8.1 にアップグレードする

 

<対処方法 ① (回避策) >

Windows の更新を含む、Microsoft Surface の最新の更新プログラムをインストールします。方法は次のとおりです。

手順 1: 画面の右端から内側へスワイプして、[設定] をタップします。
(マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上に移動して、[設定] をクリックします。) 
手順 2: [PC 設定の変更][保守と管理][Windows Update] の順にタップまたはクリックします。 
手順 3: [今すぐ確認] をタップまたはクリックします。 
手順 4: 利用可能な更新プログラムがある場合は、[詳細の表示] をタップまたはクリックします。
手順 5: インストールする更新プログラムをタップまたはクリックして選択し、[インストール] をタップまたはクリックします。
場合によっては、更新がインストールされた後で Surface を再起動する必要があります

 参考:Surface と Windows を更新する

http://www.microsoft.com/surface/ja-jp/support/performance-and-maintenance/install-software-updates-for-surface

 

<対処方法 ② (解決策) >

当該の現象は、Windows 8.1 環境では発生しません。

Windows 8.1 にアップグレードすることで、デバイスマネージャー上に、タイプ カバー 2 のキーボードドライバーであるSurface Type Cover Filter Device が自動認識されるようになります

 

【参考情報】

Windows 8 でキーボードが英語配列キーボードとして認識される

http://support.microsoft.com/kb/416037/ja

Comments (0)

Skip to main content