Office Premium 搭載パソコンで、Office セットアップ時に 0x80004005 エラーが発生する場合の回避策


[現象]

Office Premium 搭載パソコン購入後、初回インストールにて、以下の画像の様に エラー コード 0x80004005 が発生する場合があります。

http://www.microsoft.com/ja-jp/office/setup/premium/setup.aspx

STEP5 にて、エラーが発生します。

[状況]

一時的に問題が発生している可能性が考えられます。

このとき、バックグラウンドでは、インストール時に使用した Microsoft アカウントにOffice 365 サービスの紐づけが行われていることが多いため、以下の手順にて、Office Premium デスクトップアプリケーションのインストールが可能です。

  1. インストール時に必ず初回インストール時に使用した Microsoft アカウントにて、マイアカウントページにアクセスします。

    http://www.office.com/myaccount/

  2. Office 365 サービスのみが表示されていることを確認します。

    確認後、ページを閉じます。

  3. Office のセットアップとインストール ページを開きます。

    https://setup.office.com/

     

  4. 付属のプロダクト キーを入力して [はじめに] をクリックします。

  5. Microsoft アカウントのサインインが求められますので、インストール時に使用した Microsoft アカウントでサインインします。

    • このとき、異なる Microsoft アカウントでサインインしてしまうと、製品の紐づけが異なり、正しく使用できなくなります。

       

  6. 正しく、紐づけが完了すると、以下の表示となります。

    マイアカウントページが開いたら、 [Office Premium] のタブをクリックします。

    [再インストール] をクリックすると、既定では、Office 2016 32Bit 版インストーラー実行ファイルがダウンロード されますので、実行をクリックすることで、Office 2016 のインストールが開始されます。

    ※64bit 版のOffice のインストールを行いたい場合は以下のページの STEP3 以降の 64bit 版イントールの手順をご参照ください。

    http://www.microsoft.com/ja-jp/office/setup/premium/re_setup.aspx

 

Comments (0)

Skip to main content