Microsoft Office for Mac 2011 を完全に削除する方法


概要

この資料では、コンピューターから Microsoft Office for Mac 2011 を完全に削除する方法について説明します。

この資料の手順に従うには、以下の要件を満たしている必要があります。

  • すべてのアプリケーションを終了する必要がある。

  • 管理者としてログオンしている必要がある。

  • [ゴミ箱] に含まれるすべてのアイテムを削除できることを確認する。

詳細

重要: Office for Mac 2011 Service Pack 2 (SP2) がインストールされている場合、一部のファイルの場所が異なります。SP2 がインストールされているかどうかを確認するには、Word を開き、[Word] メニューから [Word について] をクリックします。バージョン番号が 14.2.0 以上である場合は、Service Pack 2 がインストールされているため、この資料に記載されている Service Pack 2 の手順に従う必要があります。

 

手順 1: すべての Office for Mac アプリケーションを終了します。

 

以下のいずれかの方法を実行すると、アクティブな Office for Mac アプリケーションを終了できます。

  • Apple アイコンの隣にあるアプリケーション名を選択し、[<アプリケーション名>の終了] をクリックします。
    例: Word for Mac がアクティブである場合は、メニュー システムから Apple アイコンの隣にある [Word] をクリックし、[Word の終了] をクリックします。

  • ドックにプログラムのアイコンが表示されている場合は、CONTROL キーを押してアイコンをクリックし、[終了] を選択します。

手順 2: Microsoft Office 2011 フォルダーを削除します。

 

  1. [移動] メニューの [アプリケーション] をクリックします。

  2. Microsoft Office 2011 フォルダーを [ゴミ箱] にドラッグします。

手順 3: ユーザーアカウント内より、Office の環境設定やライセンスファイルなどを削除します。

 

はじめに

  1. [移動] メニューの [ホーム] をクリックします。

2.    [Library]  または [ライブラリ] を開きます。

 

: Mac OS X 10.7 以降では [Library] フォルダーは非表示になっています。このフォルダーを表示するには、OPTION キーを押したまま [移動] メニューをクリックします。

以下のフォルダ内から、各ファイルを削除します。

  • [Application Support] > [Microsoft] より、[Office] フォルダーを [ゴミ箱] にドラッグします。

    警告 コンピューターに Microsoft Silverlight プラグインがインストールされている場合は、このフォルダーを削除した後にプラグインの再インストールが必要になる場合があります。Microsoft Silverlight を再インストールするにはここをクリックします。

     

  • [Preferences] フォルダーより、先頭が "com.microsoft" のファイルを全て [ゴミ箱] にドラッグします。

  • Office 365 solo をご利用の方
    [Preferences] > [By Host] フォルダーより、先頭が "com.microsoft" のファイルを全て [ゴミ箱] にドラッグします。

手順 4: ハードディスクドライブ内より、Office の環境設定やライセンスファイルなどを削除します。

 

はじめに

  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2.  ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前は Macintosh HD です。

  3.  [Library] または [ライブラリ] を開きます。


以下のフォルダ内から、各ファイルを削除します。

削除するファイル一覧

  • [Application Support] より、 [Microsoft] フォルダー
  • [Fonts] より、 [Microsoft] フォルダー
  • [LaunchDaemons] より、 "com.microsoft.office.licensing.helper.plist"
  • [Preferences] より、 "com.microsoft.office.licensing.plist"
  • [PrivilegedHelperTools] より、 "com.microsoft.office.licensing.helper"
  • [Receipts] より、先頭が  "Office2011_"  のファイル

    注: これらのファイルが常にコンピューターに存在するとは限りません。

  • [Application Support] より、[Microsoft] フォルダーを [ゴミ箱] にドラッグします。

    警告: コンピューターに Microsoft Silverlight プラグインがインストールされている場合は、このフォルダーを削除した後にプラグインの再インストールが必要になる場合があります。Microsoft Silverlight を再インストールするにはここをクリックします。

  • [Fonts] より、[Microsoft] フォルダーを削除

  • [LaunchDaemons] より、"com.microsoft.office.licensing.helper.plist" を [ゴミ箱] にドラッグします。

  • [Preferences] より、"com.microsoft.office.licensing.plist" を [ゴミ箱] にドラッグします。

  • [PrivilegedHelperTools] より、com.microsoft.office.licensing.helper を [ゴミ箱] にドラッグします。

  • [Receipts] より、先頭が "Office2011_" のファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。

    注: これらのファイルが常にコンピューターに存在するとは限りません。

Mac OS X Snow Leopard (10.6) または Lion (10.7) を使用している場合は、以降の手順を実行します。

  1. [移動] メニューの [フォルダーへ移動] をクリックします。

  2. [フォルダーへ移動] ボックスに以下のテキストを入力し、[移動] をクリックします。

    /private/var/db/receipts

  3. ファイルとフォルダーをアルファベット順に並べます。

  4. 先頭が "com.microsoft.office" であるすべてのファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。

手順 5: PC を再起動します。

1.    アップル メニューの [再起動] をクリックします。
  

 

 

手順 6: ゴミ箱を空にします。

 

1.    [Finder] メニューの [ゴミ箱を空にする] をクリックします。

手順 7: Microsoft User Data フォルダーをデスクトップに移動します。

 

警告: Outlook for Mac 2011 の ID 情報は /Users/username/Documents/Microsoft User Data/ にあります。

このフォルダーを削除すると、Outlook の情報と資料文献の管理データがすべて失われます。このデータを保持する場合は、Microsoft User Data フォルダーを削除しないでください。代わりに、このフォルダーを移動することを推奨します。

 

重要: Microsoft User Data フォルダーがデスクトップ上に存在する場合は、以下の手順を実行する前に名前を変更します。

 

Microsoft User Data フォルダーを移動するには、以下の手順を実行します。

  1. [移動] メニューの [ドキュメント(書類)] をクリックします。

  2. Microsoft User Data フォルダーをデスクトップにドラッグします。

  3.  アップル メニューの [再起動] をクリックします。

手順 8: ドックの Office アプリケーションのアイコンを削除します。

  1. CONTROL キーを押したまま、ドックで Microsoft Word などの Office アプリケーションのアイコンをクリックします。

  2. [オプション] をクリックし、[ドックから削除] をクリックします。(この手順のスクリーン ショットを以下に示します)

  3. 上記の 2 つの手順を繰り返して、ドックの Office アプリケーションのアイコンをすべて削除します。 
Comments (0)

Skip to main content