Office for Mac 2011 インストール方法 (DVD 編)


この記事では Office for Mac 2011 パッケージ版の DVD を使用したインストール方法について説明します。

[Microsoft Office for Mac 2011 パッケージ版 製品]

  • Office for Mac Home & Student 2011
  • Office for Mac Home & Business 2011

インストール作業前の確認事項

DVD を使用したインストール手順

※ 以降の説明にある Mac ユーザーインターフェースの画像、文言は、Mac OS のバージョンにより多少異なりますのでご注意ください。
※ この資料では、Mac OS X Yosemite の画像を使用しております。

  1. インストール前準備
    Office for Mac のインストールを開始する前にすべてのアプリケーションを終了してください。
    ※ Safari 等も起動しているようであれば、一度終了してください。

    アプリケーションの強制終了方法
    ・  キーボードの Command キーと Option キーを押したまま、Esc キーを押します。

    ・  [アプリケーションの強制終了] 画面でアプリケーションを選択します。
    ・  [強制終了] をクリックすると、アプリケーションが強制終了します。
    ・ 
    左上の赤色の × ボタンをクリックして、[アプリケーションの強制終了] 画面を閉じます。

  2. Microsoft Office for Mac 2011 DVD の挿入
    Microsoft Office for Mac 2011 をインストールするには、以下の手順を実行します。

    1. ディスク ドライブに DVD を挿入します。
    2. ディスクをダブルクリックするか、デスクトップのセットアップ アイコンをダブルクリックします

     ※ 最新の Mac OS ではデスクトップにアイコンが表示されないため、デスクトップ上にウインドウが自動表示されない場合は Finder のデバイス欄からディスクを起動する必要があります。


  3. Office インストーラー
    [Office インストーラー] アイコンをダブルクリックします。

  4. [はじめに] フェーズ
    [続ける] をクリックします。

  5. [使用許諾契約] フェーズ
    使用許諾契約の内容を読み、[続ける] をクリックします。

    続いて表示されるウィンドウにて、[同意する] をクリックして、ソフトウェア使用許諾契約の条件に同意します。

  6. [インストール先の選択] フェーズ
    Office for Mac を別の HD ドライブにインストールする場合は、[インストール先を変更] をクリックして、インストール可能なディスクを選択します。


  7. [インストールの種類] フェーズ
    [カスタマイズ] をクリックすることで、オプションのインストール コンポーネントを選択または削除を行うことができます。


    Office フォント
    Dock アイコンなどの特定のアプリケーションをインストールしない場合は、表示される ”パッケージ名” 左のチェックを外します。

  8. [インストール] フェーズ
    [インストール] をクリックして、インストールを開始します。

    ※ バックグラウンドで他のアプリケーションが実行されている場合は、別ウィンドウでメッセージが表示されます。
    ※ 状況によって、表示されるウィンドウが異なります。

    アプリケーション名が表示されている場合は、該当のアプリケーションを終了した後に、[やり直す] をクリックします。

    アプリケーション名が表示されていない場合は、[アプリケーションを閉じてインストール] をクリックします。

    続いて、Mac ユーザー名とパスワードの入力を要求するウィンドウが表示されますので、入力し [ソフトウェアをインストール] をクリックします。
    ※ Mac OS のバージョンによって、[OK] の場合もあります。


    インストールが開始され、進行状況を示すインジケーターが表示されます。

    ※ インストールの妨げとなるアプリケーションが起動している場合は、以下のウィンドウが表示されますので、該当のアプリケーションを終了して、[続ける] をクリックします。

    インストールが完了すると以下メッセージが表示されますので [閉じる] をクリックします。

  9. [概要] フェーズ
    インストール完了後([閉じる] をクリック後)”Microsoft Office セットアップ アシスタント” のウィンドウが表示されます。

    ・  [プロダクト キーを入力する] 右のアイコンをクリックします。

    ・  プロダクト キー入力画面が表示されますので、お持ちのキーを入力し、[ライセンス認証] をクリックします。
    ※ プロダクト キー入力は、半角英数入力が必須となります。
    ※ ” - ” ハイフンは自動で入力されます。

    ・  正しくライセンス認証が完了すると、プロダクト ID が表示されます。

     

    購入した製品の種類に応じて、プロダクト キーの場所は異なります。

    • ボックス パッケージの DVD を購入した場合、25 文字のプロダクト キーは、ディスク ケースの内側か、インストール メディアに付属している長方形のオレンジ色ラベルのディスク スリーブの裏側に記載されています。

    • Web サイトから製品を購入してダウンロードした場合、プロダクト キーは "Microsoft Office for Mac US Store- Order Confirmation" というタイトルの電子メールで送信されます。


    ※ 以下の画面が表示された場合は、[購入したプロダクト キーを入力してください] をクリックして、お持ちのプロダクト キーを入力します。


  10. 必要項目の入力
    入力欄に ”*印” のある姓を入力して、[続ける] をクリックします。


  11. 初回設定
    2つのチェックボックスを入力して、[続ける] をクリックします。
    ※  最新の更新プログラムが適用されていない場合に一部機能が使用できなくなる場合がありますので、更新プログラムは、[はい] を選択してください。


  12. インストール完了
    インストール完了画面が表示されますので、[完了] をクリックします。

Microsoft AutoUpdate について

パッケージ版 Office for Mac 2011 の製品バージョンは発売時期の古いバージョンのため、オンラインでライセンス認証後または、Office アプリケーション初回起動時に AutoUpdate が実行される場合があります。
※ 古いバージョンの Office for Mac 2011 では、動作不具合が発生する可能性があるため、AutoUpdate が表示された場合は、最新のバージョンへのアップデートを推奨します。
※ DVD からインストールした場合は、2回の Update が実行される場合があります。

 

[更新手順]

  1. 表示される更新プログラムを確認して、[Install]  をクリックします。
    ※ DVD 版の場合、まずは、”Office 2011 14.1.0 Update” Service Pack 1 の更新が促されます。

  2. 更新プログラムがダウンロードされたら、画面の指示に従い、インストールを完了します。

  3. 引き続き更新プログラムが表示される場合は、[Install] をクリックします。
    DVD 版の場合、2度目は、”Office 2011 14.4.7 Update” Service Pack 3 の更新が促されます。



Comments (0)

Skip to main content